潤田高架橋(1号橋)(一般国道477号)No.2 | 宇野重工株式会社 現場事務所

宇野重工株式会社 現場事務所

現在施工中の現場事務所の近況報告を行っています


テーマ:

一般国道477号四日市湯の山道路(潤田高架橋)道路改良(1号橋上部工)工事

発注 : 三重県四日市建設事務所

施工 : 宇野重工株式会社

 

工事概要

構造形式 : 鋼5径間連続非合成鈑桁橋

橋長 : 394m (宇野重工施工は197m)

支間長 : 42m+39m+39m+39m+36m

有効幅員 : 8m

床版 : RC床版

工事場所 : 三重県三重郡菰野町大字潤田地内

 

全体の1/3の地組が終了し、架設作業が始まりました。

 

監理技術者の小島正嗣です。工事の全体監理を行います。

 

この橋は私たちが架設しています。

架設会社の世話役の山本孝義、クレーンオペレーターの浦川智

とび の 野村康允、松井鐘平、平野純也、井戸健太

佐渡敏実、新海恭平、前泊郁弥 です。

 

クレーンで桁を吊り上げます。

 

先に架設した桁とボルトでつないで行きます。

高所作業には十分注意して作業を行います。

 

隣の工事は新名神高速道路です。

 

宇野重工本社から現場見学に来ました。

 

この後の作業は、6月2日(金)の夜間通行止めによる、道路上の架設です。

 

 

宇野重工株式会社さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります