漫画家の手塚治虫(1928~89)が少年時代、昆虫を追った千吉(せんきち)稲荷神社(兵庫県宝塚市川面)の森を、地元住民らが「手塚治虫昆虫採集の森」と名付け、21日、記念碑を設置した。

 コンクリート製の円筒形で高さ1メートル。手塚は当時、住んでいた自宅近くの森で、アゲハチョウやノコギリクワガタを採取していたといい、同神社の氏子らが製作費を出し合った。同神社世話人会の大垣文男さん(74)は「森を地域の財産として大切にしたい」と語った。

 手塚と競い合って昆虫採集をした2歳下の弟、浩さん(79)(大阪市城東区)は「懐かしい場所に名が刻まれ、兄は面はゆいのでは」と話していた。

報酬百万円…中国「即日偽装婚」ツアーの手口(読売新聞)
<訃報>吉田成堂さん79歳=書家、毎日書道会理事(毎日新聞)
裁判員の判断尊重、控訴判決は10人全員棄却(読売新聞)
<窃盗>仏像2体が盗まれる…愛知・一宮の寺(毎日新聞)
太陽の塔 黄金の顔の目、40年ぶり点灯 大阪・万博公園(毎日新聞)