水底平家 スペシャルインタビュー!① | 雲南市創作市民演劇『水底平家~みなそこへいけ~』

雲南市創作市民演劇『水底平家~みなそこへいけ~』

主催/雲南市演劇によるまちづくりプロジェクト実行委員会


テーマ:

キャストの皆さんにスポットを当ててのショートインタビューを公開!

インタビュアーは市民劇メンバー、ひなのちゃん。

 

第1回目は少年役・堀江さん、パトリック役・ダニエルさん、芳一役・合田さんです。

 

---

★少年/堀江優純菜さん

─今回の役の好きな所は?
人が多いところは楽しいです。少年はいろんな人と話せますよね、知盛や敦盛とか。そういう“人と関わる”場面があるのが嬉しいですね。
ただ、少年は平家が揃う場面になると基本一人でいるんです。自分の登場や発言で皆がわちゃわちゃやってて、混ざろうと思ってもそのうち皆ハケていく。あーあ、行っちゃった・・・みたいなことが多いです(笑)

 

─舞台に立つ前に、やっていることはありますか?
楽屋とかで、靴を一度脱ぎます(笑)
靴が窮屈に感じることが多いのもあるんですが、まず地に足付けて、という意味もあったりします。それで、もういいかなと思ったらまた履きます。
それから、皆に話しかけに行きますね。

 

─舞台を楽しみにしている皆さんに一言!
お楽しみに♪

 


★パトリック/Daniel Broderickさん

─今回の役の好きな所は?

この役って、僕が参加したから出来た役だと思うんですよね。
それが申し訳なくもあり、嬉しくもあり。複雑な気持ちはあります。
ただ、ここからハーン先生のことも勉強して、ハーン先生そのものが好きになりましたね。

早稲田で教授をしていたとか・・・今回はそんな教授っぽさも出せるよう、セリフを覚えて稽古しています。

 

─舞台に立つ前に、やっていることはありますか?

まだセリフを完全に覚えていないので、落ち着くことは出来ませんが(笑)
演劇の経験がないので、どうやったら落ち着けるのか分かりませんが、深呼吸をして稽古でやったことを思い出して・・・という所だと思います。

─舞台を楽しみにしている皆さんに一言!

5年前と比べると僕の役を含めて、セリフや展開が大きく変わっています。
前回水底平家を観られた方も、今回初めてという方も楽しめる舞台になっていますので、ぜひぜひ観に来てください!


芳一/合田基樹さん

─今回の役の好きな所は?
芳一はお坊さんなんですが、賑やかし系のお坊さんとして描かれています。皆を巻き込み巻き込まれしながら語っていくシーンとかがあるので、そういった所が好きですね。
芳一というのは新しい役なので、面白く見せられるよう頑張ります。
ただ、本当に坊主にするかどうかはまだ審議中です。このまま行くのか、ヘアースタイルやヘアカラーを変えるのか、スキンヘッドにするのか。当日どうなっているかもお楽しみに!

 

─舞台に立つ前に、やろうと思うことはありますか?
稽古重ねると、台本から離れていきますので、本番前になるともう一度台本を読みたくなりますね。あと、寝るときにスタートからラストまで頭の中でイメージします。
ということをしながら落ち着かせています。

 

─舞台を楽しみにしている皆さんに一言!
水底平家は高校の時に自主公演としてもやりました。
今回、今までとはかなり変わっていて新しい魅力も出てきています。
また、舞台とは少し離れるんですが、当日桜が満開になる予報になっています。桜を見て、その足で水底平家を見る、そんな楽しみをしていただけたらと思います。

 

---

 

次回もお楽しみに!

 

雲南市演劇によるまちづくりプロジェクト実行委員会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.