こんにちは。

高藤 紗伎(たかとう さき)です。

 

結婚して実家を出るとき、

母が大切に取ってくれていた

子どもの頃からの思い出の品を

整理していたときのこと。

 

 

 

父がひょっこりやってきて

私の成績表やら

丸めてある絵やらを

のぞいていました。

 

 

 

そして

「おっ」と言って

端の黄ばんだ一枚の紙を手に取り

 

 

 

熱心に読んでいたかと思うと

手に持ったまま

リビングの方へ行ってしまいました。

 

 

 

なんなん?といぶかしげな顔をする私に

母は、

「あれは、アンタの作文^^」

と、教えてくれました。

 

 

 

それは、小学校3年生の6月に

授業で書いた作文でした。

 

 

 

"おとうさんは、でんりょく会社につとめています。

ときどき、やきん(夜勤)があります。

お父さんは、朝帰ってきてごはんを食べてねます。

 

お母さんが『つかれて帰ってきてるからしずかにしてね』

と言いました。

たたみがギシギシいうのでこっそり歩きました。

いつもがんばって仕事をしてくれてありがとう"

 

 

 

そんな内容だったと思います。

 

 

 

私の渾身(!)の作文を持ち去った父は

丁寧にたたんで

リビングの引き出しにしまい

時折、読んでいたそうです。

 

 

 

親って

子どもが無事に成長して

幸せでいてくれるのが

一番のプレゼントなんですね。

 

 

成長しきったあと

それを改めて感じさせてくれるのが

 

 

 

もう二度と贈ることのできない

子どもの頃の思い出の品なんだなぁ、と

父の日の朝

ふと思いました。

 

 

 

去年の夏、他界した父は

近年、

「モノはいらん、手紙をくれ」と

言っていたので

 

 

 

何を書こう~???と悩みながら

母子手帳やらアルバムを見て

昔のことを思い出せるような

手紙を書いていました。

 

 

 

今年は、読まれない手紙を書きましたが

まぁ、下書きの段階から

のぞかれていたような気もします^^

 

 

 

実体があってもなくても

父の日はやっぱり

「お父さん、ありがとう」

「これからもヨロシクね」

でした。

 

 

 

皆さんはどんな父の日を

過ごされましたか?


いつもありがとうございます。

https://takatoh-saki.jimdo.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。
高藤 紗伎(たかとう さき)です。



さて、前回の続きです。
前回の記事はコチラ


 

危険を事前に察知するには

集合的無意識からの

メッセージをキャッチすること。

 

 

 

その方法は?

 

 

 

違和感に敏感になる
ということです。



たとえば
「あれ?」と思ったとき
「気のせいだよ」と
なかったことにしていないか

ということです。



気をつけてほしいのが
いつもいつも、
あれ?=(イコール)

潜在意識からのメッセージ!
とは限らない
、ということ。

 

 

 

実際、気のせいの場合もあるでしょう。

 

 

 

どちらかに偏らず

瞬間瞬間に

自分が感じるものに敏感になれる

集合的無意識からのメッセージを

キャッチできるようになります。

 

 

 

具体的なトレーニングとしては

自然に触れるのが一番。

 

 

ほら、

季節が変わるときって

風の匂いが変わったり

微妙に光の色が違ったりするでしょう?

 

 

 

大切なのは

あ、違う!っていう感覚を感じ取れるか。

無視せず大切にできるか。

なんです。

 

 

 

危険を察知できる人は

運がいい人でもあるのですが

そんな人たちの多くは

 

 

ときどき海で泳いだり

山登りが趣味だったり

散歩が好きだったり

空をぼーっと眺めてリラックスしていたりします。

 

 

 

田舎がいいとか

都会はダメとか

旅行に出ろ

と言っているわけではないです。

 

 

自分が今、いるところで自然を感じること。

それに身体がどう応えるかを感じること。

 

 

 

違和感に敏感になることで

いざという時に自分自身が

自分を助けてくれます。

 

 

 

危険を回避できたのかなんて

大きな事件でも起こらない限り

確認することができません。

 

 

 

もし、

あの道を通っていたら

犬のふんを踏んでいたかもしれない。

転んでけがをしていたかもしれない。

 

 

 

確認しようのない世界に生きている私たち

だからこそ

変わり映えのしない一日の終わりに

 

 

 

今日も

「おかえりなさい」「ただいま」

と言えることに感謝したいな、と思っています。

(終わり)

 

 

いつもありがとうございます。

https://takatoh-saki.jimdo.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。
高藤 紗伎(たかとう さき)です。



飲食店で出てくるお水。

何気なく飲んでいますが、、

 

 

何の毒も入っておらず安全だ

と無条件に信じられるなんて

人間って不思議だな、

と思ったことはありませんか?

 

 

 

後継者争いで命を狙われている王族

とかでもない限り

出てくるものは安全だ、と

無意識に人は思っています。

 

 

 

これがないと

他人と共存している社会で

私たちは安心して暮らせません。

 

 

そんな中

ときどき発生する

無差別の暴力事件。

 

 

 

事件が発生した直後は

「いつ自分もそんな目に合うかわからない」

と恐怖を感じるのに

 

 

 

それが日常化することがなかったら

いつしか記憶の彼方に去っていきます。

 

 

 

忘れ去ることは

必要以上に緊張して

ビクビク生きないための

大切な脳の働き。

 

 

 

だけど

経験や智恵、知識は

全ての生き物の中に蓄積されていくので

 

 

 

危険が身に及ぶときに

虫の知らせのようなものが来る、

とも言われています。

 

 

先日の

新幹線での殺傷事件。

 

 

 

発生する3時間ほど前

私は、とある人混みの中にいて

どこからか

女性の悲鳴のような声が聞こえた気がしました。

 

 

 

とても賑やかなところだったので

笑い声だったのかもと思い

そのとき一緒にいた人に、ふと

 

 

 

「こんなに人が多いところで

もし、刃物でも持ってる人がいたら

コワイね・・・」

なんて話をしたのです。

 

 

 

集合的無意識からの

何かしらのキャッチだったのかもしれません。

 

 

 

10年近く前

ある繁華街で

無差別殺傷事件があったとき

 

 

 

私は、事件現場近くの

とあるレストランに

予約を入れていました。

 

 

 

時間より30分早く着いて

その辺を少しブラブラしようか

ということになったのですが

 

 

 

そのとき、私はなぜか

なんかわからないけど

早くレストランの中に入りたい

と急にソワソワし始めて

 

 

 

友人に

なんでか理由はわからないんだけど

どうしても外にいるのがイヤなんだ』

と言いました。

 

 

 

友人は

お店の人に迷惑じゃないかな、と

言いましたが

 

 

 

私が『どうしても』と譲らず

お願いして早めにレストランに入れてもらいました。

(お店の人は快く、どうぞと言ってくださったので

ありがたかったです)

 

 

 

その少しあとに、事件が起きました。

事件後、規制線が張られて

レストランから出られなくなりました。

 

 

 

もしブラブラしていたら

現場に遭遇していたかもしれない、、、

と背筋が凍る思いをしました。

 

 

 

他にも

いろいろと経験はあるのですが

事なきを得ている人生です。

 

 

 

これは

集合無意識からのキャッチで

自分で自分を守る

ひとつの手段だと思っています。

 

 

次回

集合無意識からのメッセージを

キャッチするための

具体的なトレーニング方法を

書いてみたいと思います。

 

続きはコチラ

 

 

いつもありがとうございます^^

高藤紗伎Webサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。
高藤 紗伎(たかとう さき)です。

 

 

 

さて。続きです。

前回の記事はコチラ

 

 

子どもを持つ親御さんには

察してあげる」行為が

 

健全な人間関係を創り出す能力を

伸ばせない可能性が大いにある

 

ということを

心の片隅に置いておいてほしいな

と思います。

 

 

 

小学生の頃の記憶なんですけどね

夜中にお腹が空いて

泣きながら母親を起こしたことがあったんです。

 

 

 

でも私、「お腹空いた」の一言がなぜか

言えなかったんですね。

私が夕食をあんまり食べていなかったのを

母は知っていたので

 

 

 

「お腹が空いてるんだろうな」と

察しがついていながらも

 

 

「泣いてるだけじゃわからないよ」

「ちゃんと口で言いなさい」と

何度も、根気強く、さとされました。

 

 

 

私は、ついにもぞもぞと

「・・・お腹が空いた・・・」と

言えたのでした。

 

 

 

あそこで

あえて察してくれなかった母

本当にありがとう!

 

 

 

ちょっと待てよ・・・

ということは、だ。

 

 

 

こじらせ女子って

超愛されていた人って可能性もあるんじゃない?
恐ろしく過保護に・・・

 

 

 

友人の話なんですが

彼女のお母さんが

自分の好みのものを押し付けてきて困るー

と言ってました。

 

 

 

でもね。

親は基本そうです。

 

 

 

『ご飯には納豆でしょ、

美味しいから食べなさい』

 

 

 

でもここで

『私はご飯といえば"卵かけご飯"なの』

と言えたら、精神的自立成功です。

 

 

これが取引先から勧められて、でしたら

『ご飯に納豆、最高ーっすよね!』

なんです。

利があるから。

 

 

 

でも親は違っていいのです。

 

 

 

親がいいっていうものを受け入れよう

親の言うことをそのまま受け入れよう

 

 

 

これを親への愛だと勘違いしていると

大変なことになります。

 

 

 

ちなみに

察しろよ男性の場合は、

自分の身の回りのことができない

偉そうなワンマン男性になるケースが

多いです。

 

 

 

昭和の時代までは

経済力を持てるのがほぼ男性だけだったので

女性が我慢してついてきてくれてましたが

もう時代遅れなんでしょう。

 

 

 

だからかな。

察してよ男性として

草食系とか

こじらせ男子が増えてきているように思います。

 

 

 

いずれにせよ、男性も女性も
"察してほしい"は危険だよって話でした^^

 

 

(終わり)

こんにちは。
高藤 紗伎(たかとう さき)です。

 

 

質問は人生を変える

という本、ご存知ですか?

 

質問は人生を変える 質問は人生を変える
1,512円
Amazon

 

これ

ヤバい本です(-.-)

 

 

 

なぜかというと

占い、いらないんじゃない?

っていう本だから^^




占い師さんって

 

「今は、こんな感じ」

「このままだと将来は、、、」

「そもそもの原因って」

「解決するための方法はコレよ」

 

っていうことを教えてくれます。

 

 

 

ところが、ですよ。
これの大半が

自分でわかるようになったら

どうします?

 

 

 

占い師、廃業です汗

 

 

 

自分が求めている答えがわかる。

 

 

 

この本には

その道すじが書いてあるのです。

 

 

 

本編の前に

46個のしあわせの秘訣が書いてあって

 

 

 

これがもう、秀逸なんです。

教科書に載せようよ?って思っちゃう。

 

 

 

少し抜粋します。

 

05 まず与えよう

 

11 どう見られても本来の自分でいよう

 

14 やらないことを決めてみよう

 

21 まずは自分を整えよう

 

28 ひたすら待とう

 

33 恐れず手放そう

 

37 今に集中しよう

 

40 コツコツ取り組もう

 

44 言いにくいことこそ言おう

 

という感じ。

 

 

 

本編は

「人生を変えていく」

質問のしかたを学びながら

 

 

自分の中にある

本音や本心を引き出していく力が

つくようになっています。

 

 

 

タロットで鑑定してますとね。

望む未来がちゃんと待ってるって出た、

何をやればいいかもカードに出てる、

 

 

 

さあ、今日から〇〇をやっていきましょう!

続ければうまくいきますからねー

めでたし、めでたし!

で終わらないことがあります。

 

 

それは、

相談者さんが

行動を途中でやめてしまった場合。

 

 

 

対策がわかっていても

苦手だったり、

やる気が出なくなったりして

たいていは壁にぶつかります。

 

 

 

そんなとき

自分をリセットして

もう一度やってみよう

というきっかけがあれば

人はなんとか進んでいける。

 

 

 

それをね。

自分で創っていける本なんですよ。

素敵でしょ。

 

 

 

この本、いろんな人と一緒に読みたい!

と思ったので

リアルとZOOMで

読書会をやることにしました。



ちょっと変わった読書会です^^

事前に本を読んでおかなくてもOK

その場で、皆と一緒に

ちょっと変わった方法で読んでいきます。

(もちろん、読了しててもOK)

 

 

 

だから

「忙しくて本読めなーい」という方も
読書会参加の時間だけ確保してもらえれば

自動的に本が読めます

 

 

 

著者のマツダミヒロさん

ゆるーくてかわいい^^サイン入りの本を

5冊だけ用意しています。

 

 

 

リアルの会

6月24日(日)15時~17時 高松(高松三越近く)

7月8日(日)10時~12時 大阪(阪急三国駅近く)

会費は本代込みで3,500円

 

※すでに本をお持ちの方は2,000円

※サイン本は先着5名様まで

※定員5名。2名以上参加で開催

 

お申込みはコチラ

 

 

 

ZOOM

6月28日(木)21時半~23時半

6月29日(金)10時~12時

 

会費2,000円(事前振込み)

※本はご用意ください

※定員5名。2名以上参加で開催

 

お申込みはコチラ

 

ZOOMについて

 

 

初めて使う方は

事前に練習にお付き合いしてます。

遠慮なくどうぞ(^^♪

 

 

PCかスマホでWi-Fiがつながる環境であれば

誰でもカンタンに利用できます。

 

 

システムに有料で登録、とかはありません。

スマホはアプリのダウンロードが必要です。

(アプリは無料)

 

 

下のリンク先は、使い方を丁寧に説明してあるサイトです。

 

はじめてのZOOM(PC版)

 

はじめてのZOOM(スマホ版)

 

 

 

 

いつもありがとうございます♡