明日から少しづつ暑さが和らぐそうですが、湿度は高くなって梅雨空がもどってくるみたいです。

 

 

 今日はかなりショックなニュースを聞きました。

 

 

 中国では亡くなったペットのクローンを作るビジネスが急成長しているんだそうです。

 

 

 今から30年ほど前に初めてクローン羊ドリーが作られました。この時から科学技術の進歩と生命に対する倫理の議論が続いていますが、どこの国でも哺乳類のクローンに関しては取り扱いは慎重です。

 

 

 しかし、中国ではお金を出せば亡くなった犬や猫のクローンをビジネスとして作ってしまうのです。

 

 

 犬や猫と暮らした人ならだれでも亡くなった犬や猫ともう一度会いたい、暮らしたいと考えるのは当たり前のことですが、クローンを作ったら命そのものへの考え方や倫理性が壊されてしまうのではないでしょうか。

 

 

 我が家のはなも18歳、あとどれだけ一緒にいられるかわかりません。しかし、それだからこそはなとの一日一日が愛おしいものに思えるのです。「亡くなったらクローンを作ればいいや。」となったらはなはただのおもちゃになってしまいます。

 プーチンや習近平や金正恩のクローンなんかが出来ないことを願うばかりです。

 

 

 幼鳥が親からもらった獲物を他の幼鳥に盗られないように運びます。

 

 

 「俺の獲物だからお前ら邪魔するな」と大声で叫んでいるんでしょうか。

 

 

 獲物を歩と何度食べ終わったころに他の幼鳥が奪いに来ました。奪い合いの末に足元から転がったものは・・・

 

 

 カワセミはほぼオスだけが巣穴に餌を運び、メスは3番子を産む準備に集中しているようです。

 

 

 オスは雛の餌を運んだり、3番子の巣穴を綺麗にしたりで大忙しです。7月末には2番子が巣立ち、9月初旬~中旬には3番子が巣立つかもしれませんね。