晴天が続きます。今朝5時半の公園は3.5℃、本格的に寒くなりましたが、日中は18℃くらいまで上がって過ごしやすくなりました。来週からは日中も寒くなるようです。

 

 

 良い顔を見せてくれてますよね。しかしこんな表情はいつも見せてくれるわけではありません。

 

 

 「いい!」って思ったときにすぐに撮れるようカメラバッグの蓋もカメラレンズのキャップも外してあります。それでもカメラを向けた瞬間に「いい!」と感じたものがすでに消えてしまっていることが多いです。

 

 

 犬たちは割と表情が豊かだと思います。そして表情はくるくる変わりますし、カメラを向けられるのが好きな犬はあまりいませんしね。

 

 

 だから、瞬間が勝負です。グラビアモデルさんみたいにポーズをとってにっこり微笑んではくれませんからね。

 

 

 しかし、モデルさんの作った笑顔より犬たちの喜んだり、驚いたり、おどけたりする自然な素顔のほうがずーっと素敵な気がしますよ。

 

 

 作ってないからみんな笑顔ってわけにはいきませんが、みんな自分らしい顔をしてくれてると思います。うにとしのの後方の公孫樹もかなり黄色くなってきましたよ。

 

 

 ミサゴです。大きな猛禽ですが主に魚を食べているようです。多摩湖に住み着いていて多摩川あたりにエサ探しに行くのではないかと勝手に思っていますが、本当のところは全くわかりません。

 

 

 犬の良い表情を撮るのも難しいですが、カワセミもどこに飛び込むのか、何をするのか予想が難しいのでピタッとピントの合った写真を撮るのは難しいです。木に留まっているのは撮れすけどね。

 

 

 忍耐と集中力と反射神経が要求されますが、すべて日ごとに力が落ちていくようで、今日もミスの連続でした。最近特に衰えて来ているのが集中力でしょうか、ついついカワセミから目を離してしまってその瞬間に飛び込まれてしまうなんてことが多いです。歳は取りたくないものです。