性格と能力の誤差 | さとこのチカラ

性格と能力の誤差

久しぶりに昨晩、天ぷら作りましたね。






本当は色々な具材を揃えて山盛にしたいところですが、

面倒なので(笑)舞茸と鳥ムネ肉だけでしたが、これでも山盛に作りましたので

家族5人で食べても余りました。

鶏肉の天ぷらは確か九州の方で有名らしいんですけど、そのレシピを全く無視して

オリジナルで調理しましたね。

まあオリジナルと言っても、小麦粉に卵を合わせ冷水を加えた天ぷら粉を

まぶしただけですが(笑)

以前、鶏肉はもも肉を使っていたんですが、どうもベタッとした仕上がりに

なってしまって、これはダメだな、、もも肉はあくまで唐揚げが合うなという事で

自然にムネ肉を使う事になったのですが、これは正解でしたね。

何というかさっぱりしていて実に天ぷらっぽいんですよ。

白味魚っぽい感じ?

天つゆに良く合います。





そして舞茸。

以前はしいたけを使っていたんですけど、これも仕上がりが今ひとつで

やはりベタッとした食感になります。

何度か試しましたがどうもこうも上手くいきませんでした。

あれこれ思考錯誤したんですが、行き着いたのが「舞茸」です。

これは元々きのこ自体が細かく枝分かれしているじゃないですか?

しかも普通に食べてもシャキシャキしている。

以前どこかの宿で食べて、これは旨いなと思った事がありまして

家でも作ってみたら、案外簡単で量もあるしイイ感じで仕上がります。

特に次男が大好物なんですよ。

昨晩も大量に食べて、今朝もまた食べていました(笑)





今日はどうしようかな、、とブログ書きながら考えているのですが、

さとこは子供に魚(DHC)を食べさせたいらしく、必ず一品添えてねと

注文が出ます。

でも昨晩の天ぷらは魚がなかったな、、まあ何も言われなかったので

良しとしよう(笑)

肉と魚、、、肉と魚、、、カレー?(なんで)

肉と魚を粗挽きしたハンバーグ、、(不味そう)

肉と魚を塩、胡椒で焼いただけ(文句言われそう)

ん〜〜〜あとでネットで調べて何とかします。





そういえば子供達の夏休みも本日で終わり。

長いようで短い休みでしたが、また明日から怒涛の1日が始まります。

私は一足早く仕事に行っていましたが、とにかく朝が楽。

誰も起こさなくて良いので自分のペースで、時間を調整できるんですよ。

でも明日からは、なかなか起きない子供達を起こす仕事が加わる、、

いや私も同時刻に会社に行く準備をしている訳ですから、もうね

バタバタですよ。

さとこも子供の弁当を作らなきゃいけないし、せめて今日は皆少しでも

早く寝て欲しいですね。



で、私もさっさと夕飯の支度をして夜10時前までに寝たいと思って

いるのですが、これがいつもズルズル伸びて11時頃になってしまう、、

となると朝の寝起きが辛いんです。

そして私が寝坊する=全員が遅刻と相成りますからこれはこれで

大変なのですよ。

本当は夜はのんびりとして12時くらいに寝て朝は8時に起きるというのが

理想ですが、今の私は朝5時に起きなくてはならない身ですので、

あまり眠くない時間から無理やりベッドに行くという事をしている状態です。

あ〜〜〜明日からが心配だ、、、





私の横でさとこが「ん〜〜今日のブログはどうしようかな、、」と

言いながらTVを見ていますので、今宵のさとチカはどうなるんだろう、、?

と心配しながら、さて晩飯でも作るか、、です。

じゃあ、また後ほど。

 

 

 

 

 

ーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

こんにちは、さとこのチカラのさとこです。

 

いつもご愛読ありがとうございます。

 

 

 

今回はある再依頼の方のお話で

 

「性格と能力の誤差」について書こうと思います。

 

 

この方を最初に霊視したのは3年前で

 

当時はご主人との離婚について悩んでいるというご相談でした。

 

当時まだ離婚に踏み切れなかった状態で何とか結婚を継続させる事を望んでたのですが

 

私の霊視で「年末年始のご先祖さまがお帰りになって来る時に教えて貰えるよ」と

 

伝え、その通りに1ヶ月後にお告げがあって離婚なさったとの事でした。

 

 

 

私は元々あまり離婚を勧める方ではないのですが

 

恐らくその時は余り良い状況ではなかったのだと思います。

 

当時まだ産まれたばかりの赤ちゃんがいたのですが

 

現在は成長されてシングルマザーとして頑張っていて

 

3年経った今年になってやっと心も落ち着いて来たとの事でした。

 

 

そんな中新たな出会いがあり

 

新しい人生についてどうしたら良いかとのご相談で今回ご依頼されました。

 

 

今回出会った方は年下の男性なのですが

 

出会ったときから衝撃を受ける程の縁を何故か感じたそうで

 

「やっと見つけた」という今までにない感覚があったそうです。

 

 

ですが、まだもの凄く進展している訳では無く

 

相手の気持ちも分かりきれず

 

また、自分に自信も無く

 

不安を抱えていらっしゃいました。

 

 

もともとこの方はオーラがそれほど強い訳では無く

 

どちらかというと弱々しく

 

とても可愛らしい女性で年齢よりも若くみえる方なのですが

 

「1人で生きて行く程強くは無い」タイプのオーラの方でした。

 

 

なのでどちらかというと

 

「誰かに頼って生きて行くタイプ」のもの凄く代表的なダイプの方で

 

あまり強気な方ではなく

 

自己主張もそれほどせず、何か嫌な事があってもほとんどグッとこらえてしまう

 

所もある方なので

 

周りの人からするとあまり悩みを抱えている様な感じには見えないかもしれません。

 

ですが実は我慢をいっぱいしていて

 

自己主張はしないのですが

 

「察してもらえたら、、、」と思う様な奥ゆかしいタイプの方でした。

 

日本女性にはこのようなタイプの方は結構多いのではないかと思います。

 

 

 

「顔で笑って心で泣いて、、」の様な感じなので

 

いつも相手を優先させるので自分の気持ちは後回しになってしまいます。

 

でも、人間それほど心が頑強な訳では有りません。

 

 

また、日本人男性にはこれも多いと思うのですが

 

「察する事は難しい、、」というのが現実です。

 

ですのでこの男女の差は「平行線のママ」と言えるかもしれません。

 

 

今回の男性についてまずオーラを視ると

 

なぜ彼女が衝撃を受けたかすぐにわかりました。

 

この男性はとても強いオーラを持っているのです。

 

まるで後光が差している様な金色の放射状の大きめのオーラを持っていて

 

恐らく出会った人は皆何かしらのエネルギーを感じると思います。

 

 

 

ある日本の伝統競技をやっている方で

 

その道では県大会に出たり専門誌の表紙になるほど

 

輝かしい実績を持っている方でした。

 

でも全く奢る事もなく若手の人材育成に励み

 

一生懸命真面目に指導をするタイプで

 

心には全く噓偽りはなく

 

とにかくこの道一筋に頑張って来た方なのです。

 

 

 

ですからその競技についての勝ち負け等は真剣に取り組みますが

 

あまりにも幼い頃からその競技の厳しい教えの中で生きて来た人なので

 

競技というステップがわかる人生については一歩一歩進む事ができるのですが

 

恋愛など人生という自由な選択での世界の中では

 

まるで自信のない様子が伺えました。

 

 

 

とにかく日常生活は指導で忙しく休みもほとんど試合や遠征に潰れ

 

同じ道を目指す若手には手抜きをせず丁寧に対応しようとするので

 

より一層全てに関わるので時間もほとんど無いのです。

 

ですが、やはり将来を考え女性との出会いも希望するのですが

 

なかなか上手くいっては居ない様でした。

 

そんなときにこの女性と出会ったのですが

 

年齢も人生経験も女性の方が上で有る事も有り

 

更に自信が無いという感じがありました。

 

 

この女性のご先祖様がこのようなご提案をしてきました。

 

「本当に幸せになるんだったらこういう男性が良いよ」という

 

映像を見せてきたのです。

 

 

その男性は少し女性よりは年上であまりぱっとした感じではないのですが

 

とにかくこの女性にもお子さんにもとても優しいのです。

 

とにかく2人を一生懸命大事にしてくれて

 

まるでお姫様の様に扱ってくれるのです。

 

 

「あなたの様な人に頼る弱い心を持っている人は

 

もの凄く好きにはならないかもしれないけど

 

あなたと子供を大事にしてくれる人の方がいい。

 

すぐには分からなくてもその優しさが後に

 

じんわりと「この人と歩んで良かった」と思わせてくれるだろう」

 

というのです。

 

 

その特徴を伝えると

 

女性には思い当たる方が居る様で

 

「たぶんあの人だと思います、、」という答えが返って来ました。

 

 

また、さらにご先祖様は

 

「今回の男性と一緒になると

 

いつも週末は留守、子供の大事な行事も留守、

 

絵に描いた様なサラリーマン家族の様な生活は全くできない。

 

あなたが思い描いている様ないわゆる「幸せな家庭」というものでは

 

無くなってしまう。その寂しさに本当に耐えられるか?」というのです。

 

 

 

もともとこの女性が前のご主人と離婚した理由も

 

この幸せな家庭が築けず、独りぼっちの寂しさに

 

耐えられないという所もあったのです。

 

とても自立する様なタイプではないこの女性ですから

 

また同じ事を繰り返してしまう事をご先祖様は心配したのだと思うのです。

 

 

 

そして「もしこの男性と人生を絡み合うというならば

 

あなたが変わらなければならない。

 

この男性の目指している競技の人材育成について

 

全面的に理解と強力をする「サポート役」をしながら

 

彼の人生や競技を一緒に楽しみ

 

喜びも悲しみも分かち合い

 

彼が大事にしたい生徒や後輩達を一緒に住わせて面倒みたいといわれても

 

喜んで受け入れてあげれる様でなければならない。

 

相撲部屋のおかみさんや、スポーツ選手の奥さんと同じ様に

 

して行く事が必要になる。

 

その様なことをして行く覚悟はあるか?」というのです。

 

 

 

女性は少し考えてご自分の性格も理解しているので悩んだのですが

 

ずっと自分に自信が無く弱いオーラだった彼女なのですが

 

「サポートする、というのは今の職業と同じかもしれない」と言い出したのです。

 

 

実はこの女性のお仕事は福祉関係で

 

色々人生に失敗をして罪(罪の種類はわかりませんが)を犯してしまった人等の

 

話を聞いたり勇気づけたりするお仕事をしているというのです。

 

 

「私は自分に良い所なんて全然無いと思っています。本当に自分に

 

自信はありません。でも、人を励ます事だけは自信があるんです」と

 

言い出したのです。

 

 

するとお写真の彼女のオーラが急に変化し始めて

 

心臓の心のところから光が出始め

 

オーラも強くなり

 

急に強くなって来たのです。

 

彼女は自分の性格は弱くても

 

「人に勇気や希望を与えるという能力」を持っていたのです。

 

 

恐らくこの男性もその柔らかい励ましのオーラに惹かれ

 

縁が始まったのではないかと思います。

 

 

また、実はこの女性も子供の頃同じ競技をやっていたそうで

 

その男性の何が素晴らしいか?人より長けているか?という事が

 

よく分かるというのです。

 

なのでより「技のかっこよさ、男らしさ、真面目に精神を貫いている良さが

 

分かるのかもしれない」というのです。

 

 

競技に理解が有るという事はサポート役としてはこの男性にとっては

 

とても有り難い事だと思います。

 

 

野球のイチロー選手も年上のアナウンサーの女性と結婚しましたが

 

奥様は全く前にでず完全にサポート役に廻っています。

 

海外生活等大変な事もあったかもしれませんが

 

完全に彼の野球を最優先しています。

 

 

 

他のスポーツ選手の奥さんもその様な方は多いのではないかと思います。

 

その生活は普通の家庭とはかなり違うのではないかと思います。

 

色々な意味で「普通の人と違う才能」が必要なのだと思います。

 

 

今回彼女は「性格と能力は違う」ということが分かり

 

その才能はスポーツ選手の奥さん達の持つ才能と

 

完全に同じかどうかは分かりませんが

 

自分の「才能」に気が付き自信を持ち

 

明日からの人生を吟味しながら

 

また歩き始めてくれると思います。

 

 

 

 

「自分の事は自分が一番良く分かっている」と

 

人は思いがちです。

 

ご先祖様もそれをお見通しで今回問いかけをして下さったのです。

 

でも「性格と能力は誤差がある」というのはよく有る事なのです。

 

 

本人が「こうしたい」「自分の性格的にはこうした方が良い」と思っている事でも

 

じつは他人から見ると本人も気がついていない「能力」を持っている事もあるのです。

 

自分ではそれほど特技と思っていない事でも

 

人から有り難がられる事はあります。

 

それは本人が自覚していなくても善く善く考えて思い返してみると

 

「そういえばこういう所は良く褒められるな」とか

 

「そういえば好きでなった仕事ではないけどなんだか続いているな」とか

 

そう言う所に「隠れた才能」というのが有ったりするのです。

 

 

今ご自分に自信の無い方も

 

よくご自分の人生を思い出してみて下さい。

 

ある人からは「あなたは何も出来ない」と言われていたとしても

 

ある人からは「いつもありがとう」とか「本当に任せて良かった」とか

 

「助かった」とか言われて感謝された事は無いでしょうか?

 

ちょっとした親切でさえもしかしたら他の人には出来ない事かもしれません。

 

ちょっとした気転を利かせる事もじつは才能だったりするかもしれません。

 

 

人は名前のつく能力に捕われる事が多いです。

 

「運動ができる」

 

「数学や英語が得意」

 

「ピアノが弾ける」というような分かりやすい特技の持ち主は

 

早くから才能を自覚出来て良いと思います。

 

 

でも「営業が上手い」「説明が上手い」「手伝いや準備、フォローが上手い」

 

「人に優しくしてあげれる」という様なものというのは

 

子供の頃の9教科に当てはまらず

 

子供の頃は学校の成績表ではあまりはっきりとした評価も得られず

 

分かりにくい才能とも言えます。

 

 

ですが実際の社会ではそれが「営業職」「企画職」「アシスタントや総合職」

 

もしかしたら「お母さん業」「家族業」「ママ友などの人とのコミュニティ業」

 

「ボランティアや福祉、介護業」の中では

 

もの凄く活躍している才能かもしれないのです。

 

 

今回のご相談の方もご自分の才能に気がつき

 

オーラが発信し始めました。

 

どうぞ皆様もご自分の才能に気がついて

 

ご自分の良い所を沢山褒めて自信を持って

 

お幸せになってください。

 

 

応援しています。

 

頑張って下さい。

 

それではまた

 

 

さとこ

 

 

 

 

 

ーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

今回もご先祖様はご依頼者様に「気付き」を踏まえてアドバイスしてくれましたね。

 

その言葉をもって、では自分はどう進むか?という事を考えるきっかけに

 

なるのが、さとこのチカラ;霊視なのです。

 

 

自分に何の能力があるか?

 

自覚できるものであれば確かに分かりやすいですが、他人に言われて

 

そうなのかな?と思う事もあると思います。

 

 

世の中に不必要な人は居ません。

 

誰しも必要で、かつ自分の強い想いによってこの世に産まれてきます。

 

産まれる前の事は皆様お忘れですが、この「産まれたい」という願いを

 

生を司る神に伝え、選ばれて産まれて来ている事をどうか思い出して下さい。

 

 

さとこも私もいつも願っていますが、さとこにご依頼頂いた方、そして

 

さとチカブログをいつも読んで頂いている全ての方が幸せになって

 

頂きたいと思っています。。

 

 

 

 

多くの皆様にご理解頂きたくランキングに参加しています

よろしければクリックお願いします


人気ブログランキング