2018-01-21

写真に写る色々なもの

テーマ:さとこ直筆

今日の昼はパスタでした。

 

 

 

 

 

さとこ がカルボナーラを作ってくれたんですよ。

 

ちょうどイイ感じに冷蔵庫に材料があって、かつパスタの在庫も有りましたので

 

ホント、あっという間に作ってしまいました。

 

実食、、、ん? ん〜〜〜 これはイケるか? というかメチャクチャ旨い!!

 

何この旨さは? と さとこ に聞きましたが、

 

「ん? 生クリームと卵の黄身を混ぜて適当に味付け、それを茹でたパスタに

 

 合えて、卵が固まらないようにしただけ」

 

とか言っていましたが、俺にはここまで器用に短時間ではできない!

 

そりゃ何十年も私も料理してきましたよ?

 

冷蔵庫の中にある材料で一週間違うメニューを作る自信もありますよ?

 

もちろんご飯が炊ける間に料理を終わらせる事もできますし、同時に

 

使った調理器具は全て洗っているので、調理場はキレイ。

 

ん〜〜〜〜でも、さとこカルボナーラには負けた・・

 

 

 

 

 

そうそう、パスタで思いだしたのですが、我が家には伝説のパスタがあります。

 

違う意味で二度と食べられないという、何と言うか某レシピサイトの逆を行くというか(笑)

 

 

まだ新婚で暑い時期だったのですが、さとこ がパスタを食べたいという事を

 

聞いた私は、じゃあ冷たいパスタでもどうかな、、?と色々と冷蔵庫の中の材料を見ながら

 

考えを巡らせていました。

 

そこで見つけたのが明太子とセロリ。

 

セロリは当時良く買っていまして、主に さとこ が好きなカレーを作る時に風味付けで

 

使った物の残り、明太子も朝食に良く食べていたので、それが有ったのです。

 

まあ世の中にはタラコのパスタという物がありますから、ちょっとアレンジして

 

冷製でもいけるんじゃないかな?とパスタを茹でて冷まし、明太子に刻んだセロリを加えて

 

みたのです。

 

その当時から私はほとんど味見をせずに勘で料理を作っていましたから、それを皿に盛り、

 

2人で頂きますって感じで食べ始めました。

 

最初に口をつけたのは さとこ。

 

まだ新婚でお互いに気を使う初々しさが有りましたので(笑)、さとこ は

 

「うん、、美味しいよ、、、」

 

と言ってくれたものの、顔は涙目(笑)

 

それから無言になり、ちょこちょこと口に運んでいましたが、ついに

 

「ゴメン無理だわ」と。

 

どれどれと私が一口食べてみると、

 

「ま、、不味い、、、不味すぎる。何この味、、」

 

それはこの世の物とは思えないほど、不協和音を発した凄まじい味だったのです。

 

生の明太子とセロリがここまで恐ろしいくらいに合わないとは、、

 

生臭いというか、頭が変になりそうな味。

 

 

 

 

 

それ以来、食卓にパスタが出て来ると、ついついこのパスタの事をトラウマの

 

ように思いだしてしまいます。

 

さとこ  に於いては、思いださせないでくれと何十年も経っているのに超絶に拒否される料理。

 

ご興味のある方は、この恐ろしいパスタを作ってみてください。

 

ほら、そこの彼氏に手作りパスタ食べて欲しいな〜〜♡と思っている彼女!

 

もうね、破局ものですから(笑)

 

このパスタを作りたい方は、あくまで自己責任でお願いします。

 

生の明太子とセロリを合えて塩コショウ、それを冷ましたパスタに混ぜるだけ。

 

お好みで海苔をふりかけて頂いても構いませんが、全く効果を成しません。

 

当、さとチカブログでは一切責任を持ちませんのでヨロシコです(笑)

 

 

 

 

 

さて、そろそろ さとこ話の本題行きますか。

 

今回は私も最初にご相談を受けて、頂いたお写真が大丈夫か?

 

と思わずにいられない物だったのですよ。

 

当初、ご相談頂いた方にも気になるとお伝えした記憶があります。

 

その結果は、、、

 

 

 

 

さとこ直筆で後半に続きます。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

こんにちは、さとこのチカラのさとこです。

いつもご愛読ありがとうございます。

 



今回はいつも私は沢山のお写真を見させて頂いているのですが

その中に写ってしまう色々なものについて書かせて頂こうと思います。

今回はその中でも少し考えさせられる事がありましたので

その事をきっかけにこの事を書こうか書くまいか?少し迷いましたが

お写真に写った物が私に何か伝えて欲しいと託したのかもしれないので書く事にしました。



今までも色々なお写真に写ってしまう物については書いた事があります。

代表的なのが光、モヤ、オーブなどで

それ以外にも色々な物が時折写っています。

それは撮影しご依頼下さったご本人が気がついている場合もあれば

気がついていない事も多々有り、

私がお電話で

 

「これはカメラが調子悪い等ありますか?この写真とこの写真は同じカメラで撮りましたか?」など


確認させて頂く事も多いです。

ほとんどの人が気がついていない事が多く

「言われてみればぼけていますね、、」とか

「言われてみればモヤがかかっていますね、、、」

などご回答頂く事も多いです。



オーブについても気がついている場合と気がついていない場合があります。

今回ご相談頂いた方のお写真は気がつかない訳が無いくらい数十個のオーブが

 

部屋中に写っていたのです。

その方のご相談からしても今現在何かもの凄く困っている様なご不幸が有る訳ではなく、

ある1つの部屋だけ連続して何十個ものはっきりしたオーブが3枚も連続で写っていて

私がまず考えたのはこのご家族に何か起こっていないか?という心配でした。

でも、、、

何か様子が違うのです。

ご不幸は起こっていないのです。

どちらかと言うと幸せなご家庭なのです。

ですが、オーブからは何かものすごく「辛い」とか「苦しい」とか「助けて」と

伝わって来るのです、、、

テーブルに開いたパソコンの画面には複数の女性の辛そうな顔も視えるのです、、



場合によってはご先祖様の場合もあります。

ですがどうも他人の様な気がする、

一体何が起こっているのか?

私はこの方にどちらにお住まいか地図を見て原因を確認したいとお願いしました。

そして分かったのです。

そこは、福島県のある病院のすぐ側のお宅だったのです。



この方ももちろん震災を経験され、大変な目にあわれていました。

でも、この方は割合内陸だったので津波等の被害には遭いませんでした。

ですが、どうも今回の霊視の事をどこからか近辺で亡くなった方達が知り

「お願い、伝えて」と言っているのです。

この亡くなった方達はどうもその病院で亡くなった方もいれば

近くに川が流れていたので川の河口で流されて見つかっていない人もいれば

家族全員お亡くなりになり身元不明で埋葬された方もいれば

今だに誰にもご供養されていない方もいた様でした。


 

 

なぜ、今?この方の所に?理由はさだかではありませんが

このオーブはこの方に何かあって写ったのではなく

私に何かを伝えたくて写ったという事の様でした。

霊界で私の事をだれか分かるのか?はちょっと正確にはわからないのですが

この方達の気持ちをどうすれば良いのか?私も非常にとまどっております。

また、そのオーブは幼いお子さんのいるお部屋で写っていて

亡くなった方達が自分達の子供や孫を懐かしんでいる様にも伝わって来ました。



今までも震災の被害に遭われた方のお写真を何度か見させていただいて

やはり時折不思議な物が写っている場合はありました。

ですが、私一人に出来る事とは?と考えると

なかなか簡単に思いつく事がないのです。

今回助けを求めて来た方達は

「忘れないで欲しい」「供養して欲しい」という様な気持ちが有る様に感じました。

震災から月日がたちましたが、亡くなった方達の時間は簡単には過ぎて行っていないのだなと

改めて感じました。



どうぞ震災でご親族を無くされた方、お知り合いを亡くされた方、

無縁仏をご供養なさっている方々、などなど、地元で一生懸命頑張っている皆様

震災を忘れる事は無いと思いますがどうぞこれからもご供養をしてあげてください。

私も遠くからですがご冥福を改めて祈ろうと思います。



どうぞ皆様、生きていても、亡くなっていても、それぞれの世界でお幸せになってください。

応援しています。

がんばってください。

それではまた


 

 

さとこ

 

 

 

 

 

ーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

世間では心霊写真というと怖いだけの画像として見る人に恐怖心しか与えません。

 

その写真が何を意味しているのか?

 

何を訴えているのか?

 

例えその写真が霊の姿となっていなく、まだオーブ状態だとしても

 

さとこ  は写真から、今回のような細かい事を読み取ります。

 

私も今回の写真を初めて見た時は、なぜここまで多くのオーブが、、?

 

と心配したのですが、さとこ が霊視した結果、震災で亡くなられた方々の霊だったようです。

 

まさか私もご相談者の家が福島にあるとは全く知りませんでした。

 

震災よりかなり時間も経過しましたが、さとこ が言う様に供養に終わりはありません。

 

いつまでも心に残し、亡くなった方々の事を想う事で少しでも救われるのだと

 

思って頂ければと思います。

 

 

改めて震災で亡くなった方々にご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 

 

 

多くの皆様にご理解頂きたくランキングに参加しています

よろしければクリックお願いします


人気ブログランキング

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

しんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■Re:無題

>オバタンチョップさん

まだ料理も初心者でしたので、何となく合うかな?
という適当な理由で恐怖のパスタが出来上がりました。もうね罰ゲーム料理ですから嫌いな人に
どうぞ♡とニッコリしながら差し上げて下さい(笑)

五十肩の件ですが、次のブログの前フリにしますが
ちこットお話しますと、さとこ が霊視しました。
しかも私に背中を向けて食器を洗っている最中に。
つまり目ではなく さとこ 自身から私の体内を
視ているのです。チカラの強さに驚愕です。
その結果は、、、次週乞うご期待(笑)

5 ■無題

こんばんは。
すみません。。パスタのくだりがどうしても頭から離れません。。
怖いものみたさに作ったらどうなるか??
と想像しただけで、吐き気で笑けてきました。
その組み合わせ、凄いです。
どちらも自己主張がキツイ味系なのに、どうしてそこを結びつけたんだ??と。。

疲れたらそのパスタと、しんさんのパンツネタを思い出してみたいと思います。


震災の話、私も合掌させて頂きました。
忘れない事、想う事、これが故人の方の一番の供養なんですかね。。

あっ、しんさん、肩の具合はいかがですか?

4 ■Re:沢山の思いと さとこさん

>tktktktk-11さん

とても多くの方が亡くなっているので、さとこ
一人では何もできないと、震災のあった日から
言い続けています。
つまり今回のブログに記したように、霊視できる
人間にものすごく多くの霊が寄ってきてしまい
対応ができないのです。
それを癒すのは人ではなく、神の領域の霊です。
それだけのパワーが必要な事例なのです。
日航機123便もそうですが、それ以上に大変な
状況だという事をご理解頂ければと思います。

3 ■Re:無題

>横浜Rさん

私もその震災の地に居た訳ではないですが、
津波が有った地域では想像を絶する画像でしたね。
津波って漢字だと分かりにくいと思っていまして、
増波というか水かさが増すという表現の方が
良いと思います。
私が印象に残ったのは、この被災地でお経を唱える
お坊さんの姿でした。
その酷い惨状に一心にお祈りを捧げている姿、、
普通のお坊さんではないな、、と今でも思って
います。

横浜Rさんの行動や考え方はブログで垣間見えます。優しくないし、、と卑下なされないで下さい。
そうではないから、私は横浜Rさんのブログに
コメントを差し上げているのですから。

2 ■沢山の思いと さとこさん

こんばんは(^^) 今回の オーブの話を 読んで そうなんだ 震災で亡くなられた方々は 誰かに 助けて欲しくて 今なお さまよっておられるのだなぁ と 心が 痛くなりました! 戦争で 無くなった人も 靖国神社とか 鎮魂の為に 国を挙げて 御供養を されていますが その様な 御供養を 出来る人が さとこさんなのだと 思いました(*^_^*) 出来ない所へは 救いの声は 上がらないと 思うのです! だから 困られず 素直に 自分の 感じたまま 接していかれると 良い 方向へ 御導き 出来るのでは ないだろうか って 思いましたよ☆ それから もう1つ さとこさんは お料理も 得意なら 心の綺麗なだけでなく 文句なしの 素敵な 女の人 なんだろうなぁ と 思っています♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

1 ■無題

震災の次の朝、
友達と電話で話しているとき
何気なく開いたヤフーの画像。
震災のまだ被害が
わからない時に一枚の写真見て
涙がよくわからないのに
溢れ出てきたことを
私は忘れません。私もどちらかと
いうと、わかってほしいと
思われちゃうかも。
でも、私はさとこさんみたいに
優しくないし、何にもできないです。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。