しょうづかの婆さん 川崎大師内 | 野鳥と花と時々神社

野鳥と花と時々神社

(そうとは見えないですね、だけど)スピリチュアルな写真が満載のブログです。
観音様と虹龍様、屋久島のエネルギーいつもありがとうございます。好きなものを撮っていきます。


テーマ:


二月四日夕方の川崎大師は閑散としていました。

山門の四天王も何だか所在なげ。







本堂でお参りした後、

福徳稲荷の前を通り(ここはダキニ天を祀っているのでしょうね)、

前回訪れる事が出来なかった、墓所入り口脇のしょうづかの婆さんのところに行きました。

写真でははっきり写っていませんが、おばあさんの姿が石に彫られており、赤い着物を着被らせられています。


この写真を撮った直後、中年の男性に話しかけられました。なかなか物知りな方でしょうづかの婆さんの功徳やら、遍路の体験談やら、果てはフォースの話やら、いろいろ話して下さいました。かれこれこの前で一時間くらい話し込んでいたでしょうか。友達の極端に少ない私ですので、このような出会いでいろいろお話できてとても楽しかったです。

確かに三途の川の脱衣婆を祀っているところは全国でも珍しいのではないでしょうか。

依田 茂さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス