拝啓、母上様。

テーマ:
なんか似たようなタイトルの記事を昔書いたような気がするが、まあいい。


今朝、ホワイトデーに実家から送られてきた海苔の佃煮を食べていました。


ふと、何気なく賞味期限を確認してみると。


『2009年1月19日』


お母さん……娘に食べ物送るときは、どうか賞味期限くらい確認してください(TдT)


でもまぁ、お腹は元気です。


それが、うにきゅークオリティ。


あ、今更ですがお久しぶりです、うにきゅーです(´ω`)


こんな感じで、相変わらずのほほんと生きてます。


嘘です、就職活動が上手くいかず泣きそうです←


来年の今頃、ちゃんと社会人になれてるのかしら。。。


いつか、この場で嬉しい報告ができることを祈りつつ。


しゅわっち!!
AD
あけましておめでとうございます。


ご無沙汰してます、うにきゅーです。


前回の記事、せっかく皆様コメントくださってるのに、もう2ヶ月近くもコメント返さなくてごめんなさい。


うにきゅー、日々の生活はそれなりに元気に過ごしているのですが、どうもピィちゃんのことになると、まだまだダメなんですよねぇ。。。


女々しいって思うし、いい加減立ち直れよって思うんですけど。


鬱陶しいなぁ自分って思うんですけど。


どうも、駄目みたいで。


だから、コメント返しもしようしようって思いつつ、どうしてもできなくて。


皆様が、真剣にコメントくださってるからこそ、真剣に返さなきゃって思うんですけど、途中で考えるの放棄しちゃって。


逃げてばっかりで、本当にごめんなさい。


てか、久々に記事書いたと思ったらこんなんでごめんなさい。。。


や、でも本当に日々の生活はめっちゃ元気に送ってます(笑)


だから、もう少し充電して、もう少し気持ちが落ち着いたら、ちゃんとコメント返しします。


それまで、もうしばしお待ちいただけたら幸いです。


よろしくお願いします(>_<)




うにきゅー
AD

2ヶ月。

テーマ:
ピィちゃんと別れて、今日でちょうど2ヶ月が経ちました。


別れた直後に比べると、かなり気持ち的には落ち着いてきたのですが、逆に別れた直後よりも大きくなってしまった気持ちがあります。


それは、ピィちゃんのことを好きだという気持ち。


うにきゅーが自分で思っていたよりも、自分はピィちゃんのことが好きだったんだなぁって。


もちろん、嫌な部分はたくさんありました。


こういうところ嫌だなぁ、こういうところ直してくれたらいいのに…そう思うことはしょっちゅうだったけど。


それでも、すごーくすごーく好きだったんだなぁって。


頭のてっぺんから爪先の先っちょまで、どこをとっても「好きだなぁ」って、そういう風に思えた、そんな人。


笑った顔、怒った顔、横顔、寝顔…どれを思い出しても愛おしくなる。


だけどね、変な話ですが、もし今ピィちゃんから「やり直そう」って言われても、多分やり直したいとは思わない気がするんです。


それは、自分の中にあるピィちゃんへの不満が、付き合いを続けていくには少しばかり難しい類のものであるというのが、一つ目の理由。


付き合っている相手に対して不満が無い人というのは、多分ほとんどいないと思いますが、不満の中にも許容できるものとできないものってありますよね。


多分、うにきゅーがピィちゃんに抱いているものは後者で、ピィちゃんもまた然りなんだと思います。


二つ目の理由は、うにきゅーの、ピィちゃんへの「好き」という気持ちが大きすぎるということ。


よく「一番好きな人とは結婚できない」と言いますが、その通りなんじゃないかなぁって。


ピィちゃんへの「好き」という気持ちが大きすぎるから、普通なら許容できることが許容できなくなってみたり…。


うにきゅーが未熟だからというのもあるけど、ピィちゃんの一挙一動に自分の気持ちが左右され過ぎて、正直しんどかったんです。


でも…好きな人に「好き」と言ってもらえて、二人で一緒に過ごした2年間は、すごく幸せなものでした。


この時間と思い出は、大事にしていきたいと思うんです。


これだけ本気で「好き」と思える人がいたのは、きっと幸せなことだったと思うから。


別れて2ヶ月。


まだまだ胸が痛むことは多いけど、うにきゅーは、少しずつ前に進んでます。
AD
またもしばらくブログ放置してました、ごめんなさい(´・ω・`)


実は、ブログを放置してる間に色々ありまして、その報告を書かなきゃ次の記事は書けないなって思っていたのですが、なんとなくそれを避けていて…。


でも、そろそろ書きたいネタもたまってきたので、いい加減、腹をくくって報告します。


先日、ピィちゃんと別れました。


正確に言うと、振られました。


もう面倒見きれないって、一緒にいるのがしんどいって、限界だって、そう言われました。


きっかけは、9月の初めにした何気ない喧嘩。


以前だったらすぐに許せていたようなことが、今回ばかりはどうしても許せなくて、ずっとピィちゃん相手にイライラした態度で接していたうにきゅー。


ピィちゃんの嫌な部分しか見えなくなって、本当にピィちゃんのことが好きかどうか分からなくなって。


ずっと、ピィちゃんに当たってばかりいました。


そんな日々が2週間ほど続いた頃、とうとうピィちゃんに「もう限界だ」と、別れを告げられました。


まぁ、自業自得ですよね。


正直、もう駄目かもなぁとは、うにきゅー自身思ってたんです。


でも、長い間付き合った情というかなんと言うか…自分からは言い出せずにいて。


だから、ピィちゃんの判断は冷静かつ賢明だったと思います。


今はうにきゅーもしんどいけど、いつかきっと互いに新しい大事な人を見付けられるはず。


…………そう、頭では理解してるんだけどね。


気持ちの部分で追いついていかないのが、正直なところです。


うにきゅーは、関東で暮らした2年半のうち、2年1ヶ月をピィちゃんと過ごしてきました。


だから、うにきゅーの記憶の中では、関東のどの景色にもピィちゃんがいるんです。


関東のどの景色の中にも、ピィちゃんがいるのが当たり前だったんです。


だから、ピィちゃんがいない関東の景色は、すごく違和感があって。


電車に乗るときも、ピィちゃんの最寄り駅の階段に一番近い車両のドアに並んでいた癖が、自分一人のときも抜けなくて。


自分一人なんだから、自分の最寄り駅の階段に近い車両に乗ればいいのに、なのに。


無意識にいつもの場所に並んでいた自分が、ものすごく悔しかった。


朝、「いってらっしゃい、バイト頑張ってね」のメールを送る必要がないんだって。


夜、「おやすみなさい」って言う相手がいないんだって。


バイト先であった面白いこととか、ちょっとした失敗とか、どうでもいいような話を聞いてくれる相手が、もういないんだって。


そう思ったら、無性に寂しい。


2年間「当たり前」だったことが「当たり前」じゃなくなったとき、それに慣れるまで一体どのくらいかかるんだろう。


うにきゅーは、周りが思ってるほど強くない。


周りに虚勢を張ってる分、弱いところを見せられるのがピィちゃんだった。


そんなピィちゃんがいなくなった今、誰に弱みを見せればいいんだろう。


周りには、もう吹っ切れたって言って元気に振る舞ったりしてるけど。


正直、まだしんどいんだよなぁ…。


でもね、食欲なくなったりとかそういうのは全然ないし、バイトや学校も元気に行ってます。


それに、うにきゅーの周りには支えてくれる人たちもたくさんいるから、それはすごく幸せなことだと思うんです。


ピィちゃんと別れて、失ってしまったものはたくさんあるけれど。


ピィちゃんと別れて、得たものや存在に気付いたものもたくさんある。


自分を心配し、支えてくれる人がいることに気付けたのも、ピィちゃんと別れたおかげ。


今は、まだしんどいけど。


心の底から元気になったら、支えてくれたみんなに恩返しがしたいな。


ううん、今から少しずつでも、恩返しをしていこう。


立ち止まってる場合じゃ、ないんです。


というわけで、これからまた少しずつ、ブログ更新していきますね。


うにきゅーは今日も、アホですから(*´ω`*)

『不自由』

テーマ:
先日、宴会場のアルバイトで、聴覚障害を持った方々のパーティーを担当しました。


100名弱いらっしゃるお客様の3分の2が耳の不自由な方々で、残りの3分の1が手話通訳の方々です。


マネージャーからは、「いつも通りの接客でいいからね」と言われていたのですが、そうもいかなかったのは、クローク(大きな手荷物やコートなどをお預かりするところ)とバーカン(ドリンクの注文を承るところ)担当だったうにきゅーでした。


最初、パーティーが始まる前にクロークを担当していたとき、最初に来られた数名のお客様は手話通訳の方が近くにいらっしゃったので、その方に全て通訳していただきました。


ですが、その後に来られたお客様は、手話通訳の方がついておられない聴覚障害の方でした。


クロークはお荷物をお預かりするところだから、お客様がお荷物を預けようとしているということは、口パクでも理解できます。


しかし問題だったのは、お荷物をお預かりする際に毎回ご確認する、「中に貴重品等ございませんか?」の一言が伝えられないということでした。


一生懸命、口パクやジェスチャーで伝えようとするうにきゅー


そんなとき、クロークの隅に、「お客様各位 申し訳ありませんが、貴重品はご自身でお持ちくださいませ」という張り紙が張っていたのに気付き、それをお客様に見せることで、どうにか伝えることができました。


その後、パーティーが始まると、今度はバーカンの担当です。


ウーロン茶とオレンジジュースは、グラス3~4つ分作りおきしてバーカンに置いておくため、お客様は「これ持っていくね」という風に目で合図をして、バーカンからドリンクを持って行きます。


ですが、ここでまた問題が起きました。


焼酎をお作りするとき、芋・米・麦のどれで作るかというのは指で指し示してくれるので問題なかったのですが、お湯割り・水割り・ロックの、どの作り方でお作りすればよいのかをお聞きするのに一苦労だったのです。


まず、お湯なのか、水なのか、ロックなのか、それを知りたいのだと伝えることが難しかった。


そして、それが上手く伝わったところで、お客様が何を希望しているのかを汲み取るのも、また難しかった。


最終的には、お湯の入ったポットと、水の入ったピッチャーと、氷の入った容器を指差して、「どれですか?」と目で聞いて、お客様に指をさしていただくという方法に落ち着きましたが…。


とにかく、うまくコミュニケーションを取ることが出来なかったのが、ひたすらもどかしかったです。


筆談を使えば良かったのでは…というご意見もあるかと思います。


うにきゅー自身、そうすれば良かったのかも…と思った部分も、後々ありました。


だけど、いくら耳が聞こえなくても、お客様は、ちゃんとうにきゅーの目を見て、口や目で、伝えようとしてくれていたんです。


うにきゅーが上手く聞き取れなかっただけで、ちゃんと“声”で、“言葉”で伝えようとして下さったお客様もたくさんいらっしゃいました。


なのに、それをちゃんと汲み取れなかった自分が悔しい。


「お酒」の一言すら、5回も聞きなおしてしまった自分が歯がゆい。


うにきゅーは接客しながら、「不自由なのはお客様の耳ではなくて、ちゃんと伝えたいことも伝えられず、相手が言いたいことも汲み取れないうにきゅーのコミュニケーション能力の方だ」と思いました。


聴覚障害をお持ちの方にしてみれば、確かに耳が不自由だと感じることでしょう。


でも、うにきゅーはそのようなお客様と接してみて、お客様の耳が不自由というよりは、「耳が聞こえない」ということを『不自由』にしてしまった自分自身に問題があるんじゃないかと思ったのです。


うにきゅーが、もっと耳が聞こえない方への接し方をちゃんと考えていれば、お客様も、自分自身も、それを不自由だと感じることは少なかったのではないでしょうか。


「伝える」ことは、とても大事だと思います。


以前、外国からいらしたお客様の接客をして、最低限接客に必要な英語は覚えようと思い、勉強しました。


そして、それを覚えてから、自分は大抵のお客様は問題なく接客できると思い上がっていました。


しかし今回、聴覚障害を持ったお客様の接客をして、日本語と英語だけでは、うまくコミュニケーションが取れない方がいらっしゃるのだということに気付きました。


今度は、手話を勉強してみようかな。


今後、就職活動をして、何の仕事に就くにしろ、手話を覚えておくというのはいいことかもしれない。


もっと、色んな人とコミュニケーションを取っていきたいから。

第3次成長期

テーマ:
うにきゅー、帰省から戻ってまいりました(*´ω`*)


今回は短期の帰省だったので、地元の友達と会ったりすることはなく…家でのんびりと過ごしていました。


で、今回の帰省で家族や親戚、近所のおばちゃんにまで言われたこと。


うにきゅーちゃん、身長伸びた?(・∀・)」


…………orz


そうなんです、うにきゅー、何故だか大学に入ってから年々1cmずつ身長が伸びてるんです(´;ω;`)


誤差の範囲であって欲しいのですが…入学当初164cmだった身長が、今年の健康診断で166cmになっていたので、さすがに誤差の範囲とは思えず…。


小学生くらいから背が高かったのがコンプレックスだったうにきゅーとしては、正直もうこれ以上伸びて欲しくないんです…(TωT)


で、そんな第3次成長期のうにきゅーに、うにきゅーのお祖母ちゃんはこう言いました。


祖母「このままどんどん身長が伸びていったら、


うにきゅーアントニオ馬場みたいになるかもねぇ(´∀`)」


…アントニオ馬場?


うに「お祖母ちゃん、アントニオ馬場じゃないよ!!Σ( ̄□ ̄;)


なんか色々混じってるよ!!!!」


祖母「ああ、そうだったそうだった。


アントニオ馬場じゃなくてアントニオえのきだったねぇ」


二重に間違ってますから。


お祖母ちゃんはジャイアント馬場のことを言おうとしたらしいのですが、間違いを指摘したら“アントニオ馬場”の“馬場”の部分を間違えたのだと勘違いした挙句“猪木”ではなく“えのき”と言ってしまい…これじゃアントキの猪木もびっくりです(´∀`)


それにしてもうにきゅー、これでも20歳過ぎてるのですが、まだまだ身長伸びてるってどうなんだろう…orz


中学生で身長止まったと思ってたのになぁ…。


お祖母ちゃんじゃないけど、このまま伸び続けてジャイアント馬場さんみたいにならないことを願うばかりです…(TωT)

Σ( ̄□ ̄;)

テーマ:
気付いちゃった…。


前回の記事のタイトル、『2th anniversary』じゃなくて『2nd anniversary』なんじゃ…??


恥ずかしいぃー…(TωT)


英語力の無さをあらためて露呈してしまいました。


あまりの恥ずかしさに、携帯から更新してしまった、うにきゅーなのでした(´ω`)

2th anniversary

テーマ:
昨日は、ピィちゃんと付き合って2周年の記念日でした(*´ω`*)


ということで、昨日は記念日デートだったのですが、その後に栃木県小山市で行われた花火大会へと行ってきました!


ピィちゃんと、そのご両親&お祖母様と一緒に。


(°Д°;≡°Д°;)


そう、ご両親お祖母様と一緒に。


お母様には何度かお会いしたことがあったのですが、お父様、御祖母様にお会いするのは昨日が初めて。


めちゃめちゃ緊張しました…。


記念日デートをした後、ご両親、お祖母様と合流すべく電車に揺られていたうにきゅーピィちゃん


うに「ねぇねぇピィちゃん、髪型とか服とか変じゃない?メイクとか濃くないかなぁ??o(;△;)o」


ピィ「変じゃないよ、いつも通りだよ(´・ω・`)」


…というやり取りを延々続けること数十分。


とうとう花火大会の会場に到着しました。


ドキドキしながら待っていると、ピィちゃんのお母様が可愛らしい笑顔で手を振りながら現れました。


ということは、その後ろにいるのがピィちゃんのお父様とお祖母様!?(°Д°;≡°Д°;)


あああああ、挨拶しなきゃ!!!!


……と思ったのも束の間。


「ほらほらほら、あっちにシート敷いてあるから!!」と、早足でやってきたピィちゃんのお母様に連れて行かれましたorz ←お父様とお祖母様は後ろからゆっくりやって来た


お母様が場所取りをしていたところまで辿り着き、そこにお父様とお祖母様が追いつくと、お互いに自己紹介をしあううにきゅーたち。


周りからは一体何の団体かと思われたことでしょう(´∀`)


緊張のなか自己紹介も終わると、ピィちゃんのお母さんが作ってくれたというちらし寿司を食べながら花火見物を始めました。


時折、お父様やお母様、お祖母様と話しながら花火を観るピィちゃん


仲の良いご家族なんだなぁって、微笑ましく思いながらそれを眺めるうにきゅー


ピィちゃんのご家族に、うにきゅーの家族の面影を重ねながら。


ピィちゃんのご家族の一員に、いつかなれたら…なんて夢見ながら。


ピィちゃんと付き合い始めてちょうど2年になるこの日、5人で観た花火は、とてもとてもキレイでした。






2年前、まだピィちゃんと付き合っていなかった頃に一緒に観た花火は、今でも忘れられないくらいにキレイで。


1年前、ピィちゃんと付き合い始めて1年になろうとした頃に観た花火は、なんだかほっとするキレイさがあって。


今年、付き合ってちょうど2年になる日に、ピィちゃんピィちゃんのご家族と観た花火は、ちょっぴり緊張しつつもやっぱりキレイで。


1年後に観る花火は、どんな風に見えるんだろう。


2年後は、3年後は、5年後は、10年後は?


ずっと、一緒に花火を観ることができるかなぁ…。


全部、自分の努力次第だよね。


付き合いを長く続けるのに大事なのは、最終的にはお互いの努力なんだから。


初心を忘れないように、幸せを失うことがないように、これからも頑張ろう。


来年も、こんな記事を書くことができますように。








……というわけで、うにきゅーとピィちゃんは3年目に突入しました(*ノωノ)


案外短いんですね、2年間って。


これからも仲良しでアホアホな記事が書けるように頑張りたいと思います☆


そして今度こそ何年か後に、『近況報告』 みたいな引っ掛けじゃなくて、本当に「結婚しました」って言えるようになったらいいなぁ…。














あ、ブログ再開して早々アレですが、明日から帰省します☆


ですので、また一週間ほど更新が滞るかと思われますので、よろしくお願いします~(。・ω・。)ノ

近況報告

テーマ:
しばらく更新をしてなかったので、いつもどおりに再開する前にうにきゅーの近況報告をしたいと思います(。・ω・。)ノ


まず…大学3年生になりました☆


ぼちぼち就職活動も始めてます。


色々と考えるところがあって、なかなか順調とは言いがたいのですが…でも早めに動いておいて悪いことはないですもんね!


来年の今頃、のんびりしていられるように頑張りたいと思います(*´ω`*)





そんでもって、21歳になりました(*ノωノ)


これに関しては、基本何も変わってません(´∀`)


もっと成長しようよ自分…。


まぁ変わったことといえば、徹夜ができなくなったりとか肌の衰えを感じたりとか…って、なんか泣けてきた(TωT)





衰えといえばね、ブログ休止してる間にギックリ腰にもなりました(笑)


お陰でしばらく宴会場の方でのバイトが出来ず…生活費がしんどかったです(´∀`)





そしてそして、ブログ休止する前から一番の変化…というか、自分の中でのビッグニュースがこちら!!




















3月に結婚しました(●´ω`●)ゞ








































…元彼が(爆)



















(´∀`)



















いやぁ、読者の皆さんにはどうでもいい変化なんですけどね、これ聞いたときはめちゃめちゃ驚きましたよ(笑)


でも、よく考えたら元彼は今年で社会人3年目なんだから、結婚してもおかしくないっちゃおかしくないんですよねぇ…(´・ω・)


自分が学生だから、なんだか不思議な感覚ですが。


それにしても、元彼と別れてそんなに経ったのかぁ…。


そりゃそうだな、明日でピィちゃんと付き合ってちょうど2年なんだから。


なんとなく先越された気分で悔しいけど、幸せにしてるみたいだから良かった(*´ω`*)


うにきゅーも、元彼に負けないくらい幸せにならなきゃΣd(`・ω・´)


ならなきゃってか、今でも十分幸せですけどね(笑)


なんでもない毎日は、すごく幸せ。


朝起きて、バイト行って、学校行って、そしたら友人たちやピィちゃんがいて、みんなで授業受けて、ピィちゃんと一緒に帰って。


うにきゅーは、そんないつもと変わらない毎日を今日も過ごしてます。


あ、今は夏休みだけど(笑)

こっそり、ただいま

テーマ:
∥ω・`)コッソリ…







(*ノωノ)ポッ







うにきゅー


戻ってきました(爆)


ブログやめるとか言っておきながらね、何なんだって感じですよね。


もう嘲笑ってやってください…。





思えば、ブログを始めた当初は書きたいこともたくさんあって、ブログを更新するのが楽しくて仕方ありませんでした。


でも、長く続けていると、そんなネタに出来るようなことばっかりではなく…これ面白いかな、笑えるのかなーとか考えているうちに記事を消しちゃったり、そもそも記事を書く時間が無かったりで、更新頻度が減っていきました。


そして、前の記事から間が空いてしまうと、次の記事を更新しづらくなる…という悪循環に陥ってしまったのです。


だから、「自分の中で負担になるくらいなら、いっそ辞めちゃおう!!」という一大決心で、前回の記事『こっそりお別れ』 を書いたのです…………が。


ブログをやめてしばらく経った頃から、「そっかぁ…もうブログ書けないのかぁ……書いちゃいけないのかぁ………(´・ω・`)」という、ブログをやりたくて仕方ない病にかかってしまいました(´∀`)笑


ということで、このブログ、自分の中で方向転換をすることにしました!!!!


誰かに読んでもらうものだから、楽しんでもらえるような内容にしたい。


でも、ムリして面白くするんじゃなくて、ありのままの“うにきゅー”を見てもらおう。


ありのままの“うにきゅー”で、楽しんでもらおう。


更新頻度も、更新したいときに更新するっていうかたちで。


商業用のブログじゃないもん、それで大丈夫だよ(←自分への言い聞かせてる/笑)。


やっぱり、うにきゅーは「書く」ことが好きなんです。


…ということで、これからは新生『うにきゅーな日々』で頑張りたいと思います!


基本、アホさ加減は前と変わりません…というより、これからは前より更にマイペースな感じで更新していくと思いますが、よろしくお願いします(*´ω`*)