運動音痴のバスケ日記

ドリブルやパス、シュート等のバスケの基本技術や戦術の解説、上達方法などを紹介します。管理人のバスケ日記やトレーニング実践記、オススメの本やDVDなども紹介していきます。






テーマ:

カイリー・アービングがボストン・セルティックスに移籍しましたね。トレードの対象となったのはセルティックスの顔とも言えるアイザイア・トーマスを含める数選手。

 

カンファレンスファイナルで対戦したチーム同士の、スター選手同士のトレードと言うことで色々と物議を醸しております。

 

まずはアービング先輩について。3年連続のファイナル出場。押しも押されもせぬNBA屈指のポイントガードですが、自分が中心として輝けるチームでプレイしたいとのことでチームにトレードを志願。

 

若いからこそ出来る決断だとも言えますが、ファイナルに行ける可能性の高さよりも自分の活躍できる場を求めるという姿勢は、結構大好きです。

 

アービング自身がボールの保持が長い選手ですし、ボールを保持してゲームを支配することに長けているレブロンと組むと、どうしても持ち味は損なわれてしまうような気もしますからね。

 

まあぶっちゃけ、レブロンとアービングはプレイスタイル的に合わないでしょ。個の力が強すぎてファイナル出てますけど、二人の間のアシストも少なくないとは思いますけど、それでも合っているとは言い難い。

 

ファイナルでウォリアーズに完敗したのはチーム内の不協和音のせいなのかは分からないですけど、負けたからこそアービングはこのような決断をしたんでしょうね。

 

勝っててもトレード要求したのかな?したら本物の男だわ。

 

レブロンがマイアミ・ヒートに移籍して以来、ずっとアンチレブロンとして生き続けている僕ですが、まあぶっちゃけレブロンは凄いですわ。

 

凄いんだけど、アービングのような選手をより輝かせることが出来るかというと怪しい部分もあり、かつての相棒のウェイド先生は個のスタイルを捨ててレブロンに合わせていた感じもあり、ベテランだからこそ出来たのかなーとも思います。

 

セルティックスは結構戦力充実してきたけど、レブロンを倒すイメージはあまり湧かない…。とは言えアービング無双を止めることは難しいですし、ヘイワードもホーフォードもボールの保持がそれほど長くないスター選手であることを考えると、来季のアービング先輩の無双っぷりが楽しみなわけです。

 

んでもってセルティックス。まさかのアービング獲得。そしてアイザイア放出。僕はあまりアイザイア・トーマスのプレイが好きでは無いんですけど、好きとか嫌いとかいう問題じゃなくて、このトレードは大きな賭けに出たなと思います。

 

チームの顔としてカンファレンスファイナル出場に大きな貢献をした選手を手放す。ビジネスだから仕方が無いのかも知れませんが、ファンからの非難も少なくないでしょう。

 

何かアイザイアのユニフォーム燃やしてるファンがいるらしいけど、それはかなりトバッチリ。トーマスくんはトレードされてしまった立場なわけで、彼に決定権は無いんですよね。

 

燃やすならアービングのユニフォームだと思うんですが、それはさておきアイザイア・トーマスの怪我の状況が深刻なようで、このトレードはまだ難航しそうな予感。

 

クラウダーとドラフト指名権までもらっておいて難癖を付けるキャブスもあれですが、まあビジネスですからね。トレードの目玉であるアイザイアの怪我が深刻なら、それは問題でしょう。

 

ボストン側がアイザイアをトレードに出したのも、怪我が深刻だったからという見方もあり、どうなるのか読めないところ。

 

さすがにトレードが白紙になることは無いでしょうが、開幕までに綺麗さっぱり解決するのか気になるところ。

 

何しろこの両者、開幕カードで当たりますからね。

 

残る大物はカーメロ先輩くらいですかね。今年のオフは大物の移籍が多くて開幕が非常に待ち遠しいところ。

 

ジノビリ先生も2年間の契約延長。有終の美を飾って欲しいとは思いますが、主力に怪我がない限りウォリアーズが飛び抜けているように思ってしまいます。

 

NBA選手には遠く及ばないものの、とりあえずスクワットくらいはウォリアーズの面々にも勝ちたいなと思い、日々バーベルを担いでいるこの頃。

 

マッスルエレメンツとかを飲んでいるお陰か、スクワットの自己ベストを更新したので、少しでも向上できるように努力します。

 

今日はこのへんで終わりにします。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

では。

 

ダンクします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。