コスチュームジュエリー/ UNDEUX

コスチュームジュエリー/ UNDEUX

ガラスビーズや自然素材を用いたアクセサリーで作る自分スタイルを応援しています。


テーマ:
昨日小島さんのFBの投稿で見かけた「町田市立博物館」。そう言えば、ここで展示している「旅するヴェネチアンビーズ」を観に行こうと思い、どこかにメモってすっかり忘れていました
「最終日前日に知ったのも何かの縁」と出かける事にしました

玉川学園 は中 高 大と10年も通った駅ですが、町田市立博物館へは行ったことが無いと思う
駅からかなり歩きます〜(坂が多いからね)

14:00に着いたらちょうどギャラリーツアーをやっていたラッキー!

学芸員さんからしっかりビーズの歴史や作り方などの説明が聞けて、より理解が深まりました
{1BD940B1-CA2D-4526-B685-4E80C1C074AE}

それにしてもアフリカとの交易ビーズは迫力のある大きさと色。権力のある男性が身につけるものだからね。
そしてベネチアンビーズとボヘミアンビーズ、イギリスのビーズの競争。
意外にも勝者はイギリス
そしてそれぞれが独自の技術を模索し始めたって、面白〜い

滑り込みセーフで行けて良かったです
ハスケルもCHANELも観れた

可愛い顔のビーズに釘付け(笑)
好きだなこういう遊び心

町田市博物館は来年は版画美術館の隣に移動するらしい。 が、ちゃんと建設されるためには
市民の声が大切だそうです。
「研究熱心な学芸員さんがおられる、とっても有益な博物館である事」を町田市長さんにお伝えしたいなぁ

テーマ:
横浜美術館で開催中の「ヌード NUDE ―英国テート・コレクション」を観に行きました。
うちは美術系一家なので、家族のレクリエーションとして美術館へ行く事もしばしばです

「英国テートの所蔵作品により、19世紀後半のヴィクトリア朝の神話画や歴史画から現代の身体表現まで、西洋美術の200年にわたる裸体表現の歴史を紐ときます。」と公式ホームページに紹介されていますが、「ヌード」を切り口に、絵画の時代性を理解する面白いキュレーションです。

私は時代と共に神格化されたnude からnakedになって行ったように感じました。

1)物語とヌード 2)親密な眼差し3)モダン・ヌード4)エロティック・ヌード5)レアリスムとシュルレアリスム6)肉体を捉える筆触7)身体の政治性8)儚き身体と8つのテーマに分け展示されていました。
{0779EC91-5F9B-4E3E-AEFC-4F79A260A9C0}

私的には  神話を題材とした神や女神の肉体(美)→神ではなく、日常の人間の女性(男性)の肉体美→躍動する身体の美→私小説的な個人のエロスの肉体→レアリスム・シュルレアリスム的表現の肉体→印象からの表現の肉体→性差別や政治的、メッセージ性の強い表現としての肉体と、それぞれの部屋のテーマを勝手に自分の言葉にしながら楽しみました。でも最後の部屋の「儚き身体」と言うテーマの括りはちょっとわからなかったな

シンディー・シャーマンが観れたから、まぁいっか


お腹も空いたので「何か食べよう!」という事になり、隣接の「ブラッスリ―・ティーズ・ミュゼ」へ。
とっても素敵なフレンチレストランです
{F56D9934-091C-446F-8CCC-1C0FF06E3B20}
どの作品が印象的だったかを話しながらの食事は美術館に行く楽しみのひとつ

ロダンの「接吻」は唯一写真を撮る事の出来るコーナーだったし、美術館もロダン推しでしたが、
話題は1mmも出ずでした....
{309F56A9-FB2E-4727-9A32-788348B3C50C}
ぐるっと回って撮ってみましたが.....
展示が悪いと思う


ボナールやルイーズ・ブルジョワ、ホックニー、ピカソのエッチングなど。私の印象に残ったのはバークレー・Lヘンドリックスの「ファミリー・ジュールスNNN」とシルヴィア・スレイの「横たわるポール・ロサノ」でした。前者は好印象、後者は笑えた(だって真面目な題材に取り組んでいるのだけど、画力と選んだモチーフにツッコミどころ満載)が理由。

それぞれの感性で楽しめるのがアートの楽しいところ。それをすぐに分かち合えるってステキな事ですね

アジアの片隅で自分の作品についてあーだこーだ語っている家族がいるなんて、当の作家は思いもよらないだろうなぁ 

個人的で勝手な感想ばかりですので許してね〜(笑)



テーマ:
新宿伊勢丹のOTOMANA 講座でした。

シルクコードとスワロフスキーパールと
ソロバン形、ロンデル形で作る
ステーションネックレスでした。

指導方法をアレコレ考え、実験し、最終的に
「失敗が少なく、等間隔にシルクコードを結べる方法」を思いついてしまいました〜

「指導する」って自分が学べる事ですよね
あらためて実感!
{47FF8822-55F6-4F6A-ABC2-A6ABD8556573}


5/23 はビーズステッチのネックレス
14:00からです。
爽やかに輝くネックレスを作ります。
講習料、教材費、道具類 (針糸含みます)
受講料 8,262円
針は「みすや針」で行ってみようかなぁ?

{89C9DCDE-2419-4BB9-812A-F94CA39AA7E8}

お申し込み時は

34番 安藤潤子のビーズコレクション
〜基本のテクニックを学ぶ〜
をご選択下さいませ。

お問い合わせ
伊勢丹新宿本館6階=時の場
03-3225-2811

お待ちしております

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。