平成16年5月11日(火) 勾留1日目 | ||Φ|(T|T|)|Φ||    監獄☆日記    ||Φ|(T|T|)|Φ||
2005年05月11日(水)

平成16年5月11日(火) 勾留1日目

テーマ:監獄☆日記

 朝7時までの仕事を終わり、吉野家で豚丼を食った。その後コーヒーショップで前回の答練の復習をした(労基法)。

 8:30になるのを待ち、電車に乗って自宅のある駅に向かい、ほど近い床屋で髪を切った。

 コンビニで昼飯を買って家に帰り、風呂に入ってシャワーを浴びた。

 寝酒の缶チューハイを飲みながら北村庄吾のサイトを冷やかし、メールチェックをして、さあ寝ようかなとトイレに立ったときに、玄関のチャイムが鳴った。

 

 「はい、なんでしょう?」

 「ケーサツですが」

 「はい?」

 「警察ですが」

 

 いったい何だろう? とドアを開けると、2人の男が立っていて、バタバタと玄関先を見回したあと、身分証を提示された。1人は、「○○県警」と書かれた小さめの段ボール箱を抱えていた。


 「○○さん? ちょっとお伺いしたいことがあるんですが、上がらせてもらっていいですか」

 「え、あの、散らかってるんで困るんですけど」

 「じゃあ、表の車の中で話しましょう。うちらだってこうやって静かに来てるんだからさ、聞いてもらわないと」


 向かいの駐車場に停められた1BOXの後部座席に乗り込むと、さらに2人の男が乗っていた。

 

 「うちら○○県警なんだけどさぁ、××のことで、なんか心当たりない? △△とか」

 「いえ。別に・・・」

 「ホント? あるんじゃないの? □□とか」

 被疑事実を告げられ、私には心当たりがあった。

 「××ですか?」

 「そう! あなたに間違いないでしょ。じゃあ、これから警察署に一緒に行ってもらいますから。着替えと、あと洗面道具持って。歯ブラシがない? いいよ、中でも買えるから。いまいくら持ってる?」

 1万7千円です、と答えると、あ、それだけあれば十分だと言った。

 今日、社労士試験を申し込むつもりで下ろした金だった。


 途中、○○警察署を通りかかったときに、「うおっ、警察だ!」と、若い刑事が叫んだ。

 やはり同業ということで、興味があるのだろうか。

 運転手の刑事が、「寒くないですか」と気遣ってくれた(のちにこの人が、捜査二課長と知る)


 警察署の取調室。

 被疑事実と逮捕状が示され、「まあ形だけだから。じゃあ逮捕します」と、刑事3人が見守るなか、私の両手首にガチガチと手錠が下ろされた。

 私は、逮捕されたのである。

 

 

【過去の過ちを振り返って】

 

 今読み返しても、血の気が引く思いだ。

 逮捕されたあとは、手錠は外してポケットにしまい、つけられた縄を腰に回され机に結び付けられる。

 担当の刑事が席をはずして、その間別の刑事が話し相手になってくれたのだが、その人はいきなり靴を脱いで、それが臭かった。まるで拷問だ。

 「心理的圧迫を加える捜査手法なんだろうか」と、本気で思った。

 逮捕されて、まず取られる書類が弁録書と呼ばれる「弁解録取書」。

 逮捕されての被疑者の第一声を記録する書類なのだが、なにぶん「弁解」である。

 まるで言い訳を書き留められているようで、抵抗があったが、私は「1.逮捕事実に間違いありません

2.当番弁護士を呼んでください」と「弁解」した。

 手錠は片手でガチャリと掛けるのではなく、両手でカチカチと掛ける。

 「ガチャって掛けないんですか」と聞いたら、「そんなことやらないよ、痛いし。やってみる?」とのことだった。

 

 

               ps

                    (勾留された警察署全景)


 

 鑑識の人が来て、それ用の小部屋に行き、写真撮影と指紋を取られた。

 そのあと、留置場の入り口にある小部屋で、身体検査。パンツ一丁(パンツは金属探知機で調べる)。

 持病はあるかだの武道の心得はあるかだの、そんなことを聞かれた。

 「あなたは逮捕され、勾留されることになる。我々に刃向かったり、殴りかかったりすれば、それだけ勾留が長引くことになる。十分注意するように」という貼り紙があった。

 服を着て腰縄手錠、毛布を渡される(敷いたり、掛けたり、枕にしたりする)。


 6時半に留置場に入り、前かがみでひざから入房すると、3人いて、晩飯を終わった直後らしかった。

 50代くらいのおじさんに、「じゃあ、メシ食っちゃってください」と勧められ、仕出し弁当の晩飯を全部食った。

 「初めてパクられると1週間ぐらい飯が喉を通らない」と言っていたが、私の場合は平気だった。

 若い男が、「何やったんですか」とうるさい。

 もう1人は、中国人のようだ。

 食べ終わって横になると、すぐに睡魔が襲ってきた。何しろ前日は寝ていない。


 8時ごろから房ごとに順番に出され、歯磨き。就寝前点呼があり、午後9時、消灯。

 右も左もわからない。とりあえず、よく眠れた。

 

 【「代用監獄」とは何ですか? 】

知ってください 『当番弁護士』

underarrestさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス