アウェイ北九州戦 | Una VOZ

Una VOZ

Shonan Bellmare FC supporter N.Takahashi's blog.


テーマ:
今節はアウェイで4位北九州と対戦。J1ライセンスを持っていない関係で昇格もできなければプレーオフにも出場できないシーズンにも関わらず、今季躍進を続けている北九州に対してアウェイでどれだけやれるか、しっかり勝ち切れることが出来るか、来季に向けての準備としては良い対戦相手であった。前節からのスタメン変更は3人。右ウイングバックに藤田征也、ボランチには石川俊輝、シャドーには岡田翔平が入った。
{FE24A8A1-28CC-49A3-9726-35A896FFEA4C:01}
試合は5分、武富孝介がファーストシュートを放つ。13分にもゴール前に切れ込んだ永木亮太がロングシュートを放つ。試合序盤からボールを支配してゴール前に次々と選手が入り込んでいく湘南は27分、ゴール前で武富孝介のパスを受けた藤田征也がシュートを放つ。36分、中盤でフリーとなった永木亮太がロングシュートを放つ。40分にも藤田征也のパスを受けた遠藤航のクロスに武富孝介が頭で合わせるが、シュートは枠を外れる。前半湘南の放ったシュートは8本に対して北九州は0本。湘南が圧倒的に試合を支配しながらも、ゴール前のブロックをこじ開けることができず決定機自体は少なかった。
後半に入ってもボールを支配する湘南は51分、ゴール前にドリブルで切れ込んだ石川俊輝がシュートを放つ。その後も走力を生かし前へと向かう湘南に対して、北九州もボールを奪うと素早いカウンターで応戦。56分、58分と立て続けにクロスバーを叩くシュートを北九州に放たれる。攻守の入れ替えが後半に入り激しさを増す試合展開、湘南は59分に石川俊輝に代えて岩尾憲、68分には岡田翔平に代えて中村祐也を投入。この試合、どちらに転ぶかわからない状況を打開したのは湘南の交代で入った選手達であった。72分、細かいパス回しから右サイドに展開すると、岩尾憲のクロスに中村祐也が頭で合わせてゴール。ついに試合の均衡を破る。中村祐也は2012年6月9日富山戦以来のゴール。度重なる大怪我を乗り越えて奪った久しぶりのゴールにサポーターは歓喜した。なおも攻める湘南は85分に藤田征也に代えて宇佐美宏和を投入。88分素早いショートカウンターから右サイドにボールを展開すると、宇佐美宏和のクロスを武富孝介がゴール前に落とし、このボールに飛び込んだ菊池大介が押し込み2点目を奪うことに成功。菊池大介も7月20日の熊本戦以来久しぶりのゴールとなった。終了間際に2点のリードを奪い試合を決定づけたが、ここで走力を緩めず畳み掛けることができるのが良い時の湘南、90分右サイド宇佐美宏和のクロスを相手DFがクリアを誤りオウンゴール。91分にも中村祐也のクロスに武富孝介が頭で押し込み4点目。相手が終盤得点を奪いに前に出てきたところをうまく抑え、逆にボールを奪ったら何人もの選手がゴール前に入り込みゴールを奪う湘南らしいサッカーを最後まで見せて勝利。次のホーム最終戦でも湘南らしいサッカーで勝利を。

N.Takahashiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス