写真は殺害された端山将明さん(67)/ブラジル・アゴラより、16歳の少年が逮捕されています。

写真記事:4/17:Agora Idoso morre com tiro no peito ao tentar evitar assalto

https://agora.folha.uol.com.br/sao-paulo/2019/04/idoso-morre-com-tiro-no-peito-ao-tentar-evitar-assalto.shtml

 

記事:時事4/17:邦人男性、胸撃たれ死亡=サンパウロの自宅で-ブラジル

 【サンパウロ時事】ブラジルのサンパウロ市南部サコマン地区で15日午後8時半(日本時間16日午前8時半)ごろ、現地在住の端山将明さん(67)=本籍横浜市=が自宅で強盗に胸を撃たれて死亡した。サンパウロ州公安局が16日明らかにした。関係者によると、端山さんは幼い頃にブラジルに移住した。

 警察などによると、端山さんは家族と夕食中、自宅前に不審な車が止まったのを察知。男2人が降りてきたため、戸を閉めようとしたところを撃たれた。

 サンパウロ市では最近、邦人の強盗被害が続発。2017年1月には、40代の駐在員男性が強盗に射殺される事件も起きている。ブラジルの治安は「世界最悪レベル」と見なされ、改善はボルソナロ政権の最優先課題となっている。時事より

 

時事には書いてありませんが、二人組の拳銃強盗は何も盗らずに逃げています。この家には端山さんの奥さんと36歳の娘さんが一緒に住んでいます。

 

映像:Idoso é baleado após tentar impedir invasão de criminosos =長老は犯罪者の侵入を阻止しようとして射殺される   (2:02)

https://youtu.be/hew-Qyq1DEQ

 

主張:このyoutubeの書き込みに『武器なしで阻止?あなたが武装していれば盗賊を殺していたでしょう』とあります。相手が犯罪者であれば、武器なしで抵抗はできません。抵抗=殺害を意味しているからです。ブラジルでは躊躇なく発砲し、相手の命を奪います。核兵器を持った国に憲法九条が何の役に立ちでしょうか?憲法九条の日本人と言うだけで、これから治安悪化する世界では、寿命が短くなることを意味しているのではないですか!治安悪化はブラジルは極端としても世界中で進行中です。

 

写真はドウトール・オジロン通りの端山さん宅/youtubeより

 

事件現場のストリートビュー/ R. Dr. Odilon, 429 - Vila Brasilina, São Paulo SP ブラジル

https://goo.gl/maps/Aqikme3QKS22

 

事件現場のグーグル衛星写真/ R. Dr. Odilon, 429 - Vila Brasilina, São Paulo SP ブラジル

https://goo.gl/maps/wcT24j7zQ762

サンパウロ動物園まで南南西2.3km、コンゴーニャス空港まで西4.5km