「Fukushima 50」を観てきた | 競売不動産で海外移住

競売不動産で海外移住

競売による物件落札で人生が大きく好転、セミリタイアを実現し2013年より家族でのマレーシア移住を開始。競売と日々の生活情報を気ままにアップしていきます!

こんにちは!
「競売大好き」です。


昨日遅ればせながら「Fukushima50」がマレーシアで上映している事を知り、調べると明日までの上映であったため本日家族で鑑賞してきました。


入場料は大人14RM(約350円)、子供9RM(約230円)ですから日本に比べると破格の安さです。


因みにテブラウイオンの映画館TGVでは、ポップコーンとコーラのセットを5RM(約130円)で販売してます。




マレーシアで映画館に入るのは初めてです。


ソーシャルディスタンスで、隣り合わせにならないよう一席ずつ空けて販売されていました。




「Fukushima50」は、地震と津波の被害によって壊滅的なダメージを受けた原子力発電所で、当時現場勤務されていた方々の生々しい記録を映画化したものです。


外部電源を失った中、命懸けで日本を家族を守ってくれた尊い行動に、感極まりました。


映画では、これまで私が知らなかった当時の現場の状況を詳細に再現しています。


2011年当時まだ1歳にも満たなかった息子は東日本大震災の事について全く知らず、途中から「日本が大変な事になっちゃう。もう見ていられない。」と呟きました。


この原発事故が、私達にとってマレーシア移住を決断することになったきっかけとなります。




そして、現場で尽くしてくれた方々がいたこと、被害にあわれた方々が沢山いらっしゃったことを認識してくれたことと思います。




因みに音声は日本語、字幕はマレー語、中国語、英語の併記です。


映画館は凍えるほど寒いと聞いていたので、家族全員長袖完備でした照れ


映画の後は、いつものチキンライス屋さんでテイクアウト。




レストラン「Kang Bee Hong」。


海南鶏飯5.2RM(約130円)


ご覧頂き有難うございました!



ランキング投票にご協力をお願いします目

↓↓↓


マレーシアランキング

 

欲しがってばかりですいません。。目

↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村