今日も暑いですね。

毎年、土用の丑の日は

店内飲食はないので、

接客は

バイトさんたちにおまかせして、

鳴りっぱなしの電話に

ひたすら応対してました。



今年は

電話予約の受付は前日まで!とし、

当日のご予約は

泣く泣くすべてお断り。


店売りの分を

当日のお電話での

予約や取り置きにあててしまうと

わざわざ

店に出向いたのに

買えないのは

不公平だとの意見を

去年いただいたので、

繁盛期の店内飲食同様に

来店順に

店頭売りのかば焼きは

買っていただくスタイルに。



店頭に

かば焼きがあっても

マックスで炊き続けたごはんは

どんどん予約だけで消費され、

どのみち

当日の飛び入り注文は

弁当こそ対応できなかったし(T∀T)



当日の予約は

受ければ受けるほど

儲けたでしょうが…(笑)



あーもったいない(T∀T)



ぶっちゃけ

あの小さな店と

わずかな人員では

これがキャパ限界。



ご所望くださったのに、

商品をお渡しできなかった

みなさま、

お許しくださいm(__)m



そもそも
国産うなぎの
入荷数に限度があるのに加え、
実は大将の体調の維持も
ギリギリな感じです。


営業時間が以前より減り、
稼ぎ時に怠けてると思われたら
大将が可愛そうなんで
ぶっちゃけますが、
ハンパない猛暑に加え
店内に
コロナウイルス感染予防策として
厨房と客席の間に
ビニールシートを張った結果、
厨房は
以前とは比べものにならない
酷暑となっていて、
呼吸のたびに肺がやけどを
したような状態に
なっているそうです。


長い間、
体調が優れないのは
何かのアレルギー反応ではないかと
前から通院してたけど
悪化する一方だったのは
根本的に
病気ではなく
ケガだったからですね。



大将の身体への負担が
大きすぎるため
現在は
それを考慮しての
営業時間となっております。


大将が
何がなんでも
この環境で
炭火焼きにこだわる以上、
無理をして
継続できなくなるより.
少しずつでも
末永く
お客様に食べていただくほうが
優先順位として
大事かなと判断しました。


今回は
土用の丑の日の準備のため
ぶっ通しで
やむなく無理をし
ダメージも大きそうなので
すこしまとめて
休んでもらっています。

それに
高知県内に限らず
コロナウイルス感染状況も
悪いですよね。

やっと
1グループの人数も増えて、
冷たいアルコール類も
よく出るようになった矢先、
こんな狭い店内での飲食は
どうなんだろうと
また悩んでいますが、
やはり
大将のモットーである
安心安全を優先し、
繁盛期であっても
また
テイクアウトのみに
切り替えるなどして
のんびり
成八ペースで
やっていくしかなさそうです。




土用の丑の日でなくても
美味しいうなぎ、
大将が焼きますから、
コロナ禍、落ち着いたら
ぜひ
食べに来てくださいね
(^o^)/~~


店に
携帯からお電話くだされば
電話応対ができない時でも
おりかえし
07022105595から
ショートメッセージが
届きますので、
お問い合わせ等に
ぜひご利用ください。