先日の母の精神科通院は私がペットの看病により欠席(=´;ω;`=)
前回に引き続き、妹一人で引率してもらいました。
その際の情報を妹に報告してもらったのでまとめときます。



入所してからの母は基本テレビを見てぼーっとしている日々なので
やはり在宅時より能力はかなり落ちているようですorz
先生に指示されたテストがまったくできなかったみたい。
リズムにのって手を叩く…というやつだったんだけど。



最初の一回目は叩けてもその後が混乱してしまって続かないみたい。
叩き方を守ろうとすればリズムが崩れて
リズムにのろうとすれば叩けないって感じだったって。



…目に浮かぶようだわー。

まぁ在宅時から2つのことは同時にできなかったけどさ、

最近はそれが目に見えて進化(!?)してるもんなガクブル



まぁそんなこんなで前回に引き続き、テストは出来なかったとのこと。

今回の診察はいつもよりゆっくり話をしたそうで。

次の介護認定更新の際、介護度の維持が危ういかも…

と施設から言われているということも伝えたらしいんだけど、

それを聞いた先生の反応が…。



はあっ!?これで要介護じゃないなんてありえないよ!

心配しないで大丈夫だよ!

あっもう意見書書いちゃう!?



…だそうで。

いや、まだ意見書ないから(笑)

でも相変わらず頼もしすぎです先生!!うわぁ~ん

もともと…在宅では厳しい、施設入所が好ましいってご意見だもんね。


日常生活に介助なしなんてありえないよねーとしきりにおっしゃってたよう。

ですよね、やっぱそう思いますよねーorz

私たちもそれが不思議でなりません…。



入所してるので提携医がいて、本来ならそこで書いてもらうけど

先生にお願いすることも不可能ではないと言われた旨を伝えたら…

もう先生書く気満々!

更新時期にあわせて次回予約を入れてくださったそうで。

いつもいつもありがとう先生うわぁ~ん



私がそれどころではなくなったので

ケアマネさんとの面談が先延ばしになってしまっているけど、

早めに予定を組んで意見書をどの先生にお願いするか決めなきゃ。



私と妹としてはやはり精神科の先生にお願いできたら心強い。

専門医に書いてもらう方が状態に合った判定がおりやすいって聞くしね。

妹の仕事が落ち着いたら面談の時間をとってもらおう。



更新の話が出てからすごく不安だったけど

先生が「不安になることないよ!」って言ってくれたし…

ケアマネさんも万全の状態で認定調査を受けられるよう

母の観察に励んでくれているみたいで…

ほんとうにすごく心強いですえーーーん



ありがとう先生!ありがとうケアマネさん!

最もいいかたちで認定調査にのぞめるといいな。



ちなみに一人での病院引率は非常に大変。

妹がげっそりしていて悪いことをしたよ…ガーン!!

私も一度行ったけど、本当に本当に大変なんだよね。

会計してて目を離すともういなくなってるからねあせる

そういう時の動きは驚くほど速いんだ(笑)

待合室では空気読めないから大声で不適切な発言したりするし。

体力以上に精神力が必要という。



次回は私もちゃんと行けるといいなぁっていうかぜひ行きたい(´3`)~♪

2回続けて行ってないから先生にもずいぶんお会いしてないし。

年明けには一度夫の赴任先に行く予定があるから

きちんとスケジュール管理せねば。



フェレットがいなくなってしまってから一週間が経ちました。
少しは涙する時間も減ってきたけど…
外に出るたびに供える花を買うのをやめられず、部屋じゅう花だらけ汗

動物病院の先生がくれた立派なお花とお手紙は

あの子の写真の一番そばに飾ってあります。



つい涙してしまうのは、なぜか一緒にすごした楽しい日々より

最期の瞬間を思い出してしまうことが多いからだろうな。

あの瞬間に抱っこをしててやれなかったのがすごく心残りで。

気持ちが落ち着くまでは花まみれでもいいよね。

綺麗だしねほのぼの

いろんな花の匂いが混じって部屋の中がカオスだが。



問題はいつ母に言うかってこと。

フェレットが闘病してたのは母も知ってるから

行くたびに元気かって聞かれるんだよね。

娘には心配しないがペットには異常な心配性を発揮するから(笑)

真実を伏せとくのもありなんだけど…妹とその辺りは要相談かな汗

なくなったことを伝えるときは写真をあげればいいかな。

犬の写真も毎日眺めてるらしいし。



…犬はまだ絶賛ご存命中@健康そのものなんだが。



にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村


クリックいただけると嬉しいですキラキラ

ひよこチキンが励まされます!