結論から書くと、メッチャ泣いたえーん話です。

 

 先日、バンダイチャンネルの見放題会員に登録したんですが、無料期間(※最初の一ヶ月間は無料)が終わりそうだったので、そう言えば…と、途中まで見ていた『ゴーストハント』の残りを一気視聴しました。

 

 

 

 

 ご存じ無い方もパッケージの雰囲気とタイトルでわかると思いますが、めっちゃホラー作品です。真冬にホラー💦

 

 この作品は今から14年前(2006年)に放送されていた2クールのアニメでして、元は同名タイトルの漫画なんですが、原作は“十二国記”でお馴染みの小野不由美先生による“悪霊シリーズ”という小説です。(※Wikiより)

 

 確かこのアニメを見たのがリアルタイムでは無かったんですが、真夏に見ていたのに背筋が凍る程メチャクチャ怖かったという印象があります。えーんそれでも何故見たのかというと、設定やストーリーが面白いのと、“ぼーさん”というキャラクターがメッチャ好きだったからですね…ラブ

(※視聴当時、同時期にパラキスも見ていたので、一気に浜賢さんのファンになりましたラブラブ

 

 

 何故今更そんな昔の作品を見たのか…ですが、私とても恥ずかしい&失礼な事に、“声優オタク”だと自負しておりながら、この作品の主役である渋谷一也(ナル)役を演じられていたのが泰勇気さんだと、つい最近まで存じ上げませんで…えーん(どれだけぼーさんばっか見てたのか!)

それを知ったのが、泰さんのゲーム実況を見ていた時だったんです。(本当失礼!!💦💦💦)

 

 それで改めて『ゴーストハント』を見たというわけなんですが、10年以上経ってるのに怖ぇ怖ぇ!アセアセFILE1~FILE5までは見れたけど、6~7まで一気見する気力が残って無かったので、途中で頓挫してたというわけです(笑)

 

 で。

 

 今回FILE6~7まで見たわけなんですが、回を追う毎に怖さが増している!?笑い泣き

というか、昔よりも今見た方が怖いと感じるのかも。若い頃の私はホラー好きだったんですが、最近めっきり怖いのダメになってしまって……6~7本当怖かったです。ぐすん

 がしかし、面白いは面白い。

 

 それでふと、「この作品てアニメで放送された分で全部なのかしら?」という疑問が湧きまして、…というのも一応、漫画は少女漫画だし、恋愛要素もちょっと描いてはいるので、主人公の麻衣がナルとどうなるのか…ってとこは気になってたんですよね。ナル本人は氷のようにクールなのに、夢の中だとメッチャ優しかったので、ワンチャンこの先何かあるのかな、と。

 

 それで漫画作品を検索したら、いなだ詩穂先生の漫画は全12巻で完結してまして、どうやらそのうちの1~9巻までがアニメ化されているようで、10~12巻に収録されている“忘れられた子どもたち編”(悪霊シリーズでいうところの7作品目?)が丸々未視聴だという事がわかったので、漫画で補完する事にしました。

 (何故原作小説を読まないのかって?そっちの方が怖いに決まってるからだよ!!えーん

 

 

 

 

 

 シリーズ最高と言ってもいいくらい怖かったんだけど(漫画でも怖い!!!)、こんなに泣かされるとは思わなかったです。

(※怖くて泣いたんじゃないよ!!)

 

 最後にとんでもない謎が隠されてまして。

ナルが普段めちゃくちゃクールなのに、何故夢の中ではあんなに優しいのか、の謎がちゃんと解けます!!そしてそれがとても切ない!!!えーん

 どう切ないのかと言うと、以前ご紹介した『ふーことユーレイ』シリーズに近い切なさですかね…。

 

 メチャクチャ怖かったけど、検索してちゃんと最後まで漫画読んで良かったわとしみじみ思いました。こんなに泣けるラストになってたなんて、アニメ視聴だけでは想像出来なかった!アセアセ

 

 このエピソードもアニメ化すればいいのに…とかちょっと思いますが、最後ナル的にはどうなのかなっていうモヤっとした部分もあったりして💦(う~!えーん結末知ってる人と小一時間話合いたい!!笑)

 でもぼーさんの謎解きショーはアニメで見たかった気がしますにやりキラキラメッチャシャベッテタ!!

 

 

 という事で、アニメは見たけど漫画or原作読んで無いからラストを知らない方や、ホラー作品大好きだけどまだこの作品に巡り合って無い方、泣けるラブストーリー大好きだよって方に、『ゴーストハント』オヌヌメやで!っていうお話でした。ウシシ