エブリスタで開催されていた公式コンテスト『竹書房 最恐小説大賞』の、“連作短編賞”最終候補作品に、私が以前書いた『曰く堂(前編)』という作品が選ばれていました!ウシシ

…というも、昨日発表されていたようなんですが、私の作品が載っていると気づいてくれた方からの祝辞のコメントを見てやっと気づいたという次第でして💦

 

 この作品を執筆したのが下手すると15年位前だったりするので、全然こんな事になるとは思ってなかったんですよね…💦“100作の優秀作品には選評が貰える”って書いてあったので、これに上手い事引っかかってくれれたらいいなぁ程度の気持ちで応募してましたスミマセン!えーん

 

 でもせっかく最終候補に残ったんで、これを機にこの作品を読んでくださる人が増えたらいいなぁと思っております。ニコホラー作品ではありますが、ラブストーリーでもありますので、ご興味あれば是非ご一読ください♪