土曜日出勤
少し早く家を出て 朝マック
そんな朝 流れてた曲

CHICAGO 「Saturday In The Park」

土曜日だから…
別にBCRの「Saturday Night」でも良さげ
でも 今朝はこの曲の気分
1972年リリース
LP『Chicago Ⅴ』収録


♪土曜日の公園で
 それは7月4日の事だったと思う…

ほのぼのする感じのメロディー
なんとなく陽だまりの中にいるような
雰囲気のする曲だけれど
反戦を歌った曲なんだってね

CHICAGOってそんなに聞いてないけれど

「長い夜」とこの曲は好きやな


7月4日はアメリカ独立記念日
この曲がリリースされた頃は
ベトナム戦争もうすぐ終結かって頃
のんびり寛ぐ土曜日の公園
そんな土曜日 戦場にいる者…
何気に曲を聞いてるだけだと
分からないものやね

何だろ? 今日は起きた時から
ずっと体の調子 良くないな
明日しっか体 休めよう
でもコイツ 朝6時に起こしに来るからな💦

ラテはお疲れモード



【Saturday Night】

 

 

今日は会議で ほぼ1日

頭使って喋るのってホント嫌い 疲れる

 

THE DOOLEYS 「Wanted」

 


兄妹そして旦那
ほぼほぼメンバーはドゥーリー家という
8人編成のイギリスのグループ
ノーランズがブレイクするちょっと前
普通に女性ヴォーカル・グループって思ってたけど
バンド含めてのファミリー・バンドやったとは
まったく知らなかった
年明けにアラベスク取り上げて
懐かしいディスコ・ブームの頃 記事にした


ドゥーリーズの「Wanted」
1979年リリースされ ブームに乗って大ヒット

 

♪あなたはこれまで求めていたもののすべて

 今の私にはあなたの面影がすべて

 あなただけを想い

 あなたの愛を求め続けて生きる…


ディスコ・サウンドと呼ばれたこれらの曲
当時はサラっと流して聞いてた感じやった
今 あらためて聞いてみると
なかなかポップでキャッチーな音なんよね
FMでホント久しぶりにこの曲聞いたけど
歳食って 昔とはまた違った感覚で聞けた気がする

他にもヒットしたみたいやけれど記憶に残ってない
ディスコ・サウンドで耳タコやった
いろんなグループやヒット曲
アルバムまで聞きたいなって思う事
あの頃まず思わなかった 
忘れかけてたけれど
このシングル盤 家にあったな
実は当時から気に入ってたんやろね

黒猫 最近 嫁さんにベッタリ ずっと横にへばりついてる

 

【Wanted】

 

日中 暑いぐらいやったけど 夜になると…

この気温の変化 体がついていかないな

FMでオリビアの歌流れてきたって思いながら聞いてたら

何か違う 誰が歌ってる?

 

DELTA GOODREM 「Xanadu」

オリビア・ニュートン・ジョンが主演した
映画の主題歌である「Xanadu」
公開時は賛否両論やったけれど
個人的には大好きな作品
この曲のカバーを聞いて 気になったんで

いろいろ調べてみた
歌ってるのは デルタ・グッドレム
この人の事 これまで全く知らなかった


オーストラリアが生んだ歌姫
21歳で癌を発症するも克服
日本でも JUJUとのコラボレーション
「LIVE! TOGETHER~ Tokyo Girls Anthem~」リリース
松下奈緒主演の映画『アジアンタムブルー』の主題歌を
松下奈緒のピアノをバックに歌ってるとか
十数年前 結構話題になってた人なのに…
近年 オリビアのバイオドラマなるものが製作され
このサントラをデルタが歌ってるよう

『I Honestly Love You』


「Xanadu」もこのアルバムに収録
演奏はほぼオリジナルに忠実
デルタの声はオリビアに比べて
太く パワーあるんで やや違和感あるけど
これはこれで またいい雰囲気かも
このドラマ 見てみたいな

今日は休みだけれど

朝から車2台点検に出して 嫁さんの車 スタッドレスタイヤに交換

結局 ほぼ1日仕事

 

ラテは暖かい場所で寛いでるけれど 近づくと文句言ってる

朝 そろそろ出動しようと思ったら足元にまた猫 落ちてる(笑)



【Xanadu】

 

気持ちに波ある1日やった

いろいろ考えてしまう 

心に染みる曲をチョイス

 

ROD STEWART 「You're In My Heart」

1977年リリース
邦題は「胸につのる想い」
『明日へのキック・オフ』からの1st シングル
『Foot Loose & Fancy Free』

 


高校入学した頃 この曲 よく聞いた
切なくなるような優しいアコギの響き
ロッドが歌うバラードは絶品
泣いて笑って時には怒って…
毎日 何かに反応して面白可笑しく生きてたあの頃
深夜 ひとりの部屋でロッドの曲 流してた


シンプルな曲調 フィドルをフィーチャー
カントリーっぽい香りもする
多感な時代やったし 
心に染みたよな この曲


でも最初は食わず嫌い
女子に教えられて 聞かされて
気がつきゃ お気に入りってのは
毎度お馴染みのパターン
聞く音楽 見る映画 とにかく偏っていて
今みたく ごった煮なblogなんて
絶対に できなかったやろな あの頃  

 

♪君は僕の心の中
 君は僕の魂の中
 君は年を重ねた息遣いの中
 君は僕の恋人
 君は僕の親友
 君は僕の魂の中…


若かった頃 何度も心癒してくれたバラード
無性に今 この曲を聞きたくなった

昨日 注射してもらって調子良さげなココ

 

キャラの変な寝方2態


 

【You're In My Heart】

 

 

朝から雪降ってる… 寒いはずや

『個人教授』 (1968)

薄っすら雪が積もってるのを
ニャンズたちと窓から見てたら 
映画『個人教授』のスキー場のシーン 思い出した
中学の頃 TVで見て
作品 そしてナタリー・ドロンにハマった
年上の女性との叶わぬ恋 憧れたな
大晦日に亡くなった

ロベール・オッセンが運転するランボルギーニミウラ
ここで流れる「Generique」 大好きな曲


フランシス・レイが音楽を担当

 


ニコール・クロワジルが歌う「愛のレッスン」が有名だけど
作品中 形を変えていろんなシーンで流れる
このメロディーがいいんよね


ルノー・ヴェルレーが足漕ぎバイクに
ナタリー乗せて 街中を疾走するシーン
スキー場 雪の上で戯れるシーン
どれもこれも好きだわ

 


公開時 フランスではEPのみリリース
日本だけでLPがリリースされてた


映画見てすぐ LP買ったっけ
ちょうど再発された時やったようで 抜群のタイミング

 


数年前 アルバムほぼ全曲 フランスでCD発売
日本みたく評価高くなかったからか
サントラリリースまでに時間かかった
昼前には雪もやんで あとは早く解けてくれればOK

明日 道路凍結したら たまらないからね

運よく今日は休み 雪見ながら 

呑気にこの曲 映画 思い出してた

ニャンズ 雪見て固まってる

 

いつもより今朝は寒いな 何じゃこりゃ?って感じかな


【Generique】

 

【Where Did Our Summers Go】

 

【La Leçon Particulière】

 

♪安らかに眠れ
 今 天国があなたの住む場所…

GARY MOORE 「Rest In Peace」

 


1981年にレコーディングされたもののお蔵入り
1983年 ゲイリー・ムーアの人気に火がついた
日本のみで 当初リリースされたLP 
『Dirty Fingers』のラストに収録
当時契約していたJET RECORDとの確執から
レコーディングしてもリリースされない状況
こんないきさつのある音源であり
この曲 ライブで披露されることってなかった
ゲイリーの作る泣きのバラードは絶品
ライブでやって欲しかった曲

今日仕事中に悲しい知らせが届いた
FBで知り合った女性
我が家にやってきて間もないチャイを
気に入ってくれたのがきっかけ
心身のバランス崩れそうな時
心配して声かけてくれてた
昨年夏 リウマチ発症 凹んでた時も
無理しないでって…
何でなん? 悲しすぎるやん

頭の中 まったく整理ができない

あの頃のチャイ


毎度毎度 変わったことばっかしてたヤンチャな頃
昨夜はこんな感じ


新しい三日月型の爪研ぎで試し研ぎ

いつもいいねしてくれてたんで FBはチャイだらけ 

そしてその後ニャンズ軍団へと続くことになった


頑張らないで やってくよ いつも言われてたように


安らかにお眠りください…

【Rest In Peace】

 

アンガス・ヤング もう65歳かぁ

AC/DC 「Let's Get It Up」

 


半ズボンにランドセル背負い…
スクール・ボーイ・ファッションでSGを弾く
アンガス・ヤング率いるAC/DC
あまりにもクセが強過ぎて
長らくの間 聞いてなかった

ヴォーカルの声が好きじゃなかったんよね

1981年にリリースされたLP
『For Those About To Rock We Salute You』

 


『悪魔の招待状』なる邦題が付けられたこのLPに収録
ヘッドバンキングしながらギター弾いてるアンガス
AC/DCらしい ミドルテンポのヘヴィなサウンド
何度も繰り返されるリフが印象に残る
この曲は後日 少しの間 バンドでコピーして演奏してた
後にも先にも彼らの曲 コピーしたのって
この曲だけだわ

アルバムリリース後 2度目の来日
大阪フェスティバルホールで彼らのライブを観た

このパンフ 今も実家にあるわ

 


軽音の先輩バンドがコピーしてた
「ハイ・ヴォルテージ」
「You Shook Me All Night Long (狂った夜)」

 


そしてこのアルバム 『悪魔の招待状』ぐらいしか
聞いたことないのに 
チケット余ってるってツレに勧められ

BANDの練習終わってから 一人でフェスティバールホール行って
前から5列目ぐらいのベストシートで観戦
会場に鐘の音が響き渡り開演
アンコールで「狂った夜」登場
ステージで大砲発射(もち空砲)が話題になった
「悪魔の招待状」

 

この曲 大阪公演以外では
会場の許可が下りず 演奏しなかったとか
コレ 後日知ったんやけど 
ラッキーやったな いいもの見せてもらった

昨年 久しぶりに
ニューアルバムをリリースした AC/DC
最近彼らの名前を耳にする事あって
朝からいろいろ思い出しておりました

しかし このblog初めて十数年

AC/DCを取り上げるのって確か初めて

来日公演観に行ったのもすっかり忘れてたなぁ

Cool & Dry Cat ラテ 

珍しくタワーの穴の中 調子でも悪いのかなって思ったら

しばらくしていつもの場所へ 何か思う事あったのかいな

 

【Let's Get It Up】

 

【For Those About To Rock We Salute You】

 

【You Shook Me All Night Long】

 

今日はこれまでにまったく縁のなかった曲

 

BELINDA CARLISLE 「Leave A Light On」

 

元ゴーゴーズのヴォーカリスト ベリンダ・カーライル
彼女が1989年にリリースした1曲

80年代 我が国でもヒットした Go GO's

当時 全く聞いてなかった

雑誌でもよく見かけたけれど アルバムジャケットのせいかな

あんま好みじゃなかったんよね

 

 

この3枚 ジャケットは覚えてる

アメリカン・オールディーズの雰囲気するジャケット

完全に食わず嫌いやったバンド

先日 ばんばひろふみの番組聞いてたら

リクエストで流れた曲

スライド・ギターの音色が心地良かった

「Leave A Light On」

1989年リリースのLP 『Runaway Horses』 収録

 

ベリンダってオバさんチックなルックスで怖い印象やったけれど

いい感じで歳を重ねて イメージ変わってたんやね

ヘアスタイルのせいやろな

全く知らなかったわ

さて 間奏のスライドギターソロはジョージ・ハリスンが弾いてる

音聞くだけでなんとなく分かっちゃうのが凄いな

ジョージのギター いい音で響いてる

いい仕事してるね

しかし意外な組み合わせ

どこかで聞いた感じする曲なんやけど このメロディー好み

しかし これまでこの曲 聞いた覚えないなぁ

うん いい曲に出会えたな

 

今日は休み 今日も朝6時に起こしに来たキャラ

有難いけれど 眠たい💦

ラテとコイツは結束バンドで遊ぶのが大好き

しっかり抱えてるでしょ

 

【Leave A Light On】

 

 

年も明けて 徐々にリズムが戻ってきた感

しかし この寒波ハンパないな

雪積もらんだけ良しとしよう

久しぶりに好きな映画 10本 チョイスしてみるか

 

赤い砂漠  (1964)  Il deserto rosso


 

ナック  (1965)  The Knack ...and How to Get It


 

ガラスの部屋  (1969)  Plagio


 

雨のエトランゼ  (1971)  Un Beau Monstre

 

太陽は傷だらけ  (1963)  Les Grands Chemins


 

悪魔のようなあなた  (1967)  Diaboliquement votre


 

バーバレラ  (1967)  Barbarella


 

女王陛下のダイナマイト  (1966)  Ne nous fachons pas


 

女は女である  (1961)  Une femme est une femme


 

アパートメント  (1996)  L'Appartement

 

『血とバラ』 『狼どもの報酬』 『真夜中のカーボーイ』 

『個人教授』 『もういちど愛して』 『いちご白書』 

『あの胸にもういちど』…

他にも好きな作品 いっぱいあるけれど

10作品となると この辺かな ここ数年変わってないな

 

日本映画も1本ぐらいチョイスしとくか

 

死ぬにはまだ早い  (1969)

これは長らく見てないけれど 大好きな1本

舞台となるのは ほぼドライブインのみ

ピンと張りつめた緊張感 この雰囲気 たまらない

数年前CATVで放映されたみたいやけど 見逃した

久しぶりに見たいな

 

とりあえず 今の気分でチョイスしてみた

見直してみても やっぱ変わり映えしないな

 

調子悪かったチャイ 元気になったよう 良かった

ニャンズ 暖かい部屋で自由気まま 各々好きな場所で寛いでるけれど

外は地獄やぞ おい 分かってんのか

 

 

 

 

【赤い砂漠】

【ナック】

【ガラスの部屋】

【雨のエトランゼ Stay】

【悪魔のようなあなた】

【バーバレラ】

【女王陛下のダイナマイト】

【女は女である】

【アパートメント】

 

昔 聞いてた古いテープ出てきた
切れずに生き残ってたけれど
結構ダメージあるな
37年前…仕方ないか

香坂みゆき 「Get Back Tokyo」

1,983年 リリースされたシングル

「ル・ジタン」(このタイトルみたらやっぱアラン・ドロンの映画思い出すわ)

このカップリングとしてリリース

LP 『Selfish』 収録


香坂みゆき「Selfish」

<Side A>
01. One Way Town   
02. Paper Tiger   
03. Tokyo Shadow   
04. メビウス   
05. ル・ジタン
<Side B>   
01. Selfish   
02. Magic   
03. One Night Show   
04. Hotel   
05. Get Back Tokyo 

YouTube検索してみたら
かろうじてアルバム全部の音源upされてた
よく聞いたな このアルバム


ラストに収録されてた「Get Back Tokyo」
当時コピーしてやってたけれど
女性ヴォーカルいなかったんで
結局 ライブで演奏することなかった
この曲を聞かせてもらって気に入って
他の曲も好きになってた

就職決まって結局実現できなかったBAND

この曲と「Magic」は予定に入ってたんよね
日本の歌謡曲のLPでここまで聞き込んだのって
これしかなかったはず
それぐらい大好きなアルバム
CDの時代になって これって結局リリースされてないか
まぁ あの頃 歌手として香坂みゆき 存在感薄かったし

仕方ないのかな

本田美奈子が後に評価されたけど

香坂みゆきも もっと評価されても良かったのにね

歌上手いし ハードテイストな曲 しっか歌いきってる

ソリッドな音が印象に残るアルバム 

後藤次利がアレンジャーしてるからやろね  この音 クセになる

ベスト盤に主要な曲は収録されて聞いてるけど

カセットテープ デジタル化するしかないか

昨日 腹の具合悪くてしんどそうやったチャイ

暖かい部屋でしっか寝て 少しは良くなったのかな

シマシマンズは相変わらず ラテ姉さんはお決まりのポーズ


【Selfish】

35:05~ Get Back Tokyo
23:22~ Magic