うみづり研究所 アンダーベイト室 研究員 クロダイ | うみづり家の釣果+うみづり研究所

うみづり家の釣果+うみづり研究所

大阪北港マリーナから出航している釣り船屋
うみづり家の釣果・入荷情報や
日々の事を書いています!
うみづり研究所では
研究員のこだわりや、感じた事を
おもしろ、おかしく、真面目に
研究発表しています^ ^
お気に入りの研究員さんを応援してあげてください。


テーマ:
うみづり研究所
アンダーベイト室
研究員 クロダイ


いよ☓2、待ちに待った
アンダー・ベイト(落とし込み)釣りが始まります😂😂😂

私は、この釣りの『拘り』一切ありません〜!
🤣🤣🤣

ただ☓2、楽しみの釣り🎉🎉🎉

この釣り(!)釣れたサカナが狙いの魚😁

上層のベイト(イワシなどの小魚)を特殊な加工で造られたサビキで喰わせ、そのベイトを底付近に落として、高級根魚のアコウやヒラメ!大型ガシラなどを狙う‼😁
また、底から3〜15m内ではブリ、メジロ、サワラ、大アジ、大サバも釣れるので楽しみが満載😂😂😂

初心者の方でも、以下の注意事項を守って頂ければ充分楽しめる釣りですよ!😁
①竿は7:3タイプ以上で感度の良い2、4m〜で
錘負荷60号以上、ガイド通りが良いもの。
②電動リールは中型でPE2号以上。
③錘は基本60号でサビキ仕掛け下に30〜50㌢のステ糸を付ける。
④リールドラッグは両手で引っ張ると糸が出る程度に調整するーーです。
⑤リーダーはフロロ8〜10号を1〜3ヒロ。

実践では、船長の『始めてください!』の合図で
仕掛けをベイトのタナ下まで落とすでしが、指示ダナ下付近まで、竿先をシッカリ確認する。
これは、餌となるベイトが針に付いたか?の確認です🤔🤔🤔
ベイトが付く、付かないで釣果に差が出ます。
ベイトが付くと竿先が微妙に振るえるので、これを静かに、底まで落とす。クラッチをフリーにして、スプールに指を押し当てて、底まで落としてから2〜3m巻き上げて待つ‼(ステ糸の長さも計算)😄😄😄

後は、アタリを待つ(!)😂😂😂
大きなサカナがベイトに近づくと竿先がブルブル!😁
ベイトが逃げようと暴れているのです😁
いよいよチャンス到来!😂
竿先が充分に海面に舞い込むまで待ちます😆😆

まだか☓2、の、この時間が病みつき、クセになる一瞬なのです😂😂😂

アタリの種類は、大きく分けて二通り!
竿先が入る!竿先がフケル!で慌てずに対処して下さい。
ブリやサワラ、カンパチなどのサカナは最初に走ります。ある程度ラインを出してから巻き上げて下さい😁😁😁

隣り近所の釣り人が掛けた場合(!)は即座に仕掛けを回収するのが暗黙のルールです😅😅😅
また巻き添え喰らってオマツリ…って事も多々あります😅😅
必ず回収しましょう(!)😄😄😄

仕掛けは、切られる事や根掛かりで失う事が多いので、初めての場合は多い目に!錘も60号を5、6個必要😅😅

🎆異次元の釣り🎊落とし込み釣り🎉🎉

一度体験すれば、世界が変わります🎆🎆😂😂

今後の、貴方の釣り世界を広げる為にも!
アンダー・ベイト(落とし込み釣り)を体験して見て下さい😂😂

初心者の方々には、船で講習的なお話しやラインの結び方も、スタッフが親切に教えてくれます。

是非、この機会に‼

そして、お会いした時はよろしくお願いしますねぇー😁😁😁



うみづり家さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス