「ヨガや、リボーンに出会い、私の人生は私が想像していたものとは全然違ったものとなりました。ヨガがあり、子供がいる今の自分は本当に幸せです」

 

( R・Oさん  35才   )

私は、今年の2月に出産し、1人の女の子の母親になりました。

私が母親になれたのは、由梨先生から頂いた言葉があり、
インストラクターコースの受講があり、
何より、ウミヨガ『産のクラス』を受講したからです。

私がヨガを始めた時、私は子供を産むことについて殆ど考えていませんでした。
なぜなら、妊娠についての知識が、あまりにも稚拙だったからだと、今は思います。

『避妊をしなければ、子供が出来る。』=『子供はいつでもできる』

心のどこかでそう思っていました。
実はそう思っている方、多いのではないかと思います。
なぜなら中学校や高校で、避妊をすることばかり教えられるからです。

『今はまだ子供はいいや。』と思っているうちに年月は経ち、35歳を迎え、
尚、『まだ今は。。。』と思っていました。

そんな私に由梨先生が
『もう若くないんだから、避妊なんてしてる場合じゃないわよ!』と一喝して下さいました。
凄くストレートな言葉で、私の心に入ってきて、素直に
『ああ、そうか。もう若くないから、そんなことしてる歳じゃないんだな。』
と思い、出産について考え始めました。

私は、2015年9月、インストラクターの試験に合格しました。
ちょうどそのタイミングで、10月からの産のクラスが始まることが決まっており、
私は、インストラクターとしての勉強を兼ねて産のクラスを受講することにしました。

産のクラスが始まった当初は、勉強をする意識の方が強く、
妊娠については、まだ自分の気持ちを決めかねている状態でした。

しかし、産のクラスを1回ずつ受講していくうちに、
わたしの心は妊娠したい!!という気持ちへ変わり、
そして、絶対に私は妊娠する!!という気持ちへ変わっていきました。

私をそのような気持ちに変えてくれたのは、
産のクラスで教えられた、今まで知らなかった、妊娠の知識や不妊治療の知識。
真剣に向き合ってくれて、答えてくれるインストラクターの先生方。
そして、一緒の目的・悩みを共有できる仲間の存在でした。

妊娠や不妊で辛いのは、相談しにくいということ、
自分の悩みが、自分だけではないかと思ってしまうことです。
私自身も少なからずそのような悩みは持っていました。
それを聞いてもらえる、答えてもらえる、共有できることで本当に心が楽になりました。

私が、産のクラスで1番大きく変化したのは、夫婦関係です。

私たち夫婦は、自分言うのは恥ずかしいですが、とても仲が良いです。
それは、産のクラスを始める前からの事でした。
しかし、仲が良いが故に、蔑ろになっている夫婦の部分があり、
互いに言えない部分というのがありました。

産のクラスを受講し、得た知識を家に帰って夫に話すうちに、
夫婦間で、妊娠や避妊についての話が少しずつ出来るようになっていきました。


ペアヨガに夫婦で参加すると、夫も先生たちから直接話しを聞くことで、
妊娠や不妊に関しての意識が変わっていきました。
夫がリボーンに通うようになり、体が徐々に変わり、健康になっていきました。
気が付くと、夫が積極的に妊娠や、不妊について考えてくれるようになり、
仲が良いだけではなく、互いに分かり合い、妊娠を望む夫婦に変わっていました。


これは、妊娠後にも繋がり、つわりがひどい時や、出産に不安を感じた時も、
この夫婦感がとても励みになり、幸せに感じることが出来ました。

また、私が妊娠できたのは、体の変化も大きい要因だと思います。
インストラクターコースで体を整えた部分は勿論大きかったのですが、
産に特化したプログラムにより、生理が元気になったと実感しました。


私は高校生のころから、生理が重く、生理の時は起き上がれない日があるほどでした。
しかし、ヨガを始めた頃から徐々に良くなり、産のクラスを受講後は、
生理が辛いことは殆どありませんでした。
体が良くなったことで、自分の感覚で妊娠に気づくことが出来たほどです!

産のクラスを始めて8か月で、私は妊娠しました。

妊娠中は、つわりがひどく、辛い思いもしましたが、
産のクラスで培った夫婦関係のおかげで、2人で乗り切ることが出来ました。
また、妊娠中に引っ越しをすることになり、新しい地で一人になり不安にもなりましたが、
お腹の子が引き合わせてくれた縁で、お友達も出来ました。

出産は、前置胎盤になり、難しい出産になりました。
精神的に落ち込むときもありましたが、由梨先生に教わった気持ちをリフレームすることで、
前向きに手術に臨むことができ、母子ともに無事出産できました。


義理の母が、出産後
『難しい出産を乗り越えられて、産後の戻りが良いのは、ヨガをやっていたからね。』
と言ってくれました。
本当そうだと思い、とても嬉しくなりました。

ヨガや、リボーンに出会い、私の人生は私が想像していたものとは全然違ったものとなりました。
ヨガがあり、子供がいる今の自分は本当に幸せです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

このままではいけない、変わりたい!

変わるきっかけを作ってくれたのがウミヨガ【クラス産】でした。   

                                          ( H・U様 男の子のママになりました )

10ヵ月間、本当にありがとうございました。

ウミヨガ・産を受講して、自分自身が変わったと思う事は,

「旦那さんとの関係」と「自分の気持ちの持ち方」がとても大きいです。

 

約3年前は、子どもを望むようになればすぐに授かることができると思っていました。

でも、なかなか授かることが出来ず、自分がイライラしてしまうことが多くなり、だんだんと家の中の空気もぎくしゃくしていったように思います。

もともと主人とスキンシップが少なかったこともあり、産のレッスンが始まったころに教えてもらったスキンシップ。

はじめのころは、レッスンで言われたからと義務的に始めたのですが、毎日の中で習慣化していき、当たり前になっていきました。

産が終わった今でも、日常となっており、私が自宅で行っていたヨガのポーズを旦那さんが自発的に行っている姿を見ると嬉しくなります。

ペアヨガも一緒にヨガをするよい時間だったなぁと思います。

 

私は、妊活を初めて半年たったころ、病院に通い始めました。

約一年間、薬を飲んだら、注射したら、きっと良い方向へと繋がっていく…そう信じていました。

でも、なかなか授かることはできず、本当にこれで良いのか、なんで私は妊娠できないんだろうと不安で気持ちがしんどくなっていた時に、ウミヨガ産のセミナーの案内を目にしました。

セミナーを聞いて自分の中でこのままではいけない。変わりたいと思いました。色々な面で、自分が変わるきっかけを作ってくれたのが「ウミヨガ産」だったと思います。

 

ウミヨガ産が始まり、生理痛が良くなり、これまでずっと手放すことができなかった痛み止めを全く飲まずに過ごせるようになったことは、私にとっては大きな変化でした。

 

気持ちの面では、自分の不安や悩みが話せる場所。一緒の目標を持っている仲間ができたことにより、随分楽になりました。しんどくなった時も、家族、産の仲間、先生たちの支えがあったからこそ、乗り越えられました。

単元が進むにつれて、楽しい事をたくさん考えられるようになり、気持ちも明るくなりました。

今を楽しむことを沢山考えるようになったことで、夫婦二人だからこそ楽しめることを一緒に話したり、出かけるようになったことで、より良い関係になったように思います。

 

そして、ウミヨガ産の受講終了と同時に、待望の赤ちゃんを授かりました。

 

それから、10か月後。。。元気な産声を聞いた瞬間、涙があふれてきました。

ウミヨガ産で、習ったことが自然と出来、分娩時には、自分で足を抱えていきめたり、呼吸も落ち着いてでき、病院の先生からはすごい安産だと言われました。主人もいっぱい声をかけてくれてたり、身体をさすってくれたり、一緒に頑張ることができました。

 

この子がわたしたちの元に来てくれたことを本当に嬉しく思っています。

 

ほんとにあのイラストが現実になると思うと色んな事を楽しみながら頑張ってきてよかったと思います。

私にとって貴重な、そして楽しい10か月間を本当にありがとうございました。

産で学んだことが、今にも そしてこれからにも 繋がっていると感じています

 

 

 

 

 

 

 

ウミヨガ大阪のHPはこちらをご覧ください。

 

JR茨木駅徒歩2分 ヨガ&ストレッチスタジオReBornのHPはこちら

ウミヨガ大阪

Amazon不妊症部門第1位 「妊娠力を上げる!ウミヨガ」