うみそらカフェ 月・火曜日は定休日です~。 | 加古川駅近。HAPPYになれるデコクレープのお店『うみそらカフェ』
新型コロナウイルスに関する情報について

加古川駅近。HAPPYになれるデコクレープのお店『うみそらカフェ』

加古川駅近、寺家町商店街すぐそば。おいしくて、可愛くて、HAPPYな気持ちになれるクレープ屋さん♥
元Gデザイナー店主と加古川のクッキー作家『はねこぶた』さんで、可愛いクレープをつくって販売しています。

加古川駅近!寺家町商店街すぐそば!デコクレープ専門店『うみそらカフェ』の店主うみそら★みかんです。

 

 

うみそらカフェの魅力に、イマジネーションのチカラを天ぷらの衣のようにまとう…そんなしかけを今作ってます。天ぷらの衣とは又…わかりやすいけどイカン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファンタジックに言うと、魔法のチカラをプラスαしたいと思うのです。目に見えるカタチで再現するには、大きなスペースと資金が要るので、見えないけど、目に見えるものより壮大で迫力のある魔法のチカラ。イマジネーションのチカラをクリエイターのチカラをかりて再現したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう企画に今取り組んでおります。不自由さから生まれるアイディア。ビンボーバンザイ。無い知恵を絞って、努力しております。面白いと思うことをどんどんやる。面白いと思ってもらえる協力者を仲間にして、面白いと思うことをすればきっと賛同者はファンになってくれるのではないだろうか…。そういう取組。私は実験をするようにビジネスを楽しむ。そう、私の今までの経験、すべてをこの店の事業に注ぎ込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの人の才能も、この人の才能も、見つけた才能をこの店で開花させたい。開花して自由に羽ばたいていけるだけのチカラを、この店が与えられるような場所になってほしい。そう、だから、ちゃんと事業として育てないといけません。これで私たち家族は食べていけるだけのチカラを当然のようにつけて、関わるみんなも生活できるように大きくしなくてはなりません。まだまだ頑張らないといけません。

 

 

 

 

 

商業デザイナー、企業から言われて、言われたテーマでデザインやイラストを描いて沢山の人は生活しています。そこに自分らしさは必要なくて、作品の中から自分は消えていきます。とても苦しい部分もある仕事です。でも生活していく為には、ニーズに合わせたモノを作らないと、売れません。

 

 

 

 

 

 

 

でも歩みよることはできて…需要のあるもので、自分がいいと思えるものを作っていけばいいのです。そして商業デザイナーは、企業の看板で仕事をしていることが多いので、クリエイター自身にスポットライトが当たることは…なかなかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

うみそらカフェでは、作家さん自身の宣伝になるように。クリエイター自身の認知度を上げられるように、意識して仕事をしております。私自身が、企業に長く勤めていて、してほしくて、なかなかしてもらえなかったことをやるように意識をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは企業側に大きなリスクがあるから、企業があまりしないことなのですが、クリエイターさんの人間性をみて、信頼できると判断した人と積極的に組んで、これからも活動をやっていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

今は小さい店。でも思いは大きく。理想も高く大きく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うみそら★みかん