うみそらカフェ 月・火は定休日です2 | 加古川駅近。HAPPYになれるデコクレープのお店『うみそらカフェ』

加古川駅近。HAPPYになれるデコクレープのお店『うみそらカフェ』

加古川駅近、寺家町商店街すぐそば。おいしくて、可愛くて、HAPPYな気持ちになれるクレープ屋さん♥
元Gデザイナー店主と加古川のクッキー作家『はねこぶた』さんで、可愛いクレープをつくって販売しています。

加古川駅近!寺家町商店街すぐそば!デコクレープ専門店『うみそらカフェ』の店主うみそら★みかんです。

 

 

本を2日かけて読み終えた。携帯触ると眠れなくなる。眠れなかったので本を読んでいると。朝早く出社するクニさんが起きる時間まで、眠れなかった。携帯を触ると不眠気味になるのはわかっているけれど。夜やはりインスタのチェックや翌朝の投稿準備するので、寝不足になりがち。

 

 

 

 

 

 

 

1日100食しか売らないお店。ランチで100食売るのがまず大変ですよね。11時~14時半、3時間半ほどで7回転ですもの。

 

1日50食だったら、どんな場所でも売れる自信があるから1日50食のお店をチェーン展開するという話とか…。

自然災害で京都に来る人が激減した中でも50食は毎日売れたということなんだけど。凄いな~っと純粋に思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず14席しかないお店で100食。凄いですよね。しかも原価率高いメニューは50%。俺のイタリアンで原価率45%と書いててマジスゴイと思っていたけど、それを上回る原価率。凄い企業努力。

 

 

 

 

 

 

 

この本を読んで思ったのは、商品力の強化が本当に大事だな~と。再度思いました。やっぱここ。自分の中で当たり前に思っていたことを、ちょっと距離を置いて考えられるようになった。このお店より私の売上目標全然低いよな…と。1000円で50食で1日の売上5万でしょ。

 

 

 

 

 

 

 

 

営業時間内で赤字の商売なんて、企画そのものに問題あるでしょ?と書いてて、そうだよな~そうだと脱帽したくなるし。まだまだウチの企画は練らないと駄目だよな~。50食で売りきりの店のチェーン展開。売上に制限をもうけることにより成長がないから、チェーン展開をすることにより、ノビシロをつくり還元する。ということみたいです。たまに本を読むのはモチベ―ジョンがあがっていい。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日はイベント用に購入した中古のクレープ機を磨いた。何回拭いても汚くて…。雑巾3枚使って拭いた。電源が入るかチェックをして焼くテストしないと。冷房のきかない部屋でやっていたので、腕からも汗が噴き出し、汗だくで磨いた。昨日はスタッフルームにクニさんが冷凍ストッカーも設置してくれて、うみそらカフェの設備強化。

 

 

 

 

 

 

 

今年も本当に設備に経費がかかってて、なかなか楽にならないけれど。迷いながら運営しつつもうすぐ開業して2年目。周年は諦めた。3周年はできたらいいな。無理のない働き方ができる環境に整えていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うみそら★みかん