うみそらカフェ 定休日は商品開発がんばる日 | 加古川駅近。HAPPYになれるデコクレープのお店『うみそらカフェ』

加古川駅近。HAPPYになれるデコクレープのお店『うみそらカフェ』

加古川駅近、寺家町商店街すぐそば。おいしくて、可愛くて、HAPPYな気持ちになれるクレープ屋さん♥
元Gデザイナー店主と加古川のクッキー作家『はねこぶた』さんで、可愛いクレープをつくって販売しています。

加古川駅近!寺家町商店街すぐそば!デコクレープ専門店『うみそらカフェ』の店主うみそら★みかんです。

 

週末沢山の方に来て頂いたので、アイスクリームを昨日大量発注。来年はアイスクリームメーカーを購入して自家製にもチャレンジしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は導入することで必死、券売機導入に必死、スタッフを見つけることで必死だった。そして今の課題は夜営業の再開、メニュー開発。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

店をもう一店舗オープンするような作業。ただ、初めてではなく前回に一度チャレンジしているので、経験をもとに再チャレンジするカタチ。

夜きてくれるスタッフを見つけるという難題付き。

結構ヘビー級の作業。これが出来たら2019年後半はイベント企画オンリーになる。

 

 

 

 

 

夜の店は、人間力オンリーではなく、商品力で惹きつけるお店。商品ありきのプラスα接客サービス。やっぱり飲食店はメニューなんだと。そうなると商品企画を念入りに…空間のみでは売りにならない。『うみそらカフェ』は席数が少ないので…。そこがプラスであり、マイナスにもなる。

 

 

 

 

 

 

お金だけじゃない。仕事はやっぱり楽しくないと…。自分も楽しく、お客様も楽しく、スタッフも楽しく、携わる皆が楽しく、そういう場所をつくるのが目的。そういう商品をつくるのが目的。みんながいいカタチで関われる場所でありたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも生活できなくては楽しいとかいってられないので、私は小さな苗木を世界樹みたいに大きくなるように育てているところ。笑顔のお花がいっぱい咲くそんな大木を育てている。そんなイメージを描きながら、仕事をしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金の収支もおおまかに把握できるくらい、自分の仕事を整理もできて…。細かいところまで分析はできていないけど。とりあえず、手持ちの仕事が多すぎてクシャクシャになっていた時よりは、仕事を分担できるようになってきて精神的にも大分楽になってきました。よくここまで消化できたなと、自分をちょっと褒めてやりたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

助けてくれる複数の手があったので、この環境を手に入れることができました。本当に有り難いと思っている。

 

 

『うみそらカフェ』が強く育って、より沢山の方を『笑顔』にできるように…、日々努力していきたいと思います。

毎日が小さなHAPPYでいっぱいになれば、それはきっと幸福な人生なんだと思う。そこに微力だけれど貢献できるような商品やお店になってくれたらと思う。『うみそらカフェで可愛いクレープ食べて、楽しかったな』そんな、記憶にのこるような店でありたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お子様ランチの旗が、やはり幾つになっても嬉しい。そんな感覚を呼び起こす商品をつくり続けたいと思う。

『喜ばせたい』『笑顔にしたい』そういう気持ちが、背景にある商品でなければならない。目先の利益だけのためでは強い商品はできない。でも赤字ではダメで、スタッフや関わる人すべてが笑顔になれるように…。私はお店を運営していきたい。簡単ではないけれど、この作業はとても楽しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな『うみそらカフェ』はもうすぐ、2歳の誕生日をむかえようとしている。デコクレープ店になって、1年経とうとしている。駆け抜けた感は半端ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うみそら★みかん