初めての東京湾一周

テーマ:
こんにちは、れいくです。僕は昔から楽しみなことがあると夜眠れなくなってしまいます。今回は2日前からあまり眠れなくなるほど楽しみでした。

前日にgooglemapで道を調べました。僕はこの時間が大好きです。特に、ストリートビューで景色の良いところを見ることができた場合思わず「おー!」と叫んでしまいます笑
今回も案の定叫んでしまい気づいたら寝る予定だった時刻から1時間も経過してしまいました笑(早く寝てもどうせ眠れなかったと思うのであまり変わらなかったと思います。)

当日は3時半に目が覚めました。一切眠くなかったのがとても不思議でした。そのあとはご飯を食べ準備して4時45分に家を出発しました。まだ月も出ていて、でも空は明るく普段見れない空を見れました。

そのあと友達と合流して16号で久里浜港に向かいました。6時55分に久里浜港に到着しまだフェリーの出発まで時間があったためのんびりしようと思ってたのですが車両を載せる関係で急がないといけないと分かり慌ててチケットを買いました笑そして7時20分に出発しました!


40分の乗船時間は長すぎず、短すぎず楽しむことができました。

8時ちょうどに金谷港に到着しました!フェリーを見送りいよいよ千葉県内を走り始めました。

左側には海、右側には線路が広がる道は走っていて最高に気持ちがよかったです!いくつものトンネルをかけぬけその向こうに海が見えたときはとてもいい気分になりました。

気づいたら景色が変わってました。
まさに自然の中を走っている感じです!線路が続いてるこの光景を見て線路の中を歩いてみたいなと思いました(もちろんダメです笑)

そのような感じの道をしばらく進んでいくと富津岬に到着しました!

2kmくらい続く木々の中を駆け抜け視界が開けたときはとても嬉しかったです!

そのあとは千葉県を再び北上して行きました。この日は最高気温が36℃、体全体をもわっと熱気が包む感じでしたがその分水浴びが最高に気持ちよかったです!また、気温が高いからなのか雲も発達していて(?)夏という感じの空でした。空を見てジブリ作品が頭をよぎりました。
このような環境を走るのは、暑いですがとても気持ちが良いです!進み続け16時半くらいに稲毛海浜公園に到着しました!

海と遠くに見える工業地帯を見てボーッとしてしまいました。また、ここの付近の道路と公園沿いのサイクリングロードが神奈川県の茅ヶ崎辺りの国道134号線とそれに沿って走る湘南海岸サイクリングロードに雰囲気がどこか似てて神奈川県が恋しくなりました笑

お互い走ったことのない領域である約120km地点、ここからがきつくなりました。気合いを入れ直し再び走り始めましたが空からポツリポツリと降ってくるものが、そう、雨です。天気予報では晴れだったのでまさか雨が降るとは思いませんでした。でも後にその原因が分かりました。
その弱い雨はゲリラ豪雨へと変貌したのです。先の方に雲の切れ間が見えたのでそれを励みにしばらく走っていたらなんとか雨雲の地帯は抜けたのですが、車があまり動いていない、そう渋滞していたのです。先程の雨で路面が滑りやすくなっており、また国道357号線でトラックも多くすり抜けることもまはまならず時間が経過していきました。このままでは帰れなくなると思い、また国道357号線は自転車が車道を走ってはいけない区間が遍在しているため歩道を徐行することしました。あまり進みませんでしたか、確実に前には進みました。そんなこんなで看板の数字が減っていって18時半に東京ディズニーランドに到着しました!
目標としていた日没前に到着できたこと、金谷の方からぐるりと回って到着できたことで頭の中をパレードの音楽が流れ体の疲れはとれていきました。しかし、まだここは千葉県、不安も増していきました。

川に沿って走り橋を渡って東京都に入り、しばらく走って東京スカイツリーに到着しました!
スカイツリーはやはり迫力がありました!また、川の水面に映るスカイツリーも素敵でした。しかし、ここで僕も友達も挫けそうになりました。いや、一人だったら挫けていました。僕は体がボロボロになり友達はメンタルがボロボロになりました。でも僕たちは一人ではありません。互いの穴をもう片方が埋め合い、支え合い、助け合い、21時に再び出発できました。

22時東京タワーに着きました!
夜だからこそ見れた景色です。目標としていたスポットすべてを回れました。でも、ここからが本番です。残り約40km、家路を急ぎました。

23時過ぎに多摩川を越えました。六郷橋を渡っているとき景色に魅了されました。でも不思議と後ろを振り返りたい気持ちは湧きませんでした。

日付が変わったくらいに桜木町に到着しました。ようやくホッとして体の力が抜けていきました。そして今までの景色が走馬灯のように蘇ってきました。「俺、ここで終わりなのかな…、いや、絶対にダメだ!家に帰るまでがサイクリングだ!」もう足はあまり回らず気持ちも折れかけていましたが進みます。そして1時13分に無事帰宅しました。

友達と別れる前に写真を撮りました。お互い笑えないほど疲れているはずなのに、カメラ越しには2つの笑顔が映っていました。なんでだろう、顔が自然に綻びました。お互い1日で最高でも120kmくらいしか走ったことがないのに209km走りきれた、そして最後まで安全に走れたのは2人で走れたからだと思います。本当にありがとう。
一生忘れられない一度きりの初めての東京湾一周になりました!



via うみかぜレーシング
Your own website,
Ameba Ownd