猫しっぽ猫からだ今回の話猫からだ猫あたま

三毛猫壇上で砂を零したガーン
三毛猫大成功?のクロージングキス

猫しっぽ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫からだ猫あたま


コーヒーピンクマカロンコーヒーマカロンコーヒーピンクマカロンコーヒーマカロンコーヒーピンクマカロンコーヒーマカロン

2019年9月  横浜の“音の教会”
ラ・バンク・ド・ロアにて挙式予定

歴史ある建物で
アンティーク&アットホームな
ウェディングを目指します(予定)

結婚式でKERA-MA-GO流すのが永遠の夢乙女のトキメキ

ブルベ冬、顔タイプフレッシュ、骨格ウェーブ

コーヒーマカロンコーヒーピンクマカロンコーヒーマカロンコーヒーピンクマカロンコーヒーマカロンコーヒーピンクマカロン


色々と恐怖のバージンロードを渡りきったら
祭壇でサンドセレモニー 。


①まず祭壇に上がる。
②上がったら最初に祭壇のセンターで
2人が並んだ姿を見せる。
③新郎によるベールアップ
④再びゲストの方を向く
⑤司会者さんが促すので
サンドアートの方に移動する。
⑥司会者さんが促すので
2人で砂をフレームに入れる。
⑦司会者さんが促すので
祭壇のセンターに戻る。
⑧司会者さんが促すので階段を降りる。
⑨司会者さんが促したら退場。

もぐもぐ
(司会者さんの合図まで動かない司会者さんの合図まで動かない司会者さんの合図まで動かない司会者さんの合図まで動かない司会者さんの)

とりくんと
打ち合わせしていないので不安です。

とりあえずわたしは困ったら
とりくんのエスコートに
任せようと思いましたえーん
主導権取る新婦よりいいよねえーん


受付でゲストたちが作ってくれた
サンドアートはこのときは初見ですラブ
スゴーい、本当にこうなるんだーラブ
とりくんも、母も、スタッフさんたちも、
友人も、みんな感動していました。
サンドアートセレモニーは
大成功ではないでしょうか。

……壇上でわたしが
砂をこぼさなければねチュー

わたしたちが砂を入れるときのBGMは
本来ロアのオリジナルセレモニーで使う
アンティークオルゴールをお願いしました。
そうするとBGMの長さは変えられないので
人間たちの方がオルゴールの長さに
合わせなければなりません。

そのためか、フレームの前に来ても
司会者さんが何やらをずーっと話していて
照れもぐもぐ
え?砂を入れるのは
合図待ちでいいんだよね?
もう入れろってことじゃないよね?
ちゃんと合図あるよね?
とめちゃくちゃ不安でした笑い泣き
合図待ちで正解でしたし、
合図で砂を入れたら、
オルゴールの終わるタイミングが
丁度良かったです。
プロって凄い!

なんですが、
わたしたちが砂を入れるのに使ったのは
ダイソーのアンティークなじょうろで
入ってる量が少なくなってくると
角度によっては上手く砂が出てきません。
とりくんは途中で諦めて
早々にじょうろを置いたのですが、
わたしはじょうろに入ってる砂を
全部フレームに入れようとして
角度を急にしたら
じょうろの注ぎ口じゃない方から
砂がザーッと出てきちゃって
祭壇で砂を零しました笑い泣き
本当ここからわたしたちの
ロアさん、ごめーん笑い泣きが続きます。


何はともあれもぐもぐ
無事?にサンドセレモニーを終えて
まずは祭壇のセンターへ。
そして2人で祭壇を降り、ゲストの前へ。

司会者さんに促されて
ゲストの皆さんは
フラワーシャワーの準備です。
席に用意してあったペタルとフェザーを
座席ごとに配布する感じです。

1人にたくさん行き渡ってるラブ
赤いフラワーに白いフェザーが綺麗ラブ

そして司会者さんの合図で
新郎新婦退場です。

もぐもぐ
……
…………
………………
おい、KERA-MA-GOの音量
やたらと小さくないか?
リハのときはもっと大きかったよね?
ちょ、ま、わたしの結婚式、
そこが1番大事なとこ……

とかなんとか思いながら、
先程母と上ってきた大階段の前へ。

わたしたちは指輪の交換とか誓いのキスとか
わたしの希望でやらなかったのですが、
誓いのキスって
ちょっとした見せ場かなとも思うので、
あれ?やらないのか?と見せかけて
階段を降りる前に
クロージングキスしよーもぐもぐルンルン
ととりくんに話していました。
(「クロージングキス」とは言っても
ロアはクローズする扉はありません)

しかしとりくん、そのときが来ると
タイミングがわからないのか
照れ
え?いつ?いつやればいいの?アセアセ
とかなんとか小声で言いながら
アタフタしています。

もぐもぐ
wwwいつでもいいよw

なんて話してなんとかキスをしたら
ゲストの方からおぉーグリーンハーツの声。

おぉ!いい反応もぐもぐラブラブ
大成功やね!


一度退場したら再入場して撮影タイム