皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【3】 『なぜアトピーは治らないと思っている患者さんが多いの | アトピー克服理論の終着駅
新型コロナウイルスに関する情報について

アトピー克服理論の終着駅

その症状の結果には原因があるんです~自然の鼓動に耳を澄まして~

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【3】
『なぜアトピーは治らないと思っている患者さんが多いのか』

※初めて閲覧される方も居られますので、書き込み経緯を毎回書きます。複数回お越しの方は飛ばして、大事な部分のみお読みください。

ブログテーマが、そろそろ貯金が無くなって来ていたこの頃でしたが、いい題材がありました。20数年前から因縁の先生でもあります。アトピー論ゼロで、ステロイド剤一本の治療で多くの犠牲者を作り上げた被害者製造病院 『金●大学病院 皮膚科』のトップでもありました。アトピービジネス論を主に皮膚科学会の重鎮に可愛がられましたが、数年後からは捨てゴマの運命。今は退官が迫り開業できない焦りからか、毎日のブログ書き込みで、今のアトピー治療レベルが判りました。25年前の理論は寸分の狂いもありませんでした。ちなみに、彼とは同年齢、アトピー研究経歴もほぼ25年一緒です。


20年前にも彼が新聞に寄稿した『アトピー教室』に批評したのを思い出します。
また、ここで書くとは思いませんでしたね。

『金●大学病院 ●●教授のアトピー教室(中日新聞)を斬る 2000/2/26』
https://www.atoppos.co.jp/html/13ronsou-4.html
 

『ドクター●●のアトピー教室』 に寄せて

1999年10月14日より、北陸中日新聞に掲載された「ドクター竹原のアトピー教室」を当HPに掲載します。
掲載の目的は、日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎不適切治療健康被害実態調査委員会」なるものが、いかに不純な考え方で活動を行っているか。
委員長自身が、「私はアトピーが専門ではありません」と言っている様に、アトピー性皮膚炎を本質的に理解していない医師達が集まって民間療法を叩いても、何も解決できるものではない。

悩む患者は何を信じて良いのか、心まで病んでしまっている。
この連載筆者、●●●●は当初「私のような専門家がステロイドの処方をすれば副作用は出ない。副作用の出ている患者は、勉強不足の医者が処方したからだ」と言い放ち、雲色の怪しくなった今では、冒頭のように「皮膚科専門ではありませんが」と素人言葉になってしまう。
このようなカメレオン医師が筆耕したことを考慮して呼んでいただきたい。
付け加えるが、彼の治療でアトピー性皮膚炎を克服された方は皆無に等しい。

・・・・・当時、こんな言葉で批評をスタートしました。
 

ここに今回のテーマ
 

『なぜアトピーは治らないと思っている患者さんが多いのか』
 

を批評してみよう。1回の書き込みに対して1回のコメントだから、読み辛いと思いますがご容赦ください。皮膚科医とアトピー克服のみに重心を置いた研究者との思い、理論の差をお比べください。

なぜアトピーは治らないと思っている患者さんが多いのか(1)

薬に頼りたくない(脱ステロイド)という患者さんが今でも少なくありません。医師を信じて標準治療をしないと治るものも治りません。有名人で乳がんになり、標準治療を拒否して気功で治そうとして不幸な結果になった人もいます。高血圧や糖尿病の患者さんは比較的標準治療を受け止めています。


【赤嶺コメント】
医師を信じられない環境にあるのは確かです。

●民間療法を排除してしまうほどの理論がない。
●現に改善者が少なすぎる。
●患者の質問に答えきれない。
●民間療法と比較して克服割合が1:9と予想される。いやもっと低いかも。
●人間が産生するステロイドホルモンの量を知らないから、大量に投与・塗布させる。
●IL-●●など、自分たちも知らない抗体の話をしてごまかす。
●民間療法をしたからアトピー患者数が増えたのではなく、ステロイド療法で改善できないから増えたことを理解していない。
●まず、人の責任にする医者・研究者が多い。特にこの方。※不勉強な医者が塗ると改善しないとか、民間療法が悪化させたとか、『アトピーはどこにでもある病気なんだから改善するんだ』など暢気なこと言っている。
●皮膚科医はおおむね顔が厭らしい。

など、このアトピーと真面目に取り組む医者が少なすぎるし、勉強しない。
僕が大好きだった小林麻央のこと言ってるんだと思うけど、気功じゃないよ、、、●●医者だよ。ま、アトピーのことなんだから、ガンのことはいいよ。とにかく勉強不足。

なぜアトピーは治らないと思っている患者さんが多いのか(2)

昔脱ステをしていて重症化して、金沢大学に通院して、数年の経過で完全治癒した患者さんから、ホームページを見てメッセージが送られました。 「私は先生と出会えて、本当に幸運でした。」「2度目の成人式を迎える年に今年なります。」 「1度目の成人式時代は辛く痛い思いでしかないので、今がとても幸せです。」 標準治療でアトピーは治ると信じていただいたから、この患者さんはアトピー性皮膚炎から卒業できたのです。

 

【赤嶺コメント】
良かったですね。居たんですね、、、ぜひ、追跡してみたいところですが、言わないでしょうね。数年って何年だろうね。これを見ていたら、『私よ』って、お知らせしてお会いしてみたいです。

ま、閲覧数は、いろいろな方々の処置のお陰で、異常な少なさだから見つけることはできないだろうね。本当は、先生が彼女の了解を取って、ご紹介されればみんな信じるけど、改善したと書いて、誰も見せないからね。あ、個人情報かぁ。いろいろ逃げ道あるからね。

画像1

なぜアトピーは治らないと思っている患者さんが多いのか(3)

アトピー性皮膚炎患者さんで、医療機関に行くのは本当に悪化してからだと思っている人が少なくありません。医師の方でも「悪くなったら来てください」と言う人が少なからずいます。定期受診をしてもらって、「悪化させないための治療戦略を学んでもらう」のが正しいアトピー―医療だと思います。

 

【赤嶺コメント】
その戦略で多く解決できているんだったら、しっかり見せて、現在もステロイド剤無しでこんなにきれいになっていますって、ご紹介されるシステムだとみんな信じると思いますよ。

今のこの理論では信じる方は少ないと思いますよ。定期受診してどうするんですか?薬の処置、裸にして確認するんですよね。それも楽しいんだろうけど、まずは、克服理論をしっかり示して『あなたは●月●日には改善します。その後、ステロイド剤は一切いりません』と言えば、全国から押し寄せます。

ま、少し先生の見栄えが悪いけどね。説得できる言葉の勉強も必要ですよ。映像で見たことありますけど、ちょっと迫力ないですね。

 

なぜアトピーは治らないと思っている患者さんが多いのか(4)

電車や地下鉄で、重症アトピーの患者さんを見かけることは少なくありません。これに対して、乾癬の患者さんを見かけることはほとんどありません。アトピー性皮膚炎という疾患は日本の社会の中に広く認識されているので、患者さんはアトピーであることを隠そうとしないし、これを見た患者さんもアトピー性皮膚炎であることをわからなくなるほどに治療しなくてもいいと思うし、また治療してもアトピー性皮膚炎は治らないとも思ってしまうのです。

 

【赤嶺コメント】
先生、そんなことありませんよ。患者さんの気持ち全く理解していませんね。どれほど辛いか知らないのであれば、克服理論の勉強はできないですね。生きるために仕方なく動いているのです。電車に乗っているのです。友達とも会話しているのです、本当は外に出るのがつらいんです。

その引き金はあなた方の処置なんです、しっかりしてください。

苦しんでいるアトピーの方々の救済にと頑張っていた民間療法の皆様の芽を摘んだのはあなた方でしょう。そして、その方々を信じる多くの患者さんたちは目的を達せず今に至ります。

特に、20年前から解決策もないど素人の皮膚科医が『アトピービジネス』展開をしたことで、多くの患者さんたちの改善機会を失ったことは、国の損失であり、当時国家公務員だった国立病院の医師たちの為すべき姿ではなかったと今でも思っていますよ。

あなたの責任は大きいし、ステロイド剤の製薬マネー対策の行動は、国民に対する背任行為と言えますよ。あなたの行動・告知で、最低10万人の方々が現在もステロイド被害で苦しんでいると思いますよ。

 

なぜアトピーは治らないと思っている患者さんが多いのか(5)

そもそもアトピー性皮膚炎は普通の病気で大人になるまでに治ると考えられていましたし、実際そうでした。ところがステロイドバッシングが強くなった1990年頃からメディアの報道で「難病であるアトピー性皮膚炎に対して新たな治療が取りくまれています。」と「難病」という形容詞をつけるようになったのです。従って、治らないと思う患者が増える結果になりました。

 

【赤嶺コメント】
事実、被害が起きなければ『バッシング』なんて起きませんよ。先生、本当に普通の病気なんですか?なぜ、改善できないんですか?ステロイド剤の塗り方ですか?民間療法が原因ですか?治らないと思えば治らないのですか?

ステロイド剤の作用機序も知らないで、皮膚に皮膚常在菌が棲息することも知らないで、皮膚の役割も知らないで、発症原因も知らないで・・・となればど素人より以下ですよ。

患者さんの方が実体験していますし、多くの勉強していますから、おそらく理論はあなた方より上だと思いますよ。どのブログも大学教授が書いている内容ではないですね。

 

なぜアトピーは治らないと思っている患者さんが多いのか(6)

アトピーは治らないと思っている患者が多い理由の一つにネットの影響があると思います。標準治療で改善した人はネットに書き込みもしないし、検索もしないです。標準治療を拒否して突飛もない治療で改善したという1例の自分の成功体験を他人に押し付ける人がネットで多いのはいかがなものかと思います。

 

【赤嶺コメント】
だから、ネットが影響しているんですか?そうですね、情報取りの殆どは、当方でもネットで行いますね。標準治療の方は書き込まないのではなく、本当の意味で良くなっていないんですよ。

先生もご自身の患者さんがステロイド剤で解決したという例は少ないでしょう、ここで書いた数名ではないですか?その患者さんも追跡すれば確実に再発していますよ。

先生の診察後に当方へ来られた患者さん、当時恐ろしい数いましたよ。いろいろ言っていましたけど、ここでは言いません。

先生、民間療法で良くなったという情報を追跡することも重要ですよ。今まで、面会調査などしたことないでしょう、気が弱いから。というより、訳も判らないで、いろいろ民間のこと悪く書いたから会えないというのが正解でしょう。

それぞれ理論もていますよ、すごいですよみんな。患者さんも騙されているんではなくて、理論が理解できるんですよ。先生の理論は、ステロイド剤オンリーで塗り方なんですよね。だったら、逃げますよ、顔も●●●●だし。

 

なぜアトピーは治らないと思っている患者が多いのか(7)

ステロイドを使っていたけど良くならなかったので、止めたところさらに悪くなった、これは、ステロイドのせいだ。、という体験を耳にすることがあります。ただ、ステロイドを使っていたから良くならなったのか、ステロイドを使っていたけど使用法が適切ではなかったために良くならなかったのか、多くは後者だと思います。そしてその責任は主治医にあることが多いです。明日からは、他の医療機関で悪化したアトピー性皮膚炎患者を何万人も治癒、緩解、十分なコントロール状態に金沢大学皮膚科のアトピー外来で改善できたのかを説明したいと思います。

 

【赤嶺コメント】
先生、やっぱりこのコメントだね。使用方法が悪かった、その指導した医者が悪かったと。何万人も緩解させたんですか?本当ですか?このステロイド理論で?無理だと思いますよ。塗り方指導の問題であれば、これだけ多くの方が被害にあうことはありません。

同志の医者を揶揄し、最悪なのは患者を揶揄してこの被害から逃げようとするあなたの態度はみんな許さないと思いますよ。

だから、同志となる皮膚科医に信頼がないのですよ。ま、そんな若い医者も最近多くなっているようです。言っていることも全く先生と同じ、医者を揶揄し患者を揶揄する最低の医者です。京●大のO医師ですが、よく似ています。ツイッターのツイートも酷いものです。流れだし、明日は、この皮膚科医のこと書くかなぁ。

画像2

【まとめ】

25年もアトピー治療経験して、患者の気持ち、親の気持ちを受け止められず、自己主張のみを行う治療とその場の結果のみを重視し追跡せず進行した25年の無駄が見える。

この先、自身で人間を売り開拓し突き進むことができるのだろうか?その先の壁に立ち向かう勇気と根性があるのだろうか?

ま、最初は、後輩も多く融通は利くと思うが、代が入れ替われば難しい方と予想しますが、、『お前に言われたくねえよ』ということだと思う、ごめんなさい。

 

次回は『アトピー診療に必要なこと』。また、ステロイド剤の塗り方と患者批判なのかなぁ?乞うご期待!

 

アトポスSP
 

電話相談(毎週水曜日)・有料面談

 

無料相談メール

 

【生後間もなく~7ヶ月までのお子様の無料相談フォーム】


【生後8ヶ月以上のお子様の無料相談フォーム】

 


アトピー性皮膚炎ランキング にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村