皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【2】~『本人孫娘さんへのアトピー対応』~ | アトピー克服理論の終着駅
新型コロナウイルスに関する情報について

アトピー克服理論の終着駅

その症状の結果には原因があるんです~自然の鼓動に耳を澄まして~

~『本人孫娘さんへのアトピー対応』~

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【2】

※初めて閲覧される方も居られますので、書き込み経緯を毎回書きます。
複数回の方は飛ばして、大事な部分のみお読みください。

 

ブログテーマが、そろそろ貯金が無くなって来ていたこの頃でしたが、
いい題材がありました。20数年前から因縁の先生でもあります。

アトピー論ゼロで、ステロイド剤一本の治療で多くの犠牲者を作り上げた
被害者製造病院 『金●大学病院 皮膚科』のトップでもありました。

アトピービジネス論を主に皮膚科学会の重鎮に可愛がられましたが、
数年後からは捨てゴマの運命。

今は退官が迫り開業できない焦りからか、
毎日のブログ書き込みで、今のアトピー治療レベルが判りました。

25年前の理論は寸分の狂いもありませんでした。
ちなみに、彼とは同年齢、アトピー研究経歴もほぼ25年一緒です。


20年前にも彼が新聞に寄稿した
『アトピー教室』に批評したのを思い出します。
また、ここで書くとは思いませんでしたね。

『金●大学病院 ●●教授のアトピー教室(中日新聞)を斬る 2000/2/26』
https://www.atoppos.co.jp/html/13ronsou-4.html
 

『ドクター●●のアトピー教室』 に寄せて

1999年10月14日より、北陸中日新聞に掲載された「ドクター●原のアトピー教室」を当HPに掲載します。

掲載の目的は、日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎不適切治療健康被害実態調査委員会」なるものが、いかに不純な考え方で活動を行っているか。
委員長自身が、「私はアトピーが専門ではありません」と言っている様に、アトピー性皮膚炎を本質的に理解していない医師達が集まって民間療法を叩いても、何も解決できるものではない。

悩む患者は何を信じて良いのか、心まで病んでしまっている。

この連載筆者、●●●●氏は当初「私のような専門家がステロイドの処方をすれば副作用は出ない。副作用の出ている患者は、勉強不足の医者が処方したからだ」と言い放ち、雲色の怪しくなった今では、冒頭のように「皮膚科専門ではありませんが」と素人言葉になってしまう。

このようなカメレオン医師が筆耕したことを考慮して呼んでいただきたい。
付け加えるが、彼の治療でアトピー性皮膚炎を克服された方は皆無に等しい。

・・・・・当時、こんな言葉で批評をスタートしました。


久々に彼のこれからの進行などを拝見させていただき、大丈夫かなぁ、、
敵対というより心配が先に来ます。自営は簡単ではないと思いますよ。
これまでの書き込みから、
今回始める訪問医療も長続きしないような気がして心配です。

ということは、薬も出ないとなれば、
ステロイド販売の製薬マネーも打ち切りです。

自由診療となれば、ステロイド剤も定価ですね。
近所の皮膚科に行ってステロイド剤買うと思いますよ。
 

今回の『孫娘さんへのアトピー症状対応』のコラム批評してみよう。
1回の書き込みに対して1回のコメントだから、
読み辛いと思いますがご容赦ください。


◆教授のお嬢様のお子様(孫娘)が、もしやアトピーでは
というところからの、経緯となります。

今年1月のスタート段階なので、大きな変化は見られませんが、
皮膚科医の孫娘さんにどんな処置をされるのでしょう、

興味あります。

我が孫娘には絶対にステロイド剤処置はしないと思うけど・・・・。

 

身内にアトピー患者が出現です。詳細は追って書きます。

【赤嶺コメント】
どうか、お得意のステロイド剤だけは処方しないでください、本当に困りますよ。
一時的には、安定したように見えると思いますが、
その先は少しの環境変化で湿疹が始まりますから。

そうか、今回が初めて診察以外での追跡サポートとなるのですね。
訪問医療のスタート段階ですから、踏み外さないようにしてくださいね。
 

②孫娘さんへのアトピー症状対応ドキュメント【2】

アトピー関連ですが、年末のディズニーランド旅行の際に生後7か月になる孫娘の頬と顎がざらざらしているのに気が付きました。遊園地で厚着をしていたので、それ以上はチェックしませんでしたが。後日・・・

【赤嶺コメント】
家族旅行最中なので、あまりネガティブな表現はできないだろうから、
娘には判っていたけど言えなかったんだろうね。
寒い乾燥時期の問題なのか、最近のアトピーー予防指導に沿った

『生後間もなくからの保湿』によって、皮膚常在菌に影響が出て
乾燥ざらざら皮膚となったか判明はしないが、、、

さぁ、彼はどんな判断と処置を進めるのだろうか?

③孫娘さんへのアトピー症状対応ドキュメント【3】

後日娘から体がざらざらしていると。親戚の集まりの際に見たところ、乳児湿疹様でした。乳児に限定した湿疹かもしれないし、アトピーの初期かもしれないと説明しました。

【赤嶺コメント】
乳児湿疹かアトピーか判らないという大学病院の教授。
症状部位、出産環境、出産後の処置等々から、
その原因は身内であれば、直ぐに判断できると思う。

症状写真がないので判断できないが、
娘さんの反応に曖昧なコメントはできないと思ったのだろう、
次回どちらでもよいコメントにしたのだろう。
一応覚悟させたというコメントでしょう。

 

④孫娘さんへのアトピー症状対応ドキュメント【4】

孫娘の湿疹について娘から「パパなら、アトピーの初期か乳児湿疹か分かるでしょ。どちらかはっきり言って。」と聞かれました。さて・・・

【赤嶺コメント】
娘さんならそういうでしょうね。これまで教授として、
民間医療を叩く先鋒として君臨、憧れていた父の姿が
少し小さく見えたかもしれない一瞬だったかもしれない。

皮膚科医って本当にはっきりしないんだね、
原因が理解できていないから自信がないんだよね。
ご主人の手前、怒らざるを得ないかもね。

 

⑤孫娘さんへのアトピー症状対応ドキュメント【5】

孫の状態ですが、軽症初期ながらもアトピー性皮膚炎と診断しました。娘はショックを受けたようでしたが、正しい治療を継続すれば3歳ぐらいまでに治癒が期待できると説明して、治療に取り掛かることにしました。

【赤嶺コメント】
え、、孫娘に『ステロイド剤治療』を選択ですか?恐ろしい。
この先の進行が危ぶまれるけど、大丈夫なのかなぁ?
相手の家族もあるし、
先方のご両親がステロイド派なら少しは救われるけど、
もし、反ステロイド派だったら、厳しいことになる可能性もある。

先方としては、『日本を代表する皮膚科医の先生だし、解決してくれるでしょう』
思ってお願いしたのに、一時的に解決後の悪化、
ステロイド剤が外せなくなり、薬では解決できず、

民間療法の力を借りた場合は、娘の義両親には顔向けできないだろうし、
離婚騒ぎになることだって考えられる。
って、また悪い妄想が出てしまった。

子供のアトピーをめぐって離婚されたご家族も見ているので、
少し心配になる。
国立大学教授の指導で解決出来なかった場合は
確実に問題が発生すると思う。
可哀そう、、、当方であれば確実に今夏の克服となったのに。

 

⑥孫娘さんへのアトピー症状対応ドキュメント【6】

孫娘のアトピーですが、数日のステロイドの外用でほとんどきれいになりました。場所を変えまた出現しますが、いい感じで経過しています。外用薬の塗り方については娘に指導したのですが、「やっぱりパパやってみて」としょっちゅう実家に帰っています。孫娘に頻回に会えるので、私は嬉しいですが。

【赤嶺コメント】
素晴らしい!と言いたいところですが、
本当に外孫とはいえ、我が孫娘にステロイド剤処置をされたのでしょうか?

不思議です。

民間療法を叩いてはいるけど、その前の治療はステロイド治療だったことは、
民間療法を『ニセ医療』と叩いている皮膚科医は誰も思っている。
場所を変えて出現しているということは、
真正の『アトピー性皮膚炎』かもしれませんね。

であれば、処置の方法は大きく変わるけど大丈夫なのかなぁ。
基礎整備(有用菌整備)できないで進行し、
尚且つ入浴をさせた場合は、
温度対応と感染により大きく拡大することも予想されるが、
それもステロイド剤での対応となれば、
皮膚常在菌の減少とともに、改善への期間も長くなるが‥‥

心配だ。

塗り方の問題なのかなぁ?
その専門の塗師でも解決できな変えれば、
前にも言ったように内孫の祖父母は本当に怒りますよ、
大丈夫?

毎日見る孫娘の一進一退症状に、
不安が募れば嫁・舅姑間の問題も発生しますよ。


夫婦間意見が割れた場合は、修復は本当に難しくなるよ。


 

⑦孫娘さんへのアトピー症状対応ドキュメント【7】

アトピー治療に患者にとって大事なこと
ともかく早期よりの積極的治療が大切です。8ヶ月でアトピーの診断をした孫娘も10か月で症状はほとんどないレベルで落ち着いています。

【赤嶺コメント】
あれから2か月、、、、一進一退だったと思うけど、
退化した時のステロイド処置の繰り返し、、、
皮膚常在菌の減少とともに、今度は異物排泄ではなく、
皮膚からの異物侵入による反応と、
痒み感覚増幅による強力な掻痒行為によって
一気に拡大すると思うけど、大丈夫?

もう、自分の大学では入院できないよ、我が孫だもんね。恥かくよね。

民間療法の被害じゃないもんね。娘さんから、
『あの時、お父さんにお願いせずに整体師に診てもらえばよかった』
などと、言われた時にゃ、
医者をやめなければなりませんね。

先生にとっては、一世一代の大イベントとなっていますよ。
うまく納まってくれれば良いと思います。
その為には、孫娘さんの克服が条件ですね。
一時凌ぎは辞めましょう。
 

まさか、本当は民間療法で解決しているが、
ステロイド剤で解決したというシナリオかなぁ? 

いや、待てよ、こんなブログに我が家族のアトピー記事なんか本来載せないよね。

ステロイド剤推進のための書き込みかもしれないが、
どちらにしてもお孫さんの回復をお祈りします。
 

もし、本当で困っているのであれば、
来年の夏までにはピカピカの皮膚になるように段取りできますよ、
お気軽にお申し出ください。

あ、訪問面談もしますよ。

関係者すべてが納得する理論で、1時間あれば全員が
『これで完全克服できる』とホッとするでしょう。

 


次のコラム批評は
『なぜアトピーは治らないと思っている患者さんが多いのか』
となります、お楽しみに。

 


 

アトポスSP

電話相談(毎週水曜日)・有料面談

 

無料相談メール

 

【生後間もなく~7ヶ月までのお子様の無料相談フォーム】


【生後8ヶ月以上のお子様の無料相談フォーム】

 


アトピー性皮膚炎ランキング にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村