皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【1】 | アトピー克服理論の終着駅
新型コロナウイルスに関する情報について

アトピー克服理論の終着駅

その症状の結果には原因があるんです~自然の鼓動に耳を澄まして~

皮膚科医Tさんのアトピー論を斬る 【1】

ブログテーマが、そろそろ貯金が無くなって来ていたこの頃でしたが、いい題材がありました。20数年前から因縁の先生でもあります。

 

アトピー論ゼロで、ステロイド剤一本の治療で多くの犠牲者を作り上げた被害者製造病院 『金●大学病院 皮膚科』のトップでもありました。

 

アトピービジネス論を主に皮膚科学会の重鎮に可愛がられましたが、数年後からは捨てゴマの運命。今は退官が迫り開業できない焦りからか、毎日のブログ書き込みで、今のアトピー治療レベルが判りました。25前の理論は寸分の狂いもありませんでした。

20年前にも彼が新聞に寄稿した『アトピー教室』に批評したのを思い出します。また、ここで書くとは思いませんでしたね。

『金●大学病院 ●●教授のアトピー教室(中日新聞)を斬る 2000/2/26』
https://www.atoppos.co.jp/html/13ronsou-4.html

『ドクター●●のアトピー教室』 に寄せて

1999年10月14日より、北陸中日新聞に掲載された「ドクター竹原のアトピー教室」を当HPに掲載しました。

 掲載の目的は、日本皮膚科学会の「アトピー性皮膚炎不適切治療健康被害実態調査委員会」なるものが、いかに不純な考え方で活動を行っているか。

 委員長自身が、「私はアトピーが専門ではありません」と言っている様に、アトピー性皮膚炎を本質的に理解していない医師達が集まって民間療法を叩いても、何も解決できるものではない。

悩む患者は何を信じて良いのか、心まで病んでしまっている。

 この連載筆者、竹●氏は当初「私のような専門家がステロイドの処方をすれば副作用は出ない。副作用の出ている患者は、勉強不足の医者が処方したからだ」と言い放ち、雲色の怪しくなった今では、冒頭のように「皮膚科専門ではありませんが」と素人言葉になってしまう。

 このようなカメレオン医師が筆耕したことを考慮して呼んでいただきたい。
付け加えるが、彼の治療でアトピー性皮膚炎を克服された方は皆無に等しい。”

・・・・・当時、こんな言葉で批評をスタートしました。


久々に彼のこれからの進行などを拝見させていただき、大丈夫かなぁ、、敵対というより心配が先に来ます。

自営は簡単ではないと思いますよ。これまでの書き込みから、今回始める訪問医療も長続きしないような気がして心配です。

ということは、薬も出ないとなれば、ステロイド販売の製薬マネーも打ち切りです。自由診療となれば、ステロイド剤も定価ですね。近所の皮膚科に行ってステロイド剤買うと思いますよ。

ここに今回のテーマ『アトピーは治るか』を批評してみよう。1回の書き込みに対して1回のコメントだから、読み辛いと思いますがご容赦ください。



アトピーは治るか(1)

アトピー性皮膚炎は必ず治ります。25年間の金●大学病院でのアトピー診察でも大勢の患者さんが卒業していきました。老人のアトピーはほとんどいない、それが証拠です。 


【赤嶺コメント】
どうして治すのですか?
ステロイド剤ですか?
それで本当に解決できるんですか?

ステロイド剤無しでピカピカの皮膚になった方何人居られますか?
 

とみんなは聞きたいんです。

記憶にないのでしょう。来院しなくなったから改善したんではないですよ。

あなたに見切りをつけて、他の療法へ行かれたんです。当方にも平成元年でも300人は来ておられましたよ。ほとんど改善していますよ。克服までサポートしますので・・・。

で、老人にアトピーはいないでしょうって、老人が子供のころアトピーはありませんというより、ステロイドによる副作用は受けていません。

だから、いないのです。

しかし、老人ホームでは、皮膚の乾燥で痒みが出たときは、多くの方にステロイド剤使用されているみたいですよ。

ステロイド被害が始まった40年前の子供さん、40代、50代にはたくさんの被害者がいますよ。50年間もステロイド剤による被害を受けて苦しかったと思いますし、まだまだ続きます。

その影響による、他の障害も複合して辛い思いをしています。もう、『老人のアトピーは居ないでしょう』っていう教授らしからぬフレーズは辞めましょう。

アトピーは治るか(2)

巷では、ステロイドを塗ると自然治癒力が抑えられて、自然治癒が遅くなると言われていますが、それは事実ではありません。大学で担当している小児患者は1,2歳以降で受診する患児が多いのですが、小矢部や南砺の外勤先では生後半年くらいで受診するケースが多いです。そして早く治療を開始したケースでは、2,3歳までにおおむね緩解するのが標準的です。 


【赤嶺コメント】
早くステロイド治療を始めれば、2,3歳までに克服できるということですか?

なんか意味が分かりませんが、生後間もない子供のアトピーは、まず町の皮膚科へ行かれてステロイド剤処方をされるか、ステロイド剤を使用したくない患者はジプシーとなり、脱ステ医師へ向かいます。

患者さんは、自然治癒力が抑えられないという理由を教えていただきたいのです。提示できない結果ではなく、メカニズムも重要だと思いますよ。それで全員良くなっているのであれば、成人アトピーはゼロですよね。その多くは、いや全員ステロイド剤のスタートなのです。

アトピーは治るか(3)

私が医師になったころは巷でも大人になるとアトピー性皮膚炎は自然に治ると言われていました。それでは、どうして成人型のアトピー性皮膚炎がこの半世紀増えてきたのでしょうか?それは、ステロイドバッシングのせいで小児期の治療が不十分なったからです。

【赤嶺コメント】

ステロイドバッシングですか?
そのバッシングも根拠がないわけではないでしょう。あなたのいう悪化・副作用の結果なのですね。ステロイド剤を外して、何もしないでも痒くもないピカピカの皮膚になることが目標なのです。

小児時期の処置の間違いですか、全部ステロイド剤処置ですよ。結果からいうと、ステロイド剤を使用すると改善し辛いということではないですか。可哀そうでしょう。

先生、すべて他責となっています、ご自身のこれまでの書籍や週刊誌、テレビなどでの告知・訴えが多くの犠牲者を作り上げたともいえるのです。その責任は大いにあると思いますよ。

アトピーは治るか(4)


成人型の患者さんで、治療経過が良好で通院間隔が3ヶ月、4か月、半年、1年に1回と延長していって、いつの間にか来なくなったなあという患者が金●大学病院時代だけでも数百人はいます。それらの中で、数年の緩解期を経て再受診した人は私の記憶の限り2名だけです。しかも、1,2回の通院ですぐに緩解していきました。ですから、いったんきちんと緩解した患者さんは再燃することはまれなのです。

【赤嶺コメント】

来なくなった方々の追跡はされましたか?間違いなく再発しています。

また戻っても同じ繰り返しだから、いろいろと情報を収集して、違う指導者のところへ行ったのだと思いますよ。再審された2名の方のようにみんな同じなのです。

そりゃ、ステロイド剤塗ればだれでも一時的に緩解するでしょう。

患者さんは、ステロイド剤も保湿剤も処方しないで、痒みのない、炎症のないピカピカの皮膚
を会得して、恋愛も結婚も子育てもしたいんですよ。

目標位置が違いすぎるのではないですか?
まさか『アトピーは一生治りません』と思っているのでしょう。
仲良く付き合っていきましょう・・・ですか?

アトピーは治るか(5)


アトピー性皮膚炎は必ず治りますが、なかなか治りきらない患者さんは「まあ、いいか」ということで、症状の自己管理が甘い人です。完全にコントロールするか、辛くなければいい程度なのか、自己管理の程度で完治へのスピードが変わります。


【赤嶺コメント】

今度は、患者の自己管理が悪いということですか?

仲間とされる皮膚科医に対して『経験の少ない医者は塗り方を知らない、薬の選択が悪い』と揶揄し、患者も揶揄し、、、、そういわれる自己管理の一つが、ステロイド剤の徹底塗布でしょう。

いつストップできるか教えないからでしょう。

人間は食べて生きていること、それがどのように影響するかなど教えないでしょう。何食べても問題ない、食が影響するものではないと言っていましたよね。患者さんを揶揄してはいけません、、、それはあなたの指導不足です、というより、理論不足。

このレベルであれば、相当の勉強しないと訪問診療はできませんよ。患者はいろいろ勉強されて何でもよく知っていますよ。

1回、『な~んだ、教授だったといえ何も知らないんだ』と、少しでも思ったら、再診はないですよ。

アトピーは治るか(6)

詳しいことは省略しますが、超重症のアトピーから立ち直って自己管理を完ぺきにこなしていた女子大生に「大学の新しい友人に昔重症のアトピーだったなんて誰も信じないよね。」と言ったところ、「私、アトピーじゃありません。」という答えが返ってきて、真意が分からずに困惑したことがあります。よく聞いてみると、「友達と話している時には、自分がアトピーだということは全く忘れています。」とのことでした。年に1回の通院でほぼ完ぺきにコントロールされている彼女はわずかにステロイド外用薬を使っているとしても、治ったも同然ですよね。今彼女は、完全治癒して、某日系航空会社でCAとして元気に働いています。

【赤嶺コメント】

自己管理を徹底して、改善されたとする大学生の彼女、その後どうなったのでしょう。

この大学の時期に本当の改善を見なかった場合は、社会人になってもステロイド剤処置で厳しいと思いますよ。恋愛のこと、今後の家族形勢のことなど、いろいろと思ったら、ステロイド離脱するしかないよね・・・となりますよ。

いつ迄続くのかその指針を示さないから、患者さんは迷うんです。僅かなステロイド剤を使用していれば、それは完全治癒していませんよ。お仕事柄、処置は色々大変ですから、季節によっても変化しますしね。悪化した場合は、確実にステロイド剤処置しますよ。終わりがないんです。


【まとめ】
患者さんを幸せにする!っということを前提に治療を続けてほしいです。

 

そのためには、もっと勉強が必要ですし、民間療法を頭ごなしに否定するのではなく、どんな思いで、どんなメカニズムをもって、どんなスケジュールでサポートしているのか、知ることも大事ですよ。

プライドが許さないだろうけど、土下座してでも患者さんのために完全克服理論を獲得していただきたい。

訪問診療は、初期資金も少なく経費も掛からないので、理論の乏しい先生方としては失敗しない方法だと思います。


次回は、●●教授(3月31日まで)のお孫さん(8か月)がアトピー発症したようで、まだ2か月経過ですが、そのスタート時期、現在のコメントを見てみましょう。

そして、追いかけてみたいと思います。おそらく、このままの進行では厳しく、親子問題(喧嘩)が発生すると予想されます。この結果で、ステロイド剤の問題を見直して、本当のアトピー治療に臨んでいただきたいと、心から思います。




アトポスSP

 

電話相談(毎週水曜日)・有料面談

 

無料相談メール

 

【生後間もなく~7ヶ月までのお子様の無料相談フォーム】


【生後8ヶ月以上のお子様の無料相談フォーム】


 


アトピー性皮膚炎ランキング にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村