生きるために不必要で大切なもの[Rental Heart Cafe self-cover] -24ページ目
<< 前のページへ最新 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24
April 13, 2005

思うこと

テーマ:自己
040831

曲を書く
書くたんびに
同じ疑問

どうして歌うの?
理由なんかいらないと思う
理由が大切だとも思う

誰かのために歌いたい
結局ひとりよがりだから
誰かのために歌いたいフリ

存在の意味にたどり着けば
痛い思いをするかも‥‥
なのに意味をさがしてしまう


優しさは感情の中心にある
外側を削ぎ落とすために
言葉にして吐き出す

悲しみや苦しみを潰すと
感情の残骸が山になる
僕は優しくなりたい

聴いてもらうことイコール
感情を掃除してもらうこと
そして優しくなれる

だから曲を書く
新しい出会いのために
きっと‥‥出会うために



No.0001
040831
April 12, 2005

ブログ‥‥

テーマ:挨拶
040830

大きな渦に巻かれながら、ブログ!たちあげです。
ひたすらダラダラと書いてゆく!書いてゆく!
私、梅田 凡乃 (Umeda Hirokazu) です。
なんだかよくわからんが、今日はここまで!



No.0000
040830
April 01, 2005

『R.H.C. self-cover』について

テーマ:挨拶
 こんにちわ、作者の梅田凡乃です。
  『Rental Heart Cafe self-cover』『Rental Heart Cafe B-side』を文字通りセルフカバーするサイトです。『B-side』は毎日更新ですが、『self-cover』 は不定期更新です。
 タイトルの“Rental Heart”は、僕が「自分の心を押し売りしない」ことを心がけるためにつけたコンセプト・フレーズです。言葉やメロディを一方的に押しつけるようなことは意識して避けようと思って。‥‥それで「僕の心貸し出します、ご自由にお持ち下さい」的な思いで“Rental Heart Cafe”と名付けました。
 もちろんレンタルされたハートの使い道はご自由になさってください。延滞金も発生しませんし、心の穴が埋まったりして必要がなくなったときにいつかご返却いただければ結構です。‥‥なんちってコジャレたこと言ってますけど、ホントのところ作品に触れてもらえるだけでうれしいんです。
 “Rental Heart Cafe”では、言葉を綴る想いがフィクションなのかそうでないのか、僕にとってそれはあまり重要ではなくて‥‥、少しでいいから誰かと共振できるハートでありたいなって‥‥。気軽な感じで誰かが読んでくれて、ちょっとだけ共振してくれて‥‥、そんなこともあるよねくらいの感じで‥‥。そういうのとっても嬉しいんです。
 コメント、トラックバック、リンク等もお気軽にどうぞ。お待ちしてます。
<< 前のページへ最新 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス