1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
June 30, 2005

混濁

テーマ:癒し
041027

ストーリーのない夢を見ていた

幾何学的な迷路をただ逃げまわっていた

それは高熱に冒されたときに必ず現れるプログラム

脳ミソのすべての回路をチェックしているような

夢は機械的な動作をくりかえした



ぼんやり目が覚めると

僕の躰はベッドに縛りつけられていて

あちこちにビニールの管がささっている

白い天井と静かな気配

記憶の断片がまるで連結しない



視界に母の泣き顔がとびこむ

何かしゃべっているけどよく聞こえない

母の手は僕の手を懸命につかんでいた

僕は言うべきことが見つからないのだけど

心がとても安らいだ



No.0059
041027
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
June 29, 2005

ふたりの確立

テーマ:恋愛
041026

サイコロを振って2の目が出る確率

‥‥‥‥‥‥6分の1


君の電話の受け答えが不機嫌な確率

‥‥‥‥‥11分の2


夕食に何を食べたいかがすんなり一致する確率

‥‥‥‥‥‥5分の3


週末に観たい映画がすんなり一致する確率

‥‥‥‥‥47分の1


落ち込んでいるときに君が優しくしてくれる確率

‥‥‥‥‥‥2分の1


スケジュールがすれ違う確率

‥‥‥‥‥31分の4


ベッドで君が先に寝てしまう確率

‥‥‥‥‥‥7分の6


大喧嘩をしてしまう確率

‥‥‥‥‥18分の1


君を大好きな確率

‥‥‥‥‥10分の9


ふたりの幸せの確率

‥‥‥100分の99



No.0058
041026
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
June 28, 2005

手品

テーマ:恋愛
041025

こっちおいで

新しい手品してあげる

ここすわってごらん


タネも仕掛けもないカードです

どうぞ調べてください

‥‥真剣な顔しちゃってぇ


手品見てるときにね

君がキャッキャって

不思議がるのが大好き‥‥


さぁすごいのやるよ

でもそんなじっと見てたら

手がくすぐったいよ


‥‥ほら!どうだ!驚いた?

なんでなんでって手品ですからねぇ

だぁめ一度しかしないの


それじゃ今度は君の番

いつものように甘い呪文で

恋の魔法をかけてください



No.0057
041025
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
June 28, 2005

テーマ:絶望
041024

ごめんね

逢いに行けないや


散らかした部屋の隅で

息をしています



思考

回路


切断

しました



君にそのことを

伝える気力もないのです


ごめんね

逢いに行けないや



No.0056
041024
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
June 26, 2005

生命のカタチ

テーマ:矛盾
041023

生命が削れてゆく

日々

毎日


磨り減ってゆく


石鹸のように

少しずつ

少しずつ



けど僕の自我は

残酷なほど

幼くて


信じている


すべてが

なくならないと

不用意に信じている



生命が削れてゆく

日々

毎日


磨り減ってゆく


川底の石のように

少しずつ

少しずつ



けど僕の愛は

終焉原理を

受け容れず


信じている


あなたが

いなくならないと

無防備に信じている



No.0055
041023
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
June 25, 2005

必ずお読みください

テーマ:癒し
041022-a
心にゴミがたまってしまった場合は
そのままにしない

決して埋め立てずに丁寧に濾過して
から、それぞれのゴミに適した方法
で処理してください。
●激しくこすったり無理にはがした
 りしないですむように、普段から
 早めのお掃除が効果的でしょう。

041022-b
心のパイプがつまった場合はあわて
ずに一時停止する

しばらく心が冷えるのを待ってくだ
さい。信頼できる誰かに相談するか、
ひとりで旅に出るとパイプが通るこ
ともあります。
●そのまま動かし続けると心が壊れ
 てしまいますのでご注意ください。




No.0054
041022
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
June 24, 2005

既視感

テーマ:恋愛
041021

あなたの
柔らかい肌に
ふんわりと包まれ

この一瞬が
永遠なら
いいと思う


太古の記憶がよみがえって
からだごと既視感にとらわれて
僕のDNAが安らいでいる

水の中にいて溺れなかった
心地よい鼓動が響いていた
すべての敵から守られていた


あなたの
温かい体温に
ぼんやりと包まれ

この一瞬が
永遠の
かけらだと思う



No.0053
041021
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
June 22, 2005

テーマ:抒景
041020

雨が舞っている

見えないほど小さな

雨が空を舞っている



深く息を吸う

渇きを癒すほど

濃厚な空気



街が霞んでいる

シフォンをかけたように

街が遠く霞んでいる



傘はささない

きっと躰は濡れてしまい

傘は用をなさない



この雨のすべてが氷に姿をかえて

空気の粒よりもっと細かく

僕を切り刻んでほしい



この雨のすべてが硫酸に姿をかえて

原始の海に還るまで

街を浸食してほしい



そして

僕は

自由になる



No.0052
041020
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
June 21, 2005

グレープフルーツ

テーマ:恋愛
041019

料理本とにらめっこしてる彼女
キッチンから追い出された僕は
ベランダのハーブを収穫したりして


青々としたバジルを差し出すと
「ご苦労さま」とおどける彼女
なにやらグレープフルーツと格闘を始める


「何ができあがるの?」と訊ねると
「内緒」と彼女
開いたページには鶏肉の写真


またまた退散した僕が
リビングで落ち着かないでいると
今度は彼女が顔をのぞかせる


「恋してる?」「もちろんしてるよ」
「私が大切?」「もちろん大切だよ」
「どうして?」「どうしてって‥‥わかんないよ」


ちょっと不満そうな彼女が
白ワインとグラスを抱えてきて
僕の隣りにちょこんとすわる


「ごはんどっか食べに行こうか」と彼女
「どうして?怒ったの?」少し心配な僕に
「フルーツソースは私向きじゃないみたい」と彼女は苦笑い


ストッキングに足を通す彼女にさりげなく訊いてみる
「不安なの?」「もちろん不安よ」
「どうして?」「どうしてって‥‥わからないわ」


「さて、なに食べたいの?」
彼女は僕の腕にしがみつきながら
「あなたはお魚がたべたいんでしょ」


彼女は僕にとても敏感なのに
僕は彼女にいつも鈍感なんだ
僕には予想のつかないことばかりで


彼女と僕が少しだけずれている



No.0051
041019
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
June 19, 2005

プロポーズ

テーマ:恋愛
041018

日々の忙しさに追われて

そういえば忘れてたよ

海を見るのが大好きだったんだ

少し休憩しようかな


よければ一緒に行こうよ

海を見たいんだ

大げさかもしれないけどね

何億年も前に僕らが生まれた場所なんだよ


ところで僕は

あなたの写真を持ってないんだ

いなくならないならいらないけどね

ずっといなくならないならね


ついでにいうとね

あなたを守っていこうと思う

あなたが許してくれるならね

ずっと守っていきたいんだ



No.0050
041018
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。