【 訪問着用帯 】 15 ≪ 有職霞段文 ≫ | umegakiorimono ときどき日記

umegakiorimono ときどき日記

京都西陣の織元梅垣織物が ≪ 作り手の気持ちを伝える為に “ 西陣織帯地 ”や“ 西陣の事 ”
そして “ 美味しいお店やちょっとした出来事 ” ≫ を紹介させて頂く日記です。
 
『 和装や京都に興味のある方は、是非ご覧ください 』


テーマ:
いつも “ ときどき日記 ” にお付き合い頂き有難うございます。


今回のこの帯は 『 有職文様 』 を霞取にデザインした柄です。

『 有職文様 』 とは平安時代以来、公家の服装や調度品などの “ 装飾 ” に用いられた日本独自の優美な様式を持つ文様です。正倉院文様などは日本風土に添うように和装化したもので、飽きのこない優雅な吉祥文様として “ 礼装 ” などに多く用いられています。

     $umegakiorimono  ときどき日記

                        ≪ 有職霞段文 ≫

この帯の特徴は、当たり前のものを当たり前に造る難しさです。
ひとつひとつがコピーにならないようにフリーハンドの 「 やわらかさ 」 を、七宝や唐草といった一般的な割付文で、その「 やわらかさ 」を表現する事が難しかったからです。

     $umegakiorimono  ときどき日記

この帯は、「 引き箔 」( ひきばく )と呼ばれる 『 技法 』 を用いています。( 説明が重複してすみません。)

「 引き箔 」 とは、和紙に “ 薄い金銀箔 ” を張った無地のものや、“ 漆 ” に顔料を混ぜて多彩な色を出したもの、またそれらを組み合わせて模様を表したもの等を極細に裁断し、それを一本一本織り込んでいく技法の事です。それを用いる事で生地に抑揚を付け上品な深みを持たせる事ができます。

現在この技法を継続しているメーカーは全体の一割近くしかありません。
なぜなら、引き箔は和紙に片面だけ色柄を付けたもので、裏返ると土台の紙が見えてしまい綺麗に引き揃える為には、一度 「 機 」( はた )「 織る機械 」 を止めてヘラで一本一本引き揃えるように織り込まなければなりません。このような高度な技術が必要になり、高額になる為「 引き箔 」にこだわるメーカーが激減してしまったのです。

しかし、弊社は 「 引き箔 」 でないとできない表現には「 引き箔 」を用いる事に拘っています。この ≪ 有職霞段文 ≫ もその拘りの一つです。

≪ 有職霞段文 ≫ はこのように非常にオーソドックスな題材を、意匠・素材に拘り上質に織り上げた帯地です。

     $umegakiorimono  ときどき日記 $umegakiorimono  ときどき日記

ちなみに、無地に見えるクリーム地が 『 引き箔 』 です。 別腹文( 締めた時にお腹に出る場所です )

     $umegakiorimono  ときどき日記

          この帯は【 留袖帯 】【 色留袖帯 】としてお締め頂ける帯です。

いつも難しい説明になってしまい、すみません。“ 帯の写真 ” だけでも、お楽しみ頂けたら有難いです。

お付き合い頂き有難うございました。


過去の日記は【 和装小物・バック umegakiorimono オンラインショップ 】をご覧頂けると有り難いです。
http://umegakiorimono-online.jp/hpgen/HPB/categories/7431.html


$umegakiorimono  ときどき日記


京都西陣 ㈱梅垣織物ホームページ http://www.umegakiorimono.co.jp/


2箇所のランキングに参加しています。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ   人気ブログランキングへ
にほんブログ村 
2箇所共クリックして頂ければ有り難いです。

umegakiorimonoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス