オール・アバウト・アンナ (勝手にデンマーク映画祭 10本目) | キネマの天地 ~映画雑食主義~

キネマの天地 ~映画雑食主義~

レンタルビデオ鑑賞日誌



(ほぼ)一日一本のペースで映画の感想を書いてます。


テーマ:
オール・アバウト・アンナ [DVD]
¥3,416
Amazon.co.jp


内容:スウェーデンの女流監督、ジェシカ・ニールセンが女性のために手掛けたエロティックサスペンス。5年前に別れた恋人・ヨハンのことが忘れられないアンナ。あるパーティーで偶然ヨハンと再会した彼女は、なぜか彼を拒絶してしまい…。R-15作品。(amazonより)


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲



はい!「勝手にデンマーク映画祭」10本目は、映画祭恒例のエロティック枠ですね(笑)、

「オール・アバウト・アンナ」です。






…っと普段ならここであらすじを記載するトコですが、今回は割愛します。

だって…まぁ、理由は後述しますね。




今回デンマーク映画祭をやるにあたって色々探してるうちに偶然行き当たった本作。

映画祭企画をやる時は出来るだけいろんなジャンルの作品をご紹介できるように

チョイスしてるので、ほぼ唯一のエロティック作品と思われた本作は当然観なきゃなぁと

よく調べもせずに借りたのですが…




結論から言うと、この作品は“エロティック映画”ではありません。
















れっきとした、ポルノです!!!!(爆)






はい、売り文句は『女性による女性の為のポルノ』

スウェーデンの女性監督が、「女性が見て楽しめるポルノ映画」という意図で撮った

作品のようです。

なのでメインは当然ラブシーンであり、一応ストーリーはあるもののそれは添え物でしか

無いんですよね、別れた恋人を忘れられずに悩む女性の心理が物語の背骨として

終始貫かれてますが、たいして掘り下げられてもおりませんし。

ラストなんて延々SEXして終わりますからぁ~~( ̄Д ̄;;



ポルノ映画だけあって、ヌードはもちろんのことキワドい(そしてドギツい)描写もかなり

多いのですが、さすが「女性の為のポルノ」を謳っているだけありますね、ただエロいだけ

じゃなくしっかり綺麗に撮られてます。

でも、さすがに早送りしないと観てられなかったな。。。(^_^;)

収録時間は約90分と元々短いんですが、早送りしまくったせいもあって結局50分ぐらいで

観終わっちゃいましたよ(つまりそれだけラブシーンが多いという事)

まぁ1時までW杯予選を観たあとに鑑賞したから早く終わってくれて助かったんだけど(笑)



キャストに関しては…う~ん、特に言う事は何もないかな(;´▽`A``

…あっ!主人公の別れた恋人役の俳優はなかなかオトコマエな上に物凄いマッチョですよ!

筋肉フェチの女性にはオススメです(笑)





総評。

今日の記事こそ閲覧不可能になっても仕方ないわな(笑)

まぁ面白いウンヌンって映画じゃないですし、あくまで女性向けなので青少年諸君にも

あまりオススメできません。興味のある女性はどうぞ!

…ってこれで「観てみたいです!」ってゆ~勇気のある女性はなかなかいないだろうけどw




馬面冠者さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス