脱帽 敗れました | 毎日が一口馬主!

毎日が一口馬主!

一口馬主の楽しみを365日満喫してもらうためのブログです。

今年は阪神競馬場で行われた、最後の一冠、菊花賞(GⅠ・芝3,000m)。

 

タイトルホルダーが逃げ切り、他の馬と5馬身以上の差をつけて圧勝した。

 

 

タイトルホルダー 3歳牡 父ドゥラメンテ、母メーヴェ、横山武騎手、栗田厩舎、

山田弘オーナー、岡田スタッド生産 優勝

 

 

戦前から岡田スタッドの岡田牧雄氏が、「絶対に逃げる炎」宣言をしていた同馬。

 

「GⅠ戦だから、マークされて途中から厳しくなるのでは」と思っていたが、終わってみれば、

先行勢に、同馬に鈴を付けられそうな馬達が乏しかったんだな・・・・・と振り返った。

 

 

最初は大逃げの様相を示しつつ、中間の5Fで絶妙にペースを落とされた。

 

最初の5F 60.0秒→次の5F 65.4秒→最後の5F 59.2秒

 

 

 

セファーラジエルが途中上がっていったが、騎手の心理からするとタイトルホルダーに

ガチで喧嘩を売ると失速しかねない。この心理を逆手に取った、強気の騎乗が功を奏した。

 

 

「後ろの馬達は、魅入られたようにホントに動かなかったな・・・・・・」と感じた。

(ゴールドシップ産駒のヴェローチェオロは、もう少し早めに捲ると深読みしていたのだが・・)。

 

 

但、そうは言っても、阪神の2度の坂越えを力で逃げ切ったのは、真の実力に違いない拍手

 

春にシュネルマイスター、ダノンザキッドを抑えて弥生賞を制覇。皐月賞でも2着。

先行勢の中では、抜けて格上だった。陣営の皆様は、誠におめでとうございましたお祝い

 

==================================================================

 

他では、ステラヴェローチェが4着と届かなかった事も、ルメールのオーソクレースが巧く

2着に入った結果も、阪神2,200mで好走歴のあったディープモンスター、ヴェローチェオロの

善戦も、戦前の予想的には納得している。

 

 

3着の紅一点ディヴァインラヴだけには驚いた。小倉のタイランドCで、レコードにコンマ1秒の

レース内容は秀逸とは思っていたが、二度の坂があるこの舞台で、52kg→55kgで3着とは注意

 

同馬は夏の昇り馬として、今後の重賞戦線でも期待できるだろう。

 

 

さて、ヴァイスメテオールは、後方からオーソクレースの直後で何とか我慢はできていたが、

直線で伸びなかった所を見ると、単に距離が長かったのだろう。適距離で改めて見直したい。

 

 

 

現地入りの馬トモと、TV前の自分とで真摯に応援をしたが、残念ながらクラシックには

また届かなかった。陣営の皆様は、お疲れ様でした。

 

 

 

最後に (個人的には)、先行力があって賞金額も足りていたルペルカーリア(キャロット)に、

この舞台でタイトルホルダーと競って欲しかったなと、少しだけ名残惜しさを感じた。

 

以上、菊花賞の回顧でした。