今週のメインエベント ~きさらぎ賞~

テーマ:

めっきり寒い今日この頃。財布の方も寒い日々。今週当たり、ドカンと大きい馬券当たりませんか。

そんな期待を込めて、今週は満を持しての西の重賞で、渾身の一本勝負です

 

きさらぎ賞の本命馬はグローリーデイズです!

 

過去10年のこのレースのデータから。
まずは前走着差別成績に注目
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
0.9秒以内 12%-24%-34% /  92円- 95円
1.0秒以上  0%- 0%- 9% /   0円- 30円

 

ここ数年はここから皐月賞へ直行する馬も増えてきたように、すでにクラシック戦戦を意識するレース。レースレベルは高く前走着差0.9秒以内の馬が狙い目。

 

次に前走着差0.9秒以内に限った、前走上がり3Fタイム別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
2位以内 14%-32%-44% /  61円-108円
3~5位  9%-19%-28% /  46円- 98円
6着以下  6%- 6%-13% / 114円- 27円

直線の長い京都外回りコース、前走速い上がりを使っていた馬は有利。また、この頃の3歳戦で最後に速い脚が使えるということはまだ余裕があるということにもつながります。
ということで狙いは前走上がり3F2位以内の馬。

また前走着差0.9秒以内に限った、前走クラス別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
新馬・未勝利   4%-13%-27% /  62円-105円
500万下    10%-36%-46% /  26円-123円
オープン    18%-18%-25% / 117円- 40円

回収値にばらつきはありますが、連対率・複勝率が断トツ群を抜いて、軸としては抜群の信頼感があるのが前走500万下組。狙いはこの組。

さらに前走500万下クラスで着差0.9秒以内に限った、レースキャリア別成績を見てみると
  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
3戦以内 21%-64%-71% /  57円- 92円
4~5戦  0%-16%-33% /   0円-200円
6戦以上  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

レースレベルが高いにもかかわらず前走500万下ということであれば、キャリアが浅いうちに脱出できた方が良いに越したことはありません。ここでの狙いは勝ち馬がすべて出ている、キャリア3戦以内の馬。

この時点で該当馬はグローリーデイズのみ。

というわけで本命はグローリーデイズとしました。

 

 

また★馬(=推奨穴馬)はニホンピロタイドです。

父か母父ノーザンダンサー系の馬で、前走1着かつ前走と同じ騎手が継続騎乗した馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 12%-62%-62% /  21円-168円

 

唯一の該当馬となる、この馬を穴で。

 

 

予想評価(本命=グローリーデイズ

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=ニホンピロタイド
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=最高」



また消し馬(=キルクル)はカツジです。
過去10年のこのレースで、前走GⅠ出走馬を除く、前走4番人気以下だった父ヘイロー系の馬は(0,0,0,18)。また、今回中9週以上の休養明け初戦となる馬で、前走1800m以下のレースで負けていた馬は(0,0,1,6)。前走時点の実力評価の低さ、加えて休養明け初戦のローテーションにも不安のある、この馬を消します。

 


 

クリックお願いします!

↓↓↓