トリプルメインエベント、最後は2歳GⅠ・阪神ジュベナイルフィリーズです!
このレースこそ、本当に相性の良いGⅠ!・・・のはずですが(汗)
 
阪神ジュベナイルフィリーズ
の本命馬はアロマキャンドルです! 


昨年から馬場が改修され、阪神外回りの1600m戦
(外回り)となったこのレース。
まずは昨年の馬場改修以来、開幕1週目に行われた阪神芝1600m戦
(外回り)との相性について調べました。
昨年の馬場改修以来、開幕1週目に行われた阪神芝1600m戦は13戦。その中で1勝以上かつ複勝圏内入着馬を2頭以上だしている父系の血統を相性の良い血統として絞り込むことにしました。
該当するのは
ヘイロー系(5,7,7,49)
ミスタープロスペクター系(2,1,3,19)
グレイソブリン系(1,2,1,7)
ロベルト系(1,1,1,10)
ヴァイスリージェント系(1,0,1,12)

まずは父系統は以上の5系統に絞り込みたいと思います。

そのうえで過去10年のこのレースのデータから。
過去10年20頭の連対馬の共通項は
①前走8番人気以内
②重賞勝ち馬を除き、前走8着以内
③休養明けの馬を除き、キャリア5戦以内
④休養明けの馬はOP特別以上のクラスで3着内の経験あり
⑤前走条件クラスの馬は「新馬戦」もしくは「500万下条件」に出走し、5番人気以内かつ0.5秒以上負けていない

該当馬はアロマキャンドル、エイシンパンサー、エイムアットビップ、オディール、トールポピー、トラストパープル

ここからは各馬の前走出走コースと、阪神馬場改修後の開幕1週目に行われた阪神芝1600m(外回り)戦出走馬の前走コースの相性を照らし合わせて見ていきます。

まず前走ファンタジーS1~3着馬のエイシンパンサー、エイムアットビップ、オディール。
阪神馬場改修後、「前走京都芝1400m(外回り)」→「
開幕1週目阪神芝1600m(外回り)」のローテーションでの出走馬は(0,1,0,8)。2着に入ったのは去年のこのレース2着だったアストンマーチャン。そのアストンマーチャンは3連勝(重賞2連勝)でこのレースを向かえ、このレース断トツの1番人気でした。そこまでの勢いがありながら2着に敗れたことを考えると、今回の3頭はそこまでの勢いは無くアストンマーチャンレベルの走りをする可能性は低いと見ます。よって3頭は割引。

トラストパープルは前走東京芝1400m戦を使われてこのレース出走。
阪神馬場改修後、「前走東京芝1400m」→「
開幕1週目阪神芝1600m(外回り)」のローテーションでの出走馬は(0,0,0,2)。サンプル数も少なく、負けた2頭は8、14番人気と人気薄だったため参考にはしづらいですが、この馬もさほど人気にならないであろうことを考えれば、人気を上回って好走する可能性も低いと見ます。これも評価は割引。

前走京都芝1800m戦(外回り)出走のトールポピー、前走東京芝1600m出走のアロマキャンドル。この2頭は甲乙つけがたく並べて比較します。
阪神馬場改修後、「京都芝1800m戦(外回り)」→「
開幕1週目阪神芝1600m(外回り)」のローテーションでの出走馬は(1,1,0,3)。単勝回収値222円、複勝回収値62円。
阪神馬場改修後、「前走東京芝1600m出走」→「
開幕1週目阪神芝1600m(外回り)」のローテーションでの出走馬は(1,1,1,2)。単勝回収値100円、複勝回収値168円。
どちらも1勝2連対と好相性ですが、回収値を見ると「前走東京芝1600m出走」組の方が複勝回収値に期待が持てる分、こちらに魅力を感じます。
ということで本命はアロマキャンドルとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はヤマカツオーキッドです。

阪神馬場改修後、「開幕1週目阪神芝1600m(外回り)」全13戦でコース関係なく見た場合に5勝と最も相性が良いのが前走距離1800m戦出走の組。5勝全ては父ターントゥ系の馬で、その全体成績は
     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
ターントゥ系  20%-25%-33% / 117円- 65円

なかなかの好成績。該当する唯一の馬ヤマカツオーキッドを狙います。
ちなみに母ヤマカツスズランは旧コースながらこのレース勝ち馬。前走池添騎手→今回外国人騎の乗り替わりパターンも母が勝った時のパターンとかぶります。



予想評価(本命=
アロマキャンドル
「自身度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」
予想評価(馬=ヤマカツオーキッド
「自身度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」


また消し馬(=キルクル)はエイシンパンサーです。
過去10年のこのレース。前走ファンタジーSで3着以下に負けた馬で、このレース巻き返した馬はすべての馬にOP特別以上のクラスで勝利がありました。勝ち鞍は新馬戦のみのこの馬、やや不安が残るところ。今回は消しとします。



~♪GⅠ特別シリーズ ハニーの気まぐれ予想♪~
今年ハニーに大万馬券を提供してくれた、アルドラゴンが引退してしまいました。しょんぼり。 
アルドラゴンのためにも当てたいです!

ハニーの阪神ジュベナイルフィリーズの本命馬トールポピーです!

前走池添騎手が乗ってた馬は、今回3頭もでていますが、あえて抽選対象のこの馬に乗ってきたということは、それだけの手ごたえを感じてのことと思います。さらにハニーデータ的にも、このレースでは1800m~2000mの長距離実績がある馬が有利。本命はこの馬!


ハニーの★馬(=推奨穴馬)ヴァリアントレディです!
穴馬指名の巧い、中日スポーツ武田記者が唯一の◎印。気になる・・・。

そして和田竜!




クリックお願いします!
↓↓↓
人気blogランキング