ボストン教会売却を巡る怒り その2 | 統一教会浄化運動支援の会

統一教会浄化運動支援の会

「あなたがたは、地の塩である。もし塩のききめがなくなったら、何によってその味が取りもどされようか。」マタイ伝5章13節


テーマ:

あなたは決定を理解していない。

 

(決定とは何だ?)

 

決定とは話し合いだ。我々には、ビル売却の許可がある。決議はない。法的決定はない。でも、決意と中心者からの方針はある。そして、お母様からの許可がある。なぜなら。

 

( x x x   、  理事会が)

 

私にまず言わせてくれ、ジム。私にまず言い終われせてくれ。私にまず言い終われせてくれ。私の報告をまずさせてくれ。Ok なぜなら、私は金博士とバルコム博士と一緒にいた。お母様と一緒にいた。お母様は、「私たちは次へ進まなければならない」、と言った。私たちは、ビジネスをうまくできないで、お金を失うことをしてはならない。お母様は、「もし、このビジネスを好転させることができないのなら、お金を儲けられなくて、自分を維持できないのなら、売却されなければならない。そうでないなら、改善されなければならない。そして、繁栄しなければならない。もし利益を出せないなら役割を変える、ビジネスを変革する、それでもダメなら売ると言って、私たちはいくつかのビジネスを売却した。お金をひどく失っていた。マンハッタン・センター、マンハッタン・センター・プロダクションは、過去17年お金を失ってきた。ワシントン・タイムズには$1.3ビリオンのお金を費やした。お母様は明確にした。これ以上投資するのではない。そのように心を決めた時、全てが変わった。心を決めた時に、神は祝福する。信じられないほど街を祝福する。人々は、ワシントン・タイムズは変えられないと言った。絶対に無理だと言った。でも、一旦心を決めたのなら、私たちを援助する人々が現れた。神がボストンでなしたいことには、人々が現れる。助ける。当時、ボストン教会を売却する決議はなかったし、買い手もなかった。でも、買い手が現れた。だから、今対話をしているのだ。

 

 

 

以上

クリックよろしく

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 家庭連合へ
にほんブログ村

統一教会浄化運動支援の会さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス