第四章 生まれ変わらなければ誰にも神の国を見ることはできません

十八、一部の人達が考えるように、再生によって家族の絆はどんな破壊をも被ることはありません。逆に絆は強まり固く結ばれることになります。逆の考え方においては、絆を破壊することになります。宇宙において霊達は愛情や好意、意向の類似性によって結びついたグル―プ、もしくは家族を形成します。共に出会うことは幸せなことで、こうした霊達はお互いに相手を探し求めます。肉体を持って生まれることは、一時的に彼等を引き離しますが、霊界に戻ると、旅から戻ってきた友達同志のように集まります。しばしば、肉体を持って生きる間まで他方を追っていくこともあり、相互の進歩のためにお互いに努力し合うために、地上で同じ家族に生まれたり、同じグル―プに生まれることもあります。一方が地上に生まれ、他方が生まれてこないからと言って、思考の上での結びつきをも失うことにはなりません。自由にある側は、束縛されたもう一方を守ります。より進歩した側は、遅れた側の進歩のために努力します。一回毎の人生の後には、皆が完成へ向かう道のりの上で一歩進んでいることになります。物質への執着が少なくなればなるほど、相互の愛情はより生き生きとしたものとなり、その理由は、その愛がより浄化すれば、エゴイズムや情熱の陰がそれをおびやかすことがなくなることの理由と同じです。従い、このように、互いに愛情によって結ばれた者同志は、お互いを結びつける相互の気持ちにいかなる打撃をもうけることなしに、限られた数の肉体を持った存在を過ごすことができるのです。ここで述べている事が真なる魂と魂を結びつける愛情のことであり、肉体の破壊をも越えて生き続けるものである一方で、この世の人々は霊の世界において求め合う動機となることのない感情のみによって結びついています。永続しうるのは霊的な愛情だけなのです。肉体的な要因から生まれた愛情は、その要因とともに消滅します。しかし、魂は永遠に存在するのですから、霊の世界においては同様な要因は存在しません。関心事による動機のみによって結ばれた人々に関係することと、これらのことは全く異なるものです。死はそうした者達を天と地とに分けることになります。

今日のレッスン

この世に生を受ける時は霊界の家族や仲間とのお別れで、
この世から去る時は霊界で「おかえり〜!がんばったね!お疲れ様!」
とまた再会。

もちろん、生きている間に間違いを犯したり、堕落した生活を送っていなければ同等または上のステージに戻れますが、
そう…  スムーズに霊界に戻れるようにスピリティズムの教義を知っておいてほしくてこのブログを書いています。

亡くなった時に、お金や物、人への執着心が一番みなさんの行く道を邪魔します。

そして生きている間に善を行う事によって
上のステージにいくらでも飛び級できるのです。

善を継続して行う事が難しいからこそ、
自分に負けそうになった時にスピリティズムの本があると様々な場面で助けられます。

まだの方はぜひ読んでみてくださいね!
スピリティズムによる福音の著者のアラン・カルデックの本は、19世紀後半ヨーロッパで400万部超も読まれている大ベストセラーだそうです。




クリックお願いします! 

角さんのメルマガ