祈ること : 思考の伝達

九、祈るということは神や霊の加護を求めることです。祈りによって、私たちは、私たちを指導してくれている者と精神的に関係を結ぶことができます。祈ることの目的には、願い、感謝、または賛美があります。私たち自身の為にも、また、他人の為にも祈ることができます。生きている者の為にも、また、死んだ者の為にも祈ることができます。神への祈りは、神意に基づき行動する善霊達に伝わります。善霊に伝わった祈りは、神にも伝わります。神以外の者に向かって祈るとき、神以外の者は単なる仲介者としての役割を果たします。なぜなら、何事も神の意志なしには生じないからです。


今日のレッスン
祈りが習慣じゃない人はどのように祈れば良いのかわからないですよね。
でも心配ありません。自分の言葉で、自分が信じている神様に向かって話しかければ大丈夫です。
各宗教に決まったお祈りの言葉がありますが、信者じゃなければ参考にする程度で^_^
祈る場所もその場で、もしくは心が落ち着く場所へ移動して。
心からの祈りこそどこにいても届きやすいと私は信じています。



クリックお願いします!

メールマガジン

スピリティズムによる福音を学ぼう


スピリティズムの勉強会はこちら

AD