あなた自身を助けなさい。そうすれば天があなたを助けてくれます

一、求めなさい。そうすれば与えられるでしょう。探しなさい。そうすれば見出すことができるでしょう。扉をたたきなさい。そうすればあなた達のために開くでしょう。求めれば受け取り、探せば見出し、扉をたたけば開くでしょう。あなた達のうちでパンを求める息子に石を与えるのは誰でしょうか。―あるいは、魚を求めるのにへびを与えるのは誰でしょうか。―あなた達のように悪くとも、自分の子供には善い物を与えることを知っているのであれば、なおさら、天にいるあなた達の父は、求める者には本当の善き物を与えるのではないでしょうか。(マタイ第七章、七―十一)

二、地上の視点から見ると、求めなさい、そうすれば与えられるでしょう、ということばは、自分自身を助ければ、天があなたを助けてくれます、という言葉と同じ意味を持っています。これは労働の法の原則であり、また進歩とは知性の力を活動させる労働の賜であるために、結果的に進歩の法の原則であると言えます。人類の幼少期には、人間は食物を集めたり、悪天候から身を守ったり、敵から身を守るためだけに知性を使っていました。しかし神は動物に与えるよりも多くを人間に与えました。それは、向上しようとする絶え間ない欲求で、その欲求は人間を自分の置かれた立場の向上の手段を調査することを強いることになり、結果的に人間に発見や発明、自分たちに何が不足しているのかということを与えてくれる科学の完成をもたらすことになります。調査によって、知性は高まり、道徳は浄化します。肉体の需要は霊の需要をもたらします。こうして人は野蛮人から文明人へと変化していくのです。しかし、その大半においては、人生の間に一人一人が個人的に実現する進歩は非常に小さいか、殆どとらえることのできないものです。では、魂が既に存在し、再び存在することなしに、人類はどれほどの進歩をとげることができるでしょうか。もし魂が毎日去って行き再び戻って来ないのだとしたら、人類は絶え間なく原始的な要素による再興を繰り返し、全てを学ぶために全てをやり直さねばならなくなってしまいます。一回毎の誕生において全ての知的な作業を再開しなければならないのですから、その場合には、地球の初期のころに比べ、今日の人間が進歩していると考える根拠は存在しなくなります。反対に、既に成し遂げた進歩とともに戻り、その都度より多くの何かを獲得すれば、魂は徐々に野蛮から物質的へそして道徳的文明へと変遷していくことになります。


今日のレッスン

体、心、自分自身を大切に扱う
そうすると
目に見えない自分の魂も大切に扱っているということになります。
苦しい時は素直に苦しいと助けを求めましょうね。



クリックお願いします!

メールマガジン

スピリティズムによる福音を学ぼう



スピリティズムの勉強会はこちら
AD