五、離婚とは人間の法律によって決められたもので、その目的は既に実際に離別しているものを法律上離別させることにあります。それは、神の法に違反することではありません。なぜなら、離婚とは人間の手でつくられた関係を正すもので、神の法が考慮されていなかった場合にのみ適用されるものだからです。もし離婚が神の法に反するものだとするなら、権威と宗教の名において多くの離婚を決定してきた教会の指導者達のことを、教会自体が背任者であると判断しなければならなくなってしまいます。一方、そうした離婚も愛の法に則るのではなく、物質的な関心だけによって決定されていたのであれば、それは二重の裏切りをしたことになってしまいます。イエスさえも結婚が絶対に引き離してはならないものとは言ってはいません。「モ―ゼは、あなた達の心があまりに冷たいので、あなた達の妻と離別することを許しませんでしたか。」とイエス言いませんでしたか。結婚の唯一のきっかけとなる相互の愛がないのであれば、別離することも必要となるということが、モ―ゼの時代から続いているのだということがこのことから分かります。しかし、イエスは「はじめからそうであったのではない」とつけ加えています。つまり、人類はその起源においては、エゴイズム、自尊心によって堕落しておらず、神の法に従って生きており、その頃の夫婦の関係とは虚栄心と野心によってではなく、お互いの好感によって結ばれており、別離の原因となるものは存在しなかったのです。イエスは更に離別することを正当であると考えることができる場合を的確に示しています。それは姦淫が行われた場合です。しかし、姦淫は夫婦相互の誠実なる愛が支配する関係が成り立っているところには存在しません。姦淫し、夫に見放された妻と結婚することを禁止しています。しかし、それを理解するには、その時代の習慣と人々の特徴を考慮に入れなければなりません。モ―ゼの法は姦淫した者を死刑に処していた習慣を捨て去ろうと規定されたのです。ある野蛮な習慣を廃止するには、それに代わる罰則をつくる必要がありましたが、モ―ゼは二度目の結婚を禁止することによってうける不名誉をその罰則としたのです。全ての民法が、時の流れとともに変遷していく運命にあるように、一つの法が別の法に置き換えられて行く必要があったのです。

今日のレッスン

デリケートな章ですね。
読んだ方のそれぞれの受け取りでいいと思います。
私には難しすぎてコメントが…

みなさんは何を感じましたか?



クリックお願いします!

メールマガジン

スピリティズムによる福音を学ぼう


スピリティズムの勉強会はこちら

AD