五、離婚とは人間の法律によって決められたもので、その目的は既に実際に離別しているものを法律上離別させることにあります。それは、神の法に違反することではありません。なぜなら、離婚とは人間の手でつくられた関係を正すもので、神の法が考慮されていなかった場合にのみ適用されるものだからです。もし離婚が神の法に反するものだとするなら、権威と宗教の名において多くの離婚を決定してきた教会の指導者達のことを、教会自体が背任者であると判断しなければならなくなってしまいます。一方、そうした離婚も愛の法に則るのではなく、物質的な関心だけによって決定されていたのであれば、それは二重の裏切りをしたことになってしまいます。イエスさえも結婚が絶対に引き離してはならないものとは言ってはいません。「モ―ゼは、あなた達の心があまりに冷たいので、あなた達の妻と離別することを許しませんでしたか。」とイエス言いませんでしたか。結婚の唯一のきっかけとなる相互の愛がないのであれば、別離することも必要となるということが、モ―ゼの時代から続いているのだということがこのことから分かります。しかし、イエスは「はじめからそうであったのではない」とつけ加えています。つまり、人類はその起源においては、エゴイズム、自尊心によって堕落しておらず、神の法に従って生きており、その頃の夫婦の関係とは虚栄心と野心によってではなく、お互いの好感によって結ばれており、別離の原因となるものは存在しなかったのです。イエスは更に離別することを正当であると考えることができる場合を的確に示しています。それは姦淫が行われた場合です。しかし、姦淫は夫婦相互の誠実なる愛が支配する関係が成り立っているところには存在しません。姦淫し、夫に見放された妻と結婚することを禁止しています。しかし、それを理解するには、その時代の習慣と人々の特徴を考慮に入れなければなりません。モ―ゼの法は姦淫した者を死刑に処していた習慣を捨て去ろうと規定されたのです。ある野蛮な習慣を廃止するには、それに代わる罰則をつくる必要がありましたが、モ―ゼは二度目の結婚を禁止することによってうける不名誉をその罰則としたのです。全ての民法が、時の流れとともに変遷していく運命にあるように、一つの法が別の法に置き換えられて行く必要があったのです。

今日のレッスン

デリケートな章ですね。
読んだ方のそれぞれの受け取りでいいと思います。
私には難しすぎてコメントが…

みなさんは何を感じましたか?



クリックお願いします!

メールマガジン

スピリティズムによる福音を学ぼう


スピリティズムの勉強会はこちら

AD
十一、祈りによって人は善霊を引きつけます。善霊は、人が良い決断をするように助ける為、良い考えをひらめかせてくれます。それによって、人は困難を乗り越えるのに必要な道徳的な力を受け、正しい道からはずれている場合には、正しい道に戻されます。また、過った行動が引き付ける悪い考えから、自分を遠避けようとする意志を与えてくれます。何かの過剰な摂取によって健康を悪化させた人がいたとします。死ぬ直前まで過剰な摂取を改めることなく、健康状態が悪いまま苦しい人生を続けたとします。この人は自分の健康が回復できなかった事に関し、神に対する不満を訴える権利があるでしょうか。ありません。なぜなら、祈りによって誘惑に耐える力を得ようと思っていれば得る事はできていたはずだからです。

今日のレッスン

困難な中にいる時ほど、祈りを忘れないでください。
堅苦しい形式に囚われず、思った事を語りかけるように心をこめて祈れば大丈夫です。




メールマガジン

スピリティズムによる福音を学ぼう


スピリティズムの勉強会はこちら

AD
三、近づいていくと、使徒達は言った。「なぜたとえ話で話されるのですか。」彼等に答えると言った。「なぜならあなた達には天の国の未知が知らされたが、彼等には知らされていないからである。」なぜなら、既に持つ者はより多くが与えられ、豊かになるであろう。しかし、持たぬ者は持っている者さえも奪われるであろう。たとえ話で話すのは、目に入っていても見えず、聞こえていても聞かず、理解しないからである。彼等にはイザヤの次の預言があてはまることになる。「あなた達は耳で聞いても聞こえず、目で見ても見えない。なぜなら、民の心は鈍くなり、耳は聞こえなくなってしまい、目は閉ざされてしまったからである。だから目は見えず、耳は聞こえず、そのためにその心は理解せず、閉じてしまい、目は見えず、彼等が心を改め私が彼等を癒すことができない。」(マタイ第十三章、十―十五)

四、イエス自身がいつもその言葉の意味を誰もが理解することができるとは限らないたとえ話というベ―ルによって隠したため、光を升の下においてはならないとイエスが言うことには驚かされます。イエスはその使徒達に次のように言って説明します。「あなた達には例え話で伝える。なぜならあなた達はある種の事柄については理解できる状態にないからである。人は見て、聞くが理解しない。だから、今は全てを伝えることは無益である。しかし、あなた達にはこれらの謎が理解されるので言う。」つまり、イエスは当時の人々に対して、考えの未発達な子供に対する時と同じように行動したのです。こうすると「カンテラを升の下においてはならない。そうではなく、ランプ台の上に置き、入ってくる者誰もが見ることができるようにしなさい。」という文の本当の意味が示されます。この文は何も考慮せずに全ての事を示すべきだという意味ではありません。あらゆる教えも指導の対象となる人の知性に応じていなければならず、それは光が明るすぎるために目がくらんでしまい、啓発されることのない人々もいるからです。同じ事がある特定の個人に当てはまることもあれば、一般の人々に当てはまることもあります。一つの世代にはその幼少期、青年期、成熟期があります。それぞれの出来事がそれにふさわしい時に起こらなければなりません。季節はずれに地上に落ちた種は発芽しません。しかし、慎重さが一時的に口を閉ざすことを強いたのであれば、遅かれ早かれ、その事は発見されるでしょう。なぜなら、ある程度の発達の度合いに達すると、人類は自ら生きた光を求めることになるからです。闇は人類にとって負担となるのです。神は人類が地上と天における物事を理解し、その中で進んでいけるように人類に知性を託したため、人はその信仰を理性に照らし合わせることになるのです。そうであるためにカンテラを升の下に置いてはならず、なぜなら、理性の光無しには、信仰は衰弱してしまうからです。(第十九章、七)


今日のレッスン

たとえ話が苦手な私です。
でも今の私が受け取れる情報量がそれだけということで納得し
必要な時に必要な言葉、知識、導きが来るので良しとします。

そして、私がすでに知っている知識は、
必要な人がいれば伝えていきたいと思っています。



クリックお願いします!

メールマガジン
AD
一、カンテラを灯して、升の下に置く者はいない。反対に、ランプ台の上に置き、家中の者を照らすようにする。(マタイ、第五章、十五)

二、カンテラを灯した後、それを壺で覆ったり、ベッドの下に置く者はいない。ランプ台の上に置き、入ってくる者が光を見ることができるようにする。発見されない秘密は存在せず、知られ、公にならない隠されたことはなにもない。(ルカ、第八章、十六、十七)


今日のレッスン

カンテラ?とはじめて読んだ時ピンときませんでしたが、
石油ランプ・ランタンのことでした。

カンテラを人に見たてたたとえ話

(知識)が灯されて
光り出した(知識を得た)自分を
隠すことなく、みんなにも見えるように…
困難な中にいる人がみつけやすいように…



クリックお願いします!

メールマガジン

スピリティズムによる福音を学ぼう


スピリティズムの勉強会はこちら


二十八、ある人が苦悶し、残酷な苦しみの餌食となっています。その人は既に絶望的な状況に追い込まれていることがわかります。苦悶の時間から少しでも逃れることができるように、その人の最期を短縮してあげることが許されていますか。

神の計画を予知する権利を、誰があなたに与えてくれるとお思いですか。ある人を墓の一歩手前まで歩ませ、その後すぐにそこからひき戻すことによってその人が自ら考えを改めるようにさせることが、神にできることではないでしょうか。瀕死の人が、死のどれだけ手前にまで行っていようと、誰にもはっきりとその人の最期の到来を断言することはできません。これまでに科学が、その予知を間違えたことがありませんでしたか。理性によって、絶望的と考えられるケ―スが存在することはよく知っています。しかし、命や健康を完全に取り戻さなかったとしても、息を引き取る直前に突然回復し、少しの間活力と感覚を取り戻すことがよくありませんか。そうです。その病人に与えられるその貴重な一瞬は、彼にとって最も重要な時間となりうるのです。苦痛に痙攣する間、その人の霊が省みるものが何であるのか、また、そうした間の一瞬の反省が、その人をどれだけの苦しみから解放してくれるのか、あなた達は知ろうともしないのです。肉体のことしか考えない唯物主義者には、魂の存在など考慮に入れることは出来ず、以上のようなことを理解することができません。しかし、スピリティズムを学ぶ者は、墓の向こうに何があるのか知っており、最期の思いの重要性というものを知っています。最期の苦痛を出来る限り和らげてあげなさい。しかし、たとえ一分であったとしても、命を短縮させてあげよう等という考えは遠ざけなさい。なぜなら、その最期の一分によって、その人は将来多くの涙を流さずに済むことになるかもしれないからです。(サンルイス、パリ、一八六○)


今日のレッスン

魂は永遠。
体から抜けても存在し続けています。

でも体にいる間にしか味わえない、体験できない事があって
最後の力をふり絞って大切な人に想いを伝える事ができた達成感、
もうきっと幸せでしょうね。
それだけで次のステージに簡単に行けるとみんなが知っていたら…

そのチャンスを周りの他人が奪ってはいけないですよね。
科学の進歩で延命治療が可能な時代になったので中には難しい状況の方もいるのが現状ですが…

できるだけ多くの魂が
良き最期を体験できますように。



クリックお願いします!

メールマガジン

スピリティズムによる福音を学ぼう


スピリティズムの勉強会はこちら