別にGWを利用してカナダに行っていたわけではなくて、写真を整理していたら思わぬ掘り出し物を見つけてしまった。

 

2012年に敢行した、カナダ横断釣りすごろくの中で、6月の中旬に東海岸のニューブランズウィック州の海のすぐ近くの湿地帯にて、フォースパインスティックルバックというまだ見ぬトゲウオの一種を探していた。

 

その時に、一見するとスリースパインドスティックルバック(イトヨ)のようだけど違和感のある魚が釣れ、ひょっとしてフォースパインスティックルバックかと思って色めき立ったのだが、背中の棘は3本しかなく、しかも位置が違っていたので、やっぱりイトヨかと思ってがっかりして振り返ることもなく、釣ったことさえ忘れていた。

 

それが実はイトヨではなく、ブラックスポッティドスティックルバックだと今日わかったというわけで、順番は前後するが便宜上カナダ第117種目とする。

 

初めて釣ったブラックスポッティドスティックルバック

 

言われてみれば黒班の他に、違和感の原因だった、同じ場所で釣れたキタノトミヨのような柔らかい感触、つまり鱗板がないことなどが随分違う。でも他にトゲウオはいないと思い込んでいたので別の種だとは思わず、バリエーションだと思ったと記憶している。

 

同日に同じ場所で釣れたブラックスポッティドスティックルバックたち

 

ブラックスポッティドスティックルバックのハビタット

 

トゲウオ目トゲウオ科イトヨ属。標準和名なし。学名Gasterosteus wheatlandi。最大全長7.6センチ。同属のイトヨとは異なり鱗板や尾柄部のキールを欠く。カナダのニューファンドランド州からアメリカのマサチューセッツ州にかけての大西洋岸沿いの汽水域や海水域に棲む。無脊椎動物食性。年魚。