【桜花賞2018予想】枠順確定!上位人気馬の動向と過去データから傾向分析 | 桜花賞の予想2019│レース傾向や過去データ・サイン

桜花賞の予想2019│レース傾向や過去データ・サイン

2阪神芝1600mで行われる桜花賞2019の展開の予想や、出走馬の最新情報、注目馬の選出などをブログで公開しております。


テーマ:

4/08(日)に阪神11R・芝1600mにて
《桜花賞》が開催されます。

 

 




新たな女王伝説がここから始まる
牝馬クラシック開幕戦。

過去の勝ち馬には歴史に名を残す
名牝たちが名を連ねている。


果たして2018年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

=========
桜花賞の出走馬
=========


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 ラッキーライラック 55.0 石橋脩
1 2 アマルフィコースト 55.0 浜中俊
2 3 リバティハイツ 55.0 北村友一
2 4 アンコールプリュ 55.0 藤岡康太
3 5 レッドサクヤ 55.0 松山弘平
3 6 スカーレットカラー 55.0 岩田康誠
4 7 トーセンブレス 55.0 柴田善臣
4 8 ハーレムライン 55.0 大野拓弥
5 9 リリーノーブル 55.0 川田将雅
5 10 アンヴァル 55.0 藤岡佑介
6 11 コーディエライト 55.0 和田竜二
6 12 デルニエオール 55.0 池添謙一
7 13 アーモンドアイ 55.0 C.ルメール
7 14 レッドレグナント 55.0 M.デムーロ
7 15 プリモシーン 55.0 戸崎圭太
8 16 フィニフティ 55.0 福永祐一
8 17 マウレア 55.0 武豊
8 18 ツヅミモン 55.0 秋山真一郎


以上、出走馬18頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ラッキーライラック

オルフェーブル産駒の期待馬であり
昨年のJRA賞最優秀2歳牝馬。

4戦無敗の戦績もさることながら、
そのレースぶりからも同世代の牝馬の中で
絶対的な存在感を示している。

前走のチューリップ賞も2馬身差の快勝。

2004年のダンスインザムード以来
史上7頭目となる無敗の桜花賞馬を目指す。


アーモンドアイ

世界最速のスプリンターである
ロードカナロア産駒。

その中でも最高傑作と言われるのが同馬だ。

前走のシンザン記念では
牡馬との混合戦で実績馬も揃ったが
力強い末脚を繰り広げ差し切った。

今回は3ヶ月の休み明けとなるのは懸念だが
持ち前の末脚を生かして桜花賞制覇に挑む。

鞍上は牝馬限定G1の完全制覇がかかる
C.ルメール騎手とのコンビ結成。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


リリーノーブル

前々走の阪神JFが2着で、
前走のチューリップ賞では3着。

重賞タイトルこそ手にしていないものの
世代上位の実力の持ち主だ。

近2走はラッキーライラックの後塵を拝したが
本番の桜花賞で逆転を果たしたい。

追い切りの動きが抜群で体調は上向き。

しっかりと脚がたまれば上位争い必至だ。


マウレア

全姉のアユサンが13年の桜花賞馬。

本馬は前走のチューリップ賞で2着に敗れたが
姉は3着から栄冠に輝いている。

前走は優先出走権を逃せば
桜花賞への出走が危ぶまれる中で
メンバー最速タイの上がりを繰り出し
きっちりと連対を果たした。

鞍上は引き続き武豊騎手とのコンビ。

狙うは姉アユサンに続く姉妹制覇だ。


プリモシーン

母はオーストラリアのG1を4勝した名牝で
父と合わせてG1を11勝という良血馬。

デビュー以来3戦で見せた本馬の
高いパフォーマンスも納得だ。

前走のフェアリーSは未勝利クラスを
勝ち上がったばかりでの重賞制覇。

今度は一気のG1制覇を目指す。

落ち着いてさえいれば、
互角以上の勝負ができるはずだ。



⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【3-1-1-5】
2番人気【2-4-0-4】
3番人気【1-2-1-6】
4番人気【0-1-1-8】
5番人気【1-0-3-6】
6番人気【0-0-1-9】
7~9番人気【2-1-1-26】
10番人気以下【1-1-2-84】


1~2番人気は上々の成績だが
穴馬の好走も多く荒れるG1。

ただし、近4年の1~3着の12頭
すべてが8番人気以内。

その為、8番人気以内に入る馬で
データ的な狙いが立つなら人気がなくても
思い切って狙いたいレースだ。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【0-0-1-19】
2枠【0-0-0-19】
3枠【1-1-0-18】
4枠【2-2-0-15】
5枠【4-0-3-13】
6枠【0-2-2-16】
7枠【2-2-3-23】
8枠【1-3-1-25】


以前までは紛れが多く
外枠が断然不利なコースだったが
馬場の改修により改善。

ただし、内枠は改修後でも
人気馬でさえ大苦戦。

中枠~外枠を狙う方がベター。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【1-1-0-8】
先行【2-1-1-32】
差し【3-4-6-73】
追込【4-4-3-35】


差し・追込みが有利。
特に追込みの成績が強烈。

普通ならあり得ないくらい
後ろの馬が強いレース。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========

 

天気が微妙な週末の兵庫県南部地方。


金曜の雨がどの程度残るのか
馬場が若干気にはなるが、
大きな影響は無いとみていいだろう。


迎えて第78回の桜花賞は、
例の3強で決着するかが焦点になる。


傾向と対策として定番となっている
チューリップ賞上位馬の好走だが、
あの3頭はチューリップ賞の1・2・3着馬。


しかも、阪神JFでも3着までを分け合った
面々とあっては、他の馬が馬券に絡むのは
相当難しい話になりそうだ。


キャリア的にも2頭は4戦で文句ないし
もう一頭も5戦で多いわけではない。


さて、人気薄や負けた馬が巻き返して
こその高配当になるわけだが、
桜花賞で巻き返すパターンを考えてみると
人気馬を打ち負かすイメージが沸かない。


別路線の馬といっても、これといって
ピックアップすべきような馬も見当たらない。


もちろん、競馬のことだから終ってみれば
ビックリというケースがないとはいえないが
今年に限っては昨年暮れからの上位勢力に
変わりはないだろうと予想する。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【ラッキーライラック
==============

2つめのG1を5連勝で飾りたい一戦。

最内枠に入った点が多少気にはなるものの
じっくり乗れば結果はついてくるだろう。


対抗は【マウレア
=========

阪神JFで3着だったところから
前哨戦では2着にステップアップ。

重賞未勝利馬だが、
ココで待望のタイトルを狙う。

ちょっと外枠に入ったが
内を見ながらレースができる。


そして【リリーノーブル
============

阪神JFの2着から、
チューリップ賞で3着に後退したものの
そこはステップでもあり、本番のココで
打倒ラッキーライラックを目指す。


以上を加味した馬券戦略は

◎ 1.ラッキーライラック
○17.マウレア
▲ 9.リリーノーブル
☆ 7.トーセンブレス



オッズ次第で金額の調整は必要だが
上位3頭の3連単を中心に、
7番を3着に据えた馬券も少々買ってみる。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

 

P.S.

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

その他にも下記の無料アプリや各種SNSにて
競馬の最新ニュースをリアルタイム更新しております。

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(__)m

桜花賞2019の出走予定馬、レース展開、傾向を予想さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ