桜花賞の予想2018│レース傾向や過去データ・サイン

桜花賞の予想2018│レース傾向や過去データ・サイン

2018年4月08日(日)に阪神芝1600mで行われる桜花賞の展開の予想や、出走馬の最新情報、注目馬の選出などをブログで公開しております。


テーマ:

4/08(日)に阪神11R・芝1600mにて
《桜花賞》が開催されます。

 

 




新たな女王伝説がここから始まる
牝馬クラシック開幕戦。

過去の勝ち馬には歴史に名を残す
名牝たちが名を連ねている。


果たして2018年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

=========
桜花賞の出走馬
=========


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 ラッキーライラック 55.0 石橋脩
1 2 アマルフィコースト 55.0 浜中俊
2 3 リバティハイツ 55.0 北村友一
2 4 アンコールプリュ 55.0 藤岡康太
3 5 レッドサクヤ 55.0 松山弘平
3 6 スカーレットカラー 55.0 岩田康誠
4 7 トーセンブレス 55.0 柴田善臣
4 8 ハーレムライン 55.0 大野拓弥
5 9 リリーノーブル 55.0 川田将雅
5 10 アンヴァル 55.0 藤岡佑介
6 11 コーディエライト 55.0 和田竜二
6 12 デルニエオール 55.0 池添謙一
7 13 アーモンドアイ 55.0 C.ルメール
7 14 レッドレグナント 55.0 M.デムーロ
7 15 プリモシーン 55.0 戸崎圭太
8 16 フィニフティ 55.0 福永祐一
8 17 マウレア 55.0 武豊
8 18 ツヅミモン 55.0 秋山真一郎


以上、出走馬18頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ラッキーライラック

オルフェーブル産駒の期待馬であり
昨年のJRA賞最優秀2歳牝馬。

4戦無敗の戦績もさることながら、
そのレースぶりからも同世代の牝馬の中で
絶対的な存在感を示している。

前走のチューリップ賞も2馬身差の快勝。

2004年のダンスインザムード以来
史上7頭目となる無敗の桜花賞馬を目指す。


アーモンドアイ

世界最速のスプリンターである
ロードカナロア産駒。

その中でも最高傑作と言われるのが同馬だ。

前走のシンザン記念では
牡馬との混合戦で実績馬も揃ったが
力強い末脚を繰り広げ差し切った。

今回は3ヶ月の休み明けとなるのは懸念だが
持ち前の末脚を生かして桜花賞制覇に挑む。

鞍上は牝馬限定G1の完全制覇がかかる
C.ルメール騎手とのコンビ結成。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


リリーノーブル

前々走の阪神JFが2着で、
前走のチューリップ賞では3着。

重賞タイトルこそ手にしていないものの
世代上位の実力の持ち主だ。

近2走はラッキーライラックの後塵を拝したが
本番の桜花賞で逆転を果たしたい。

追い切りの動きが抜群で体調は上向き。

しっかりと脚がたまれば上位争い必至だ。


マウレア

全姉のアユサンが13年の桜花賞馬。

本馬は前走のチューリップ賞で2着に敗れたが
姉は3着から栄冠に輝いている。

前走は優先出走権を逃せば
桜花賞への出走が危ぶまれる中で
メンバー最速タイの上がりを繰り出し
きっちりと連対を果たした。

鞍上は引き続き武豊騎手とのコンビ。

狙うは姉アユサンに続く姉妹制覇だ。


プリモシーン

母はオーストラリアのG1を4勝した名牝で
父と合わせてG1を11勝という良血馬。

デビュー以来3戦で見せた本馬の
高いパフォーマンスも納得だ。

前走のフェアリーSは未勝利クラスを
勝ち上がったばかりでの重賞制覇。

今度は一気のG1制覇を目指す。

落ち着いてさえいれば、
互角以上の勝負ができるはずだ。



⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【3-1-1-5】
2番人気【2-4-0-4】
3番人気【1-2-1-6】
4番人気【0-1-1-8】
5番人気【1-0-3-6】
6番人気【0-0-1-9】
7~9番人気【2-1-1-26】
10番人気以下【1-1-2-84】


1~2番人気は上々の成績だが
穴馬の好走も多く荒れるG1。

ただし、近4年の1~3着の12頭
すべてが8番人気以内。

その為、8番人気以内に入る馬で
データ的な狙いが立つなら人気がなくても
思い切って狙いたいレースだ。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【0-0-1-19】
2枠【0-0-0-19】
3枠【1-1-0-18】
4枠【2-2-0-15】
5枠【4-0-3-13】
6枠【0-2-2-16】
7枠【2-2-3-23】
8枠【1-3-1-25】


以前までは紛れが多く
外枠が断然不利なコースだったが
馬場の改修により改善。

ただし、内枠は改修後でも
人気馬でさえ大苦戦。

中枠~外枠を狙う方がベター。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【1-1-0-8】
先行【2-1-1-32】
差し【3-4-6-73】
追込【4-4-3-35】


差し・追込みが有利。
特に追込みの成績が強烈。

普通ならあり得ないくらい
後ろの馬が強いレース。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========

 

天気が微妙な週末の兵庫県南部地方。


金曜の雨がどの程度残るのか
馬場が若干気にはなるが、
大きな影響は無いとみていいだろう。


迎えて第78回の桜花賞は、
例の3強で決着するかが焦点になる。


傾向と対策として定番となっている
チューリップ賞上位馬の好走だが、
あの3頭はチューリップ賞の1・2・3着馬。


しかも、阪神JFでも3着までを分け合った
面々とあっては、他の馬が馬券に絡むのは
相当難しい話になりそうだ。


キャリア的にも2頭は4戦で文句ないし
もう一頭も5戦で多いわけではない。


さて、人気薄や負けた馬が巻き返して
こその高配当になるわけだが、
桜花賞で巻き返すパターンを考えてみると
人気馬を打ち負かすイメージが沸かない。


別路線の馬といっても、これといって
ピックアップすべきような馬も見当たらない。


もちろん、競馬のことだから終ってみれば
ビックリというケースがないとはいえないが
今年に限っては昨年暮れからの上位勢力に
変わりはないだろうと予想する。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【ラッキーライラック
==============

2つめのG1を5連勝で飾りたい一戦。

最内枠に入った点が多少気にはなるものの
じっくり乗れば結果はついてくるだろう。


対抗は【マウレア
=========

阪神JFで3着だったところから
前哨戦では2着にステップアップ。

重賞未勝利馬だが、
ココで待望のタイトルを狙う。

ちょっと外枠に入ったが
内を見ながらレースができる。


そして【リリーノーブル
============

阪神JFの2着から、
チューリップ賞で3着に後退したものの
そこはステップでもあり、本番のココで
打倒ラッキーライラックを目指す。


以上を加味した馬券戦略は

◎ 1.ラッキーライラック
○17.マウレア
▲ 9.リリーノーブル
☆ 7.トーセンブレス



オッズ次第で金額の調整は必要だが
上位3頭の3連単を中心に、
7番を3着に据えた馬券も少々買ってみる。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

 

P.S.

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

その他にも下記の無料アプリや各種SNSにて
競馬の最新ニュースをリアルタイム更新しております。

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(__)m


テーマ:

4/9(日)に阪神11R・芝1600mにて

《桜花賞》が開催されます。

 

 

 

 

新たな女王伝説がここから始まる

牝馬クラシック開幕戦。

 

 

過去の勝ち馬には歴史に名を残す

名牝たちが名を連ねている。

 

 

果たして2017年の覇者に輝くのは

一体どの馬なのか!?

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

=========

桜花賞の出走馬

=========

 

 

枠 馬番 馬名 斤量 脚質 騎手

1 1 ミスエルテ 55.0 差 川田将雅

1 2 ライジングリーズン 55.0 差 丸田恭介

2 3 サロニカ 55.0 先 浜中俊 ※除外

2 4 ジューヌエコール 55.0 先 北村友一

3 5 ベルカプリ 55.0 逃 藤岡祐介

3 6 リスグラシュー 55.0 差 武豊

4 7 ショーウェイ 55.0 逃 松若風馬

4 8 カラクレナイ 55.0 追 田辺裕信

5 9 ゴールドケープ 55.0 先 丸山元気

5 10 レーヌミノル 55.0 先 池添謙一

6 11 アロンザモナ 55.0 差 幸英明

6 12 アエロリット 55.0 先 横山典弘

7 13 ヴゼットジョリー 55.0 差 福永祐一

7 14 ソウルスターリング 55.0 先 ルメール

7 15 アドマイヤミヤビ 55.0 差 デムーロ

8 16 ミスパンテール 55.0 差 四位洋文

8 17 ディアドラ 55.0 差 岩田康誠

8 18 カワキタエンカ 55.0 先 和田竜二

 

 

以上、出走馬18頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

==============

人気上位が予想される注目馬

==============

 

 

ソウルスターリング

 

ここまで4戦無敗の2歳女王。

 

今回と同舞台で行われた阪神JF(G1)と

チューリップ賞(G3)を圧勝している。

 

特に前走のチューリップ賞は後続を

全く寄せ付けず圧巻の内容だった。

 

鞍上は全4戦で手綱を執っている

ルメールが引き続き騎乗。

 

ここでも圧勝を遂げて、

怪物フランケルの初年度産駒として

さらにその名を広く知らしめたい。

 

 

アドマイヤミヤビ

 

クイーンCを制し3連勝中。

 

2走前の百日草特別では、

後の重賞2勝馬カデナを撃破しており

牡馬相手でも力の違いを見せている。

 

今回は2歳女王と注目の初対決。

 

大本命のソウルスターリングを

倒せるとすれば、この馬しかいない!

 

“好敵手”だけでは終わらせない。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

リスグラシュー

 

阪神JFで2着、チューリップ賞3着と

上位争いを繰り広げているが、

ソウルスターリングには届かなかった。

 

同じ舞台で連敗を喫している以上、

逆転するのは簡単な事ではない。

 

この結果を踏まえて鞍上の武豊騎手が

どのような騎乗を見せるのか注目。

 

“三度目の正直”で2歳女王にリベンジを期す。

 

 

ミスエルテ

 

ソウルスターリングと同じフランケル産駒。

 

新馬、ファンタジーSを圧勝するも

前走の朝日杯FSで初黒星を喫した。

 

が、牡馬相手にあれだけイレ込んでの

4着なら能力の高さは示せている。

 

潜在能力は一級品。

 

1強ムードが漂っている桜戦線に、

もう1頭のフランケル産駒が待ったをかける。

 

 

ミスパンテール

 

チューリップ賞では7番人気ながら

ソウルスターリングに次ぐ2着。

 

札幌以来の実戦だったが、

速い時計・上がりに対応できており

ポテンシャルの高さを感じさせた。

 

キャリア2戦と未知な部分も多いが、

状態面の上積みも見込めるので期待したい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

============

過去10年のデータ考察

============

 

 

まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。

 

 

~~~~~~~~~

人気データ考察

~~~~~~~~~

 

1番人気【3-2-0-5】

2番人気【2-4-0-4】

3番人気【2-1-1-6】

4番人気【0-1-1-8】

5番人気【1-0-3-6】

6番人気【0-0-1-9】

7~9番人気【1-1-2-26】

10番人気以下【1-1-2-85】

 

 

1~2番人気は上々の成績だが

穴馬の好走も多く荒れるG1。

 

ただし、09年以降の連対馬は

すべて7番人気以内の馬なので、

 

それ以下の穴馬を狙うなら

3着候補とするのが妥当。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

~~~~~~~~

枠データ考察

~~~~~~~~

 

1枠【0-0-1-19】

2枠【0-0-1-19】

3枠【1-0-0-19】

4枠【2-2-0-15】

5枠【3-0-3-14】

6枠【0-2-2-16】

7枠【2-3-2-23】

8枠【2-3-1-24】

 

 

以前までは紛れが多く、

外枠が断然不利なコースだったが

馬場の改修により改善。

 

ただし、内枠は改修後でも

人気馬でさえ大苦戦。

 

中枠~外枠を狙う方がベター。

 

 

~~~~~~~~~

脚質データ考察

~~~~~~~~~

 

逃げ【1-1-0-8】

先行【2-1-2-32】

差し【3-4-5-73】

追込【4-4-3-36】

 

 

差し・追込みが有利。

特に追込み馬の成績が強烈。

 

普通のレースならあり得ないくらい

後ろの馬が強いレース。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

==========

予想情報局の総括

==========

 

 

桜花賞は阪神芝1600mで行われる。

 

 

前日に行われる古馬の

阪神牝馬ステークスもだが、

 

阪神外回りのマイル戦は、

1600mの距離で過不足なく能力を

発揮できるかが問われる。

 

 

過去に人気になりながらも、

散っていった数々の馬達の中には

マイル実績が無い馬も少なくない。

 

 

つまり、当たり馬券を掴みたければ

マイルで勝ち負けしている馬を重視すべき。

 

 

それも近走で実績を残している馬がベスト。

 

 

過去10年のデータを見ていくと

馬券に絡んだ30頭中27頭が前走重賞で

特に、チューリップ賞組が

【8-4-5-27】と抜群の成績。

 

 

ただ、チューリップ賞で勝利した

馬が一概に有利というわけではなく、

負けた馬による巻き返しもある。

 

 

逆に買いにくいのがフィリーズレビュー組。

 

こちらは抑えまでの評価でいいだろう。

 

 

前走の着順で見ていくと勝ち馬の

10頭中9頭は3着以内に入っていた。

 

 

その為、勝ち馬は前走3着以内に入った

馬から考えていくのが得策だろう。

 

 

また、前走の人気を見ていくと

1・2番人気だった馬の成績が良い。

 

 

最後に、前走1200mだった馬の勝利なし。

 

 

よって、前走がチューリップ賞の馬で、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3着内、2番人気内だった馬を中心に考えたい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

本命は【ソウルスターリング

==============

 

死角が見当たらないほどの強さ。

 

ここは文句のない本命だ。

 

 

対抗は【リスグラシュー

============

 

前走チューリップ賞を2番人気3着。

 

叩いて状態は上向きだ。

 

 

以上を加味した馬券戦略は

 

◎:ソウルスターリング

◯:リスグラシュー

▲:アドマイヤミヤビ

△:ミスパンテール 

△:ミスエルテ

 

 

◎を軸に手堅く勝負したい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

 

 

 

その他の最新の競馬ニュースは下記リンクから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/
 

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook


また新たな情報を入手し次第、更新させて頂きます。


テーマ:
4/10(日)に阪神11R・芝1600mにて
《桜花賞》が開催されます。




牝馬クラシック開幕戦。


果たして2016年の勝ち馬に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒桜花賞で狙いたい◎はコレ


まずは出走馬を見ていきましょう。


=========
桜花賞の出走馬
=========


枠 馬番 馬名 脚質 騎手
1 1 キャンディバローズ 先 菱田裕二
1 2 ブランボヌール 差 三浦皇成
2 3 メイショウスイヅキ 差 松山弘平
2 4 ソルヴェイグ 先 蛯名正義
3 5 メジャーエンブレム 逃 ルメール
3 6 ビービーバーレル 逃 石橋脩
4 7 デンコウアンジュ 差 川田将雅
4 8 アッラサルーテ 先 和田竜二
5 9 ジープルメリア 差 松田大作
5 10 アットザシーサイド 差 福永祐一
6 11 レッドアヴァンセ 差 武豊
6 12 シンハライト 差 池添謙一
7 13 ジュエラー 差 デムーロ
7 14 カトルラポール 先 秋山真一郎
7 15 ラベンダーヴァレイ 先 戸崎圭太
8 16 ウインファビラス 差 松岡正海
8 17 アドマイヤリード 差 藤岡康太
8 18 メイショウバーズ 先 古川吉洋


以上、出走馬18頭になります。


⇒桜花賞で狙いたい◎はコレ


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


メジャーエンブレム

阪神JF→クイーンカップと連勝中。

スタート◎、ラストの脚◎、鞍上◎
と普通に考えたら大本命。

しかし、桜花賞は断然の人気馬が
負けるレースでもある。

ここまで文句のない強さを
見せている昨年の2歳の最強牝馬が
順当に1冠目を手に出来るか。


シンハライト

新馬戦、紅梅S、チューリップ賞と
デビューから3連勝でG1の舞台へ。

今回の舞台である阪神1600mは
ディープインパクト産駒が良績を
残している舞台。

そして、有力馬の中で唯一の
ディープ産駒が同馬。

自慢の末脚を活かして、
史上7頭目となる無敗での桜花賞馬となるか。




ジュエラー

ここ2走が首差、鼻差の2着。

重賞は未勝利であるものの
馬格のある馬だし、切れる脚もある。

今回のメンバーは強力だが、
勝ちきれるだけの能力はあるので
惜敗続きのうっぷんを晴らしたい。

鞍上の重賞男・デムーロを背に
本番の舞台で戴冠を目指す。


レッドアヴァンセ

チューリップ賞では出遅れて
しんがりから進み8着に敗れた。

大外を回す競馬というのもあったが、
大幅な馬体減(14kg)が主な敗因。

本番までにどこまで馬体を戻して
これるかが勝負の鍵を握る。

現時点では狙いにくい一頭。


ラベンダーヴァレイ

チューリップ賞3着で出走権を得た。

キャリアこそ浅いが、
早くから素質を評価されてきた。

馬格が前々走-16kg、前走+20kgと
大きな増減を繰り返しているので
直前の馬体重に注意が必要。

仕上がりさえ順調にいけば、
馬券内に割り込んでくる余地はある。


⇒桜花賞で狙いたい◎はコレ


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【3-3-0-4】
2番人気【2-3-0-5】
3番人気【1-1-1-7】
4番人気【0-1-1-8】
5番人気【1-0-4-5】
6番人気【1-0-0-9】
7~9番人気【1-1-2-26】
10番人気以下【1-1-2-85】


1~2番人気は上々の成績だが
穴馬の好走も多く荒れるG1。

ただし09年以降の連対馬は
すべて7番人気以内の馬なので、

それ以下の穴馬を狙うなら
3着候補とするのが妥当。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

※新装された2007年以降

1枠【0-0-1-17】
2枠【0-0-1-17】
3枠【1-0-0-17】
4枠【2-2-0-13】
5枠【3-0-2-13】
6枠【0-1-2-15】
7枠【1-3-2-21】
8枠【2-3-1-21】


以前までは紛れが多く、
外枠が不利なコースだったが
馬場の改修により改善。

ただし、改修後もゴチャつく
内枠は不振な成績が続いてるので
中枠~外枠を狙う方がベター。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【1-1-0-7】
先行【2-1-2-27】
差し【3-3-4-67】
追込【3-4-3-33】


差し・追込みが有利。
特に追込み馬の成績が優秀。

普通のレースならあり得ないくらい
後ろの馬が強いレース。


⇒桜花賞で狙うべき◎はコレ


==========
予想情報局の総括
==========


桜花賞は阪神芝1600mで行われるレース。


レース傾向としては上がりの
速い馬の成績が良い。


過去10年中、実に4年で上がり上位3頭が
そのまま1~3着になっている。


他にも上がり1位と同率2位の馬が
複勝圏を独占している年も1年あり、
基本的にはキレ味勝負となる。


また、ディープインパクト産駒が
良成績をおさめる傾向が高い。


当産駒が桜花賞に初めて出走して以来
毎年1頭は必ず馬券になっており、
複数頭馬券になっている年もある。


そこで、ディープインパクト産駒で
~~~~~~~~~~~~~~~~~
末脚に優れた馬を中心視して予想したい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


本命は【シンハライト


3戦全勝でこのレースに臨む。

ディープ産駒であり、
過去3戦の上がりも2位、2位、1位と
なっており末脚も魅力的。


対抗は【レッドアヴァンセ


前走は大敗したが、
この馬もディープ産駒で

基本的には末脚のキレ味は
鋭いタイプ。

巻き返しに期待。


以上を加味した馬券戦略は

◎:シンハライト
○:レッドアヴァンセ
▲:メジャーエンブレム
△:ジュエラー
△:アットザシーサイド


印が人気どころなので、
買い目は点数を抑えて勝負したい。


⇒桜花賞で狙うべき◎はコレ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス