魁!競馬塾!!
皆様、応援ありがとう御座います!


 約3年半、日本の競馬を引っ張ったウオッカがターフを去った2010年。その後を引き継ぐように角居厩舎に現れたのが、ヴィクトワールピサとルーラーシップだ。グランプリでの同一厩舎ワンツーなら、81年の二本柳俊夫厩舎(1着アンバーシャダイ、2着ホウヨウボーイ)以来、実に29年ぶり。3歳馬同士となれば、史上初の快挙だ。

 ヴィクトワールピサは、皐月賞を制し、ダービー3着。秋は凱旋門賞に挑んで7着だった。「重い馬場でも結果を出してくれた皐月賞を見て、ヨーロッパでも適応できるんじゃないかと…」と角居調教師。結果こそ出なかったが、帰国後ジャパンCで3着に頑張った。

 ルーラーシップの一年は、我慢の連続だった。母は、あのエアグルーヴ。「初めて見た時からオーラを感じた」とトレーナーは振り返るが、春はつめの不安に泣かされた。「夏は、牧場でじっくりとつめの形を変える治療を行った」。菊花賞をパスし、11月上旬に帰厩。復帰戦の鳴尾記念で重賞初制覇を果たし、大器はついに目覚めた。「2頭とも、大型馬の割に器用。無事にこのステージへたどり着いて、ホッとしている」。ウオッカからバトンを受け取った2頭の3歳馬が、新たな歴史の1ページを刻むか。

presented by スポーツ報知


【オススメ】

オススメの競馬予想サイトのご紹介!

FIVE

オススメ日本競馬総研FIVE

いま無料会員登録すると「レース裏事情」や「今週の推奨馬」といった本来有料の情報がなんと一年間無料で見放題!とりあえず残りのGIシーズンだけでも御世話になっておいて損はないですよ(笑

無料の買い目情報も5点という少点数ながら的中率は激高!基本的に無料買い目は週2鞍の提供です。ちょっと物足りないけど…良く当たるから許す(笑

⇒ 無料5点馬券情報

完全無料の【うまっち】
http://uma-chi.com/

魁!競馬塾!!
皆様、応援ありがとう御座います!


 中央競馬、2010年総決算のグランプリ競走「第55回有馬記念」(26日、中山競馬場、10R、GI、芝2500メートル、1着賞金1億8000万円)に向けて、有力各馬が22日、栗東、美浦のトーニングセンターで、最終追い切りを行った。

 ジャパンCで2着降着のブエナビスタは、いつものように栗東Cウッドコースに登場し、単走で調整。スタートからしばらくスローラップが続くと、向正面辺りから徐々に動きだす。直線に入ると、残り2Fで鞍上の指示とともに全開モードにギアチェンジ。ハイピッチの走法は凄み十分で、ラスト1F11秒6で突き抜けた。

 全体時計の6F86秒5-70秒4-54秒4-39秒3-11秒6も、終い重点ながら非の打ち所がない。まさにハイレベルで安定している。

 繰り上がりながらジャパンCを制したローズキングダムは坂路コース。今秋からコンビを組んでいる武豊騎手を鞍上に併せ馬。先行する僚馬ツルマルスピリットを追い掛け、なかなか差は詰まらなかったが、ラスト1Fで1馬身差に詰め寄ると、ゴールではきっちり1馬身先着。G前仕掛けで半マイル52秒4-38秒4-12秒6は、前回とほぼ同じだが、ラストの伸びは今回のほうが上。

 皐月賞馬ヴィクトワールピサはCウッドで3頭併せ。先行するレッドセインツの1馬身後ろにつけ、鞍上との折り合い十分。直線に入ると3頭が横並び、最後はGOサインとともに一気に加速、内、外にそれぞれ2馬身先着。全体時計は6F82秒6-66秒9-52秒0-38秒5-12秒5を強目に追われてマーク。掛かる場面もなかったし、終いの伸びも上々。ジャパンC時の状態を保っている。

 鳴尾記念で重賞初勝利を遂げたルーラーシップは、芝コースで実戦モードの3頭併せを敢行。直線まで、格下2頭に歩調を合わせていたが、ラストは気合一発でクビ差先着。ほとんど馬なりに近い追い切りながら、時計は6F78秒0-62秒1-48秒0-35秒3-11秒6と速い。

 昨年の覇者ドリームジャーニーは脚もとの不安で、3カ月ぶりの実戦。坂路で主戦の池添騎手で追われたが、フットワーク、ラストの切れなどは好調時のもの。一杯に追われて52秒1-37秒9-12秒6をマーク。久々を全く感じさせない切れの良い追い切りを披露した。

 美浦では相変らずゲート難が解消しないペルーサは、栗東から駆けつけた安藤勝騎手を鞍上に芝コースで僚馬ミッションモードと併せ馬。前夜から雨で不良のコンディション。ミッションモードを2馬身リードする展開から、直線で馬体が合うと、闘争心に火がつきラストは1馬身先着。ぬかるんだ馬場でもノメる事なくスムーズに加速し、66秒5-51秒4-37秒6-12秒2を馬なりで計時。デキは全く問題ない。あとはスタート難の課題だけ。

 確定枠順は23日(木)の午後2時過ぎに発表される。勝ち馬投票券は24日にJRAのウインズ後楽園、新橋、梅田、難波の4カ所で、金曜発売(午後2時~午後7時)を実施し、25日からは全国のJRA競馬場、ウインズ等で発売する。レースは26日、中山競馬場10R、午後3時25分にスタートが切られる。

presented by サンスポ


【オススメ】

オススメの無料競馬予想サイトのご紹介!

correct

競馬情報ならcorrect

メールアドレスの登録だけでワンランク上の競馬情報を堪能できます♪

買い目までちゃんと教えてくれるので、信じて馬券を買うでも良し♪予想の参考にするでも良し♪無料なんで使い方は自由です(笑

⇒ 無料で万馬券情報

完全無料の【うまっち】
http://uma-chi.com/


魁!競馬塾!!
皆様、応援ありがとう御座います!


 落馬負傷で苦しんだ東西の名ジョッキーが、格別な思いを胸に有馬記念に臨む。約4か月、戦列を離れた時期があった武豊は、ローズキングダムのジャパンCが、今年のJRA・G1初勝利。しかし、繰り上がりのものだけに納得はしていない。今度こそ、本当の決着を…。ブエナビスタとの再戦を、心待ちにしている。横山典は、9月に頭がい骨骨折などの重傷を負ったが、驚異の生命力で早期復帰。この秋初めてのG1騎乗とあって、気合十分だ。

 真の実力を示す時がきた。ジャパンC優勝馬ローズキングダムで挑む有馬記念。武豊は「今度は邪魔されたくない。すっきりと勝ちたい」と力強く言った。

 ジャパンCは、繰り上がっての1着。直線で、ブエナビスタに外から寄られて手綱を引っ張る致命的な不利があった。「あそこから伸びる馬。実際に伸びかけていた。あれだけの不利を受けても伸びていたんだからね。勝負根性はすごいよ」

 1馬身3/4遅れてゴールした姿を、決定的とみられるのが悔しくて仕方ない。「まっすぐ走らせるのが騎手の技術。失敗した時は叩かれる。イギリスでもフランスでもそう」。繰り上がりの栄冠にも負い目などない。裁決の事情聴取には「見た通りです」とだけ答えた。手応えから、まともなら結果は違っていたという自信があった。

 9月の神戸新聞杯からコンビを組んで4戦目。菊花賞こそ2着に泣いたが、初めて調教にまたがった時に「すごい馬」と感じたパートナーは、期待通りのパフォーマンスを見せてきた。今回は、小回りでコーナーを6度回るコースに替わるが、「中山でもG1(朝日杯FS)を勝っているし、器用さがある。気性が素直で折り合いもつくし、中山の2500メートルはいいんじゃないかな」と対応に自信をのぞかせた。

 3月の毎日杯での落馬負傷の回復が想像より長引き、4か月もの休養を余儀なくされた。先週まで68勝。一年の3分の1を棒に振った代償は大きかった。「秋は、いいパートナーとコンビを組むのは難しいと思っていたからね」。苦しんだ2010年。任せてくれた関係者の信頼、期待に応えたい気持ちが、何よりも強い。

 ブエナビスタとの再戦だけでなく、G1馬が8頭もそろった注目のラストバトル。「すっきりと勝って、年度代表馬の座を手にしたい」と改めて決意を語った。90年の有馬記念。自らの手綱で感動のラストランVに導いたオグリキャップは、7月に急死した。芦毛の怪物をしのぶ「メモリアルデー」に行われるグランプリ。20年の時を経て、再び武豊が日本中の競馬ファンを魅了する。

 [ユタカ激動の1年]
▼3月27日 ザタイキに騎乗した毎日杯で落馬。左鎖骨遠位端骨折、腰椎横突起骨折、右前腕挫創の重傷を負う。
▼5月16日 ダービー騎乗を断念すると発表。18年ぶりの不参加に。
▼7月22日 栗東で調教騎乗を再開。
▼8月1日 小倉6Rで127日ぶりに復帰して4着(コードゼット)。「たった4か月だったけど、僕には長かった」
▼8月7日 小倉12Rのダノンエリモトップで復帰後初勝利。「いろんな人の協力がなければできなかった。特にうれしい1勝です」
▼10月4日 ヴィクトワールピサで凱旋門賞に挑んで7着。「勇気あるトライだった」
▼11月29日 ジャパンCでローズキングダムに騎乗し、繰り上がり優勝。23年連続のJRA・G1勝利をマーク。

presented by スポーツ報知


【オススメ】

オススメの競馬予想サイトのご紹介!

FIVE

オススメ日本競馬総研FIVE

いま無料会員登録すると「レース裏事情」や「今週の推奨馬」といった本来有料の情報がなんと一年間無料で見放題!とりあえず残りのGIシーズンだけでも御世話になっておいて損はないですよ(笑

無料の買い目情報も5点という少点数ながら的中率は激高!基本的に無料買い目は週2鞍の提供です。ちょっと物足りないけど…良く当たるから許す(笑

⇒ 無料5点馬券情報

完全無料の【うまっち】
http://uma-chi.com/

魁!競馬塾!!
皆様、応援ありがとう御座います!


 欧州を代表する名手であるクリストフ・ルメール騎手(31)が、今年の有馬記念にも参戦する。05年はハーツクライでディープインパクトを撃破。中山の芝2500メートルの攻略法をマスターしており、新たにコンビを組むルーラーシップ陣営にとって、これほど頼もしいジョッキーはいない。その胸中を直撃した。

 05年有馬記念でハーツクライをVに導き、あのGI7勝馬ディープインパクトに初黒星をつけたフランスの“仕事人”ルメール騎手は今年、3歳馬のルーラーシップで参戦。まずは、舞台となる中山芝2500メートルについて口を開いた。

 「中山競馬場は直線が短くてコーナーがきつい。(長距離戦の場合)ペースが遅くなると向正面から最後の直線にかけて瞬発力を要求される。ハーツクライの時は前に行く競馬から直線で脚を使えたことで、結果を残すことができた」

 今回の作戦についてはルーラーシップと初コンビだけに、「まだわからない」と慎重だが、ハーツクライのレースぶりからも、自ずと“打倒ブエナ”の基本戦略は浮かび上がってくる。

 ルーラーシップには15日の芝コースでの1週前追い切りで調教に騎乗して、5ハロン68秒3(ラスト1ハロン12秒6)をマーク。感触をつかんだ。

 「トレーナー(角居調教師)から特に注文はなく、馬なりの調教だったけど、動きは良かったし、いい馬だよ。フットワークが大きいね。いい感触をつかめた」

 さらに、重賞初制覇を飾った前走の鳴尾記念の印象を語った。

 「前回はいい勝ち方だったと思う。タフさがあって、最後まであきらめない勝負根性を持っているイメージを受けた」

 DVDで自身の騎乗馬を研究するだけでなく、ライバルたちの力関係も把握している。

 「ブエナビスタが一番強い。スピードもあるし、スタミナもある。総合的な能力の高い馬だよ。最高の牝馬だし、日本のトップホースだと思う。ローズキングダムも毎回安定して成績を残している力のある馬。ヴィクトワールピサも含めて、ジャパンCに出走していた馬は強いよ」

 これまでJRAのGI4勝。そのうち、ハーツクライをはじめ、昨年のジャパンC(ウオッカ)や08年エリザベス女王杯(リトルアマポーラ)など脚質転換をはかり、先行抜け出しでVに導いた点も見逃せない。

 「有馬記念はたくさんのファンが注目するビッグレース。楽なメンバーではないが、素質のある馬だし、中身のあるレースをしたい。復帰2走目でフレッシュな状態で出走できるのはいいこと。いい結果が出せるようにベストを尽くすだけ」

 GI4勝中3勝は大本命馬ではなく、伏兵馬で優勝。今年の有馬記念もルメール騎手の手綱に注目したい。

presented by サンスポ


【オススメ】

オススメの無料競馬予想サイトのご紹介!

correct

競馬情報ならcorrect

メールアドレスの登録だけでワンランク上の競馬情報を堪能できます♪

買い目までちゃんと教えてくれるので、信じて馬券を買うでも良し♪予想の参考にするでも良し♪無料なんで使い方は自由です(笑

⇒ 無料で万馬券情報

完全無料の【うまっち】
http://uma-chi.com/


魁!競馬塾!!
皆様、応援ありがとう御座います!


 ――ドリームジャーニーは連覇が懸かる。

 池江泰寿師 勝った昨年はグングン調子が上がっていて本当に最高潮。今年は右前の球節炎の影響で間隔を取りました。今年はこれまで1度も満足のいく状態で出走できていません。

 ――1週前追いは実にシャープだった。

 今は球節が安定しています。調教を見る限りは、使っている時と変わらないですね。

 ――今回は豪華メンバーがそろう。

 相手のことは気にならない。ジャーニーは自分との戦いです。いかにリズムを守って走るか。有馬記念のコースは合っていますからね。コーナーでうまくハミが抜けるので、上手に折り合える。それに小脚も利くから、小回りでも一気に加速できるのです。

 ――3連勝中のトーセンジョーダンもいる。

 爪が良くなり、使い込めるようになって能力が開花しました。力強さが出て、凄く充実していますね。コースも合う感じ。このメンバーで、出来の良さでどこまで通用するかでしょう。

 ――有馬記念とは?

 1年の集大成。ファンの方々もそんな気持ちで馬券を買われるんじゃないですか?師走の中山競馬場で、西日が差すあの時間帯の独特の雰囲気は子供の頃から大好き。本当にワクワクしますよ。いい状態で2頭を出走させて、何とか連覇したいと思っています。


presented by スポニチアネックス


【オススメ】

オススメの競馬予想サイトのご紹介!

FIVE

オススメ日本競馬総研FIVE

いま無料会員登録すると「レース裏事情」や「今週の推奨馬」といった本来有料の情報がなんと一年間無料で見放題!とりあえず残りのGIシーズンだけでも御世話になっておいて損はないですよ(笑

無料の買い目情報も5点という少点数ながら的中率は激高!基本的に無料買い目は週2鞍の提供です。ちょっと物足りないけど…良く当たるから許す(笑

⇒ 無料5点馬券情報

完全無料の【うまっち】
http://uma-chi.com/