関係者の声を聞け!美浦トレセン発・ユニコーンS追い切り速報 | 競馬総合メディア「月刊×週刊」UMAJIN-ウマジンブログ

競馬総合メディア「月刊×週刊」UMAJIN-ウマジンブログ

「馬と人」をつなぐUMAJIN(ウマジン)は「月刊雑誌」と「週刊メールマガジン」の2スタイルでお届けする競馬メディア。人馬のドラマ、レースの感動、週末のレース推理…あなたの競馬ライフを完全サポートします!


テーマ:

編集部(以下、編):Tさん、今週もよろしくお願いします。まずは先週のエプソムCから振り返りをお願いします。

T:先週は馬場の悪化にやられてしまったな。ギリギリまで考えて、先週までの馬場状態から少し時計の掛かる馬場くらいをイメージしていたんだが、午後から急激に悪くなってしまって万事休すだよ。

編:たしかに、午前中は意外にこのままもってしまうかもと思ったんですが、午後から本格的に降り始めてからは悪化のスピードが早かったですね。

T:ダイワキャグニーも途中で完全にギブアップしてしまったな。適性からもここは取りたかったレースだけど、ここまで馬場が悪化しては仕方がない。まあ、今回の凡走は完全に度外視していいと思うし、良馬場なら巻き返してくれるはず。

編:そんな中、道悪を心配していた関西馬のサトノアーサーは強い競馬を見せました。

T:まったくだよな。余裕十分の追走ぶりに、終いの脚も確か。この馬に関しては、道悪の適性を完全に誤っていたかもしれない。

編:初めての重賞タイトル獲得となりましたが、1800mの距離が合っているんでしょうか?

T:うーん、どうなんだろう。この特殊距離が合っているタイプの可能性もあるけど、3歳時は未完成だった馬だからな。中距離適性が高いのは間違いないが、本格化した今なら守備範囲も広くなっている可能性もある。この馬の適性に関しては、もう少し結論を待ちたいな。



編:さて、先週の振り返りはこのくらいにして、今週末の東京重賞、ユニコーンSの追い切りで目を引いた馬がいれば教えてください。

T:ルヴァンスレーヴ。関東馬で真っ先に取り上げるなら、やはりこの馬になるだろうな。

編:3戦3勝で臨んだ前走の伏竜Sでは、初めて2着と他馬の後塵を拝しました。

T:土がついたのは残念だったけど、小回りの中山向きじゃないんだよ。プラタナスSで楽勝したように、東京マイルはこの馬に最適の条件。このコースに替われば、これまでの実績を素直に評価しても大丈夫だ。

編:追い切りの動きはいかがでしたか?

T:先週もウッドコースで69秒台の時計でビシッと追われているが、今週も66秒4でしっかり追われているよ。合わせた馬に若干遅れたが、動きは良かったし、ここに向けて仕上がりは万全だな。この時期に、これだけしっかり追えることがこの馬の強みだよ。


編:万全の体調でベストのコースと距離。信頼性は高そうですね。そのほかでは、いかがですか?

T:ルヴァンスレーヴ以外の関東馬となると、ちょっと厳しい感じがするが、取り上げるならリョーノテソーロかな。好調ぶりは目を引いているよ。

編:追い切りの動きはいかがでしたか?

T:先週はウッドコースで長目から追われて83秒8の時計。3頭併せで優勢の脚色だったが、今週は前に目標を置いて、内からスパッと抜け出すという調教内容。時計も53秒1で、ラストが12秒2。終いを意識した内容だが、ラスト1ハロンの伸び、切れは目立っていたな。

編:ダートで3戦2勝、2着1回の好成績を残し、ここ3走は芝のレースを使われていますね。

T:初芝のクロッカスSを快勝して芝でも走れることを証明したが、ここ2走は芝の重賞で8・11着。オーナーサイドでも芝の重賞では厳しいと判断したようだね。

編:ダートなら重賞でも好勝負になりそうですか?

T:まあ、芝よりは可能性が高いだろ。


編:なるほど。分かりました。最後に、ユニコーンS以外でTさんが今週、注目されている馬がいれば教えていただけますか?

T:今週は2歳新馬戦に注目している馬がいるんだ。

編:いいですね。なんという馬ですか?

T:土曜東京5Rダ1400mに使う予定のラインハルトだ。

編:ゴールドアリュール産駒で、ベストウォーリアの半弟という血統ですか。やはりダートの短距離がいいのでしょうか?

T:まあ、そうだな。とにかく馬っぷりがいいし、フットワークも力強いんだ。恐らく断然の1番人気になりそうだが、厩舎でも「初戦は確勝級」と見ている馬。馬券もそうだけど、レースぶりをしっかりチェックして欲しいね。

編:調教の動きもかなり目立つのでしょうか?

T:先週は古馬OPのマッチレスヒーローと併せて、楽々と2馬身先着。今週は前の2頭を追い掛けて、直線は内に。ゴールまであえて抜かせない最終追い切りで、馬に我慢を覚えさせる内容で併入だった。

編:ゴーサインを出していれば、楽に突き抜けていた?

T:そうだな。楽に突き放していたと思うよ。でも、これだけ我慢の利いた走りができるなら折り合いに不安はないだろうし、とにかくスケールが違うよ。心配なのは登録が多くて、除外の可能性があることだな。楽しみにしている馬だから、なんとか抽選を通って欲しいよ。

編:将来的にも活躍の場は短距離ダートになりそうですか?

T:それは間違いない。マイルの距離は厳しいかな。1400m以下のダートで活躍する馬だよ。念のため、この馬が除外になった分の注目馬をもう1頭あげておくよ。


編:おお、それは助かります。

T:土曜東京8R、牝馬限定のダート1400mに出走予定のアミーキティア。以前は折り合いに不安があって、特に東京戦は力を発揮できなかった馬なんだけど、このところ調教で独特のスタイルが完成して、そこから成績が安定するようになったんだ。

編:独特のスタイルですか?

T:ああ。5ハロンから時計を出す馬なんだけど、半マイルくらいまではずっと歩くんだ。で、半マイルから徐々に動き始めてという調教スタイルを取るようになってから成績が安定してきたんだ。

編:へー、面白いですね。

T:この効果か、精神面でピリピリするところがなくなったし、今回も52秒6のラストが12秒5で追われて態勢は万全。2着に好走した前走時よりも状態は上がっているだけに、ここは確勝級だと思う。

編:なるほど。これは注目ですね。


T:ついでだから、日曜日分も出しておくか?

編:えっ、本当ですか? ぜひぜひ!

T:日曜東京12Rのイタリアンホワイトな。66秒4-37秒5-12秒5で追われて2馬身の先着。体の使い方が凄く大きく柔らかくなって、休み明けの前走を使って順当に良化している。しかも今回は降級戦。陣営は狙って勝ちにきているよ。

編:分かりました。良い情報をありがとうございます。来週もよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

★「週刊UMAJIN・ゴールド」詳細ページ★

 

→→→【PC版】はコチラ←←←

→→→【MB版】はコチラ←←←

 

【メルマガ購読は以下へ空メール送信】

→→→【お申込み】はコチラ←←←

 

【※重要※ドコモご利用のお客様へ】

→→→【メルマガ受信設定】はコチラ←←←

競馬総合メディア「月刊×週刊」UMAJIN-ウマジンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス