オミクロン株対応2価ワクチン接種が

始まっていますが、ネットニュースだと、

今回配布されたワクチンは、

BA1タイプだそうで、10月中旬には、

BA5対応のワクチンに置き換わるとか。

 

じゃあ、今、接種している人は損してしまうじゃないの。

 

特に、おらが村、従来の計画だと

10月下旬からで、県内で最も遅い開始と気がつき、

本来なら従来のワクチンだったのを急遽変更して

オミクロン株対応ワクチンに切り替えたしまったけれど、

接種した方、失敗したと思いませんかね滝汗滝汗滝汗

 

1回限りだから、BA5に対応した新しいワクチンは

打てないことになりますよね。

 

 

    katamichiが住む市町村の広報誌に、

オミクロン株対応ワクチンの接種券配布の

お知らせが配布されました。

 

katamichiは還暦過ぎなので、

4回目を接種から、5か月後の12月まで、

接種券は届きません。

間隔を3か月にする案も出ていますが、

予約が取れないでしょうから、

実際に接種できるのは

12月ころではないでしょうか。

 

ちょうど感染してできた

自己免疫力が

低下する時期です。

 

接種券を一斉に郵送してしまったおらが町と違い、

katamichiの居住地の市は、

前回から5か月経過しないと接種券は配布しません。

 

しかも、年齢の高い人から接種券を郵送するので、

夫は来週にも届きますが、

子ども1と子ども2は10月下旬からの発送になり、

このままだと接種券が届いてからの予約なので、

接種できるのが11月中旬頃になってしまいます。

 

ふたりとも、住民票はkatamichiが住んでいる市に置いたまま、

大学近くの地区に居住しておりまして、

わざわざ帰省して接種するのも大変なので、

居住地外接種をすることになりました。

 

1回目、2回目の接種のときは、

子ども1も子ども2も、副反応が怖いということで、

子ども2は、市が指定した期日より早めに接種券を郵送していただき、

私が自衛隊体規模接種会場の予約をして、

私が付き添い、接種して足で帰省。

 

子ども1は、帰省して1回目2回目を行いました。

 

3回目は、長期休暇のない時期だったので、

接種券を市役所まで取りに行き、

自衛隊大規模接種センターを予約して打ちました。

 

4回目になり、

手続きが簡易化したので

居住地外をすることにしました。

 

子ども1の住んでいるところは、

申請書をダウンロードして

接種券のコピーとともに郵送すれば、

居住地外接種ができるようになり、

 

子ども2のところは、接種券があれば

ワクチン接種相談センターに電話して申請となりました。

 

どちらにしろ、接種券がないと手続きができないので、

今日、ワクチン接種相談センターに電話して、

居住地外接種をするので、

接種券が欲しいということを説明したところ、

7日に出来上がるということなので、

市役所に取りに行くことになりました。

 

皆様はこのやり方、ご存じでした?

 

自衛隊大規模接種会場を利用しますというと、

市が指定した日程よりはやく、

接種券を手に入れることができるのですよ。

 

県営の集団接種会場も同様です。

 

 

今、katamichi家には、

私が感染したときに処方して頂いたカロナールと、

帯状疱疹で処方して頂いたカロナールと

夫が感染して処方して頂いたカロナールがありまして、

カロナール大臣になっています。

 

副反応で発熱しても、

解熱剤には困らない状態になりました。

 

 

今日は 10118歩あし

よろしければポチっとお願いしまする。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキング  

Oisix(オイシックス)食材宅配おためしセット